COVID-19

「NYやカリフォルニアも実質ロックダウン」日本人もロックダウンに備え少しづつ食料を備蓄すべき

ロックダウン

※2020年3月18日にロンドンで缶詰やトイレットペーパーを購入する人々 wiki(c)Nickolay Romensky

新型コロナウイルスの広がりで、現在世界各国でロックダウンが始まっている。イタリアでは10日、北部からロックダウン(Lockdown:移動制限)を適用し2日後にはイタリア全土に適用。その後、EU各国も相次いでロックダウンを発表。

アメリカでも19日にカリフォルニア全域、21日からはニューヨークでも実質的なロックダウンが開始される。なぜ実質的という表現になるかというと「shelter-in-place:シェルターインプレイス」という命令であり、ロックダウンよりわずかに弱めの屋内退避命令であるからだ。とはいえ脅威が間近か遠くかの違いでしかなく、基本的には不要不急な「外出禁止令」と考えて良い。

まだ日本の多くのメディアではそれほど大きな話題となっていないが、Twitterでは現地のリアルな声が続々届いている。

ロンドンでも時間の問題のようである。

日本のロックダウンの可能性も大

世界の動きに比べ、日本はオリンピックの問題もあり現状穏やかな対策に見えるが、アメリカのロックダウンがNYCをはじめとした大都市で始まりつつある中、日本が今後も今と同じ状態を保つことは困難になっていくことが予測される。日本のロックダウン宣言は時期的にも実質的な「オリンピックの中止、延期」に等しいので開催国の日本にとっては極めて判断の難しい局面と言える。17日にも安倍首相は「完全な形で五輪開催」と発言したばかりだ。

マスクの二の舞にならないよう、今のうちから少しづつ食料品などの備蓄を

日本でもつい最近、「マスク不足」「消毒液不足」「トイレットペーパー不足」で多くの人々がスーパーや薬局などに朝から並んだことは記憶に新しい。今でもマスクや消毒液は店頭に並んでいない状態だ。これは買い占めなどの問題もあるが突然の「不足」のニュースに一斉に買い込みが行われたことと、供給の対応も整っていなかったことが大きい。

今後、仮に日本でロックダウンが行われた時に、パニックを起こさずスーパーに並ぶ列の人数を少しでも少なくするために、今のうちから食料品や必需品などを少しづつ緩やかに集めておくことが賢明と言えそうだ。米や缶詰や冷凍食品などの他に、塩やサランナップ、ビニール手袋などもオススメだ。

気がついた人たちから緩やかに備蓄が進んでいけば、供給のバランスも大きく崩れることなく混乱を最小限に食い止めることもできるはずだ。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

オススメ記事

関連記事

  1. ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた
  2. 日本人が間違いやすいネイティブ英語①
  3. 兼好法師に学ぶ 心の健康法
  4. DITをアップさせるブースト食【疲れない体を作ろう】
  5. 山形・新庄で女性5人感染、家族内クラスターと断定 山形は計10人…
  6. 「ベジタリアン」の食事と栄養について調べてみた
  7. 米最古の百貨店、新型コロナで経営破綻
  8. 石鹸について調べてみた【石鹸はアルカリ性だけ】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

世界の次世代ロケットについて調べてみた

スペースシャトルの最後の打ち上げは2011年というから、すでに7年前ということになる。円筒形のロ…

電車が止まっても安心! 振替輸送について調べてみた

電車の振替輸送とは?(出展URL http://www.ashinari.com/201…

鬼玄蕃・佐久間盛政【秀吉に惜しまれながら斬首された若き猛将】

佐久間盛政とは猛将・柴田勝家の甥で「鬼玄蕃(おにげんば)」と異名が付けられた無類の強さを…

アーカイブ

PAGE TOP