海外

日本人には馴染みのない 中国圏の変な迷信 「梨を分けてはならない、傘のプレゼントはNG」

迷信とは

迷信は、意外と多くの人が信じている。

深く信じてはいないものの、やってしまうとなんとなく気持ちがソワソワするという人も多いのではないだろうか?

日本で信じられている迷信の中には、中国から伝わってきたものも多いとされている。

今回は日本人には馴染みのない「中国圏の変な迷信」について解説する。

「梨を分けて食べてはならない」

中国圏の変な迷信

画像 : 梨 wiki c

中国人は家族が多く、何かを食べながらお喋りをするのが好きだ。

クッキーなどのお菓子ではなく、果物や種を好んで食べる。人が集まると必ず果物が何種類か並んでいる。みんなで分け合って食べるのだ。

ところが「梨は二つに切り分けて食べてはならない」 のである。

なぜなら梨の中国語の発音は「フェンリー」で「分離」と発音が似ているからである。

分けて食べると関係が分離してしまう、縁が途切れてしまうという意味になってしまうのだ。

「置き時計、傘、扇、コップをプレゼントしてはならない」

これも、中国語の読み方の音の問題である。

置き時計は中国語で「鐘」であり、発音が「終」に似ている。置き時計を送るは「送鐘錶」で「送終」 と発音が似ており、「命の終わりを送る」といった意味になるのである。

傘と扇も中国語の発音が「散」に似ており「散る、別れる」といった意味になってしまい縁起が悪いとされる。カップルがもし相手に送るなら「相手と別れたい」という事を表してしまうのである。

コップは中国語で「ベイズ」と言い「ベイ」が「」の発音に似ている。

反対に送って良いものが靴下である。「甘い蜜」の意味があり、甘い関係がこれからも続くようにという意味になるのである。

「息子は親に杖を送ってはならない」

一見すると「?」という感じだが、こちらもちゃんとした意味がある。

なぜなら息子は親の杖にならなければならず、世話をする責任があるからだ。 杖を送るということは、まるでその仕事を放棄するかのような意味になってしまうのである。

娘やその他の人は、杖を送っても良いことになっている。

ちなみに中国では、お年寄りには少しでも不吉な言葉が含まれている物は送らない。中国人のお年寄りにプレゼントをするときは、現地の人に尋ねてみると良いかも知れない。

「農歴七月は気をつけろ」

台湾では、農歴の7月は「鬼月」と呼ばれる。

農暦の7月1日に「鬼門」が開き、鬼が人間世界へ解き放たれる。そして一ヶ月の間彷徨い、生前にやり残したことをするという。

その鬼は「好兄弟」と呼ばれる。

農歴7月には禁忌の行動がいくつもあり、好兄弟からの危害を防ぐ意味がある。

ある資料では16個ものやってはいけない事があるという。一例を紹介する。

夜、写真を撮ってはいけない。(好兄弟が写り込まないため)
終電に乗ってはいけない。(好兄弟がついて帰る)
家を買ってはいけない。(好兄弟がシェアハウスしたがる)
夜、口笛を吹いてはならない。(好兄弟が呼ばれた!と誤解しないため)
夜、服を干してはならない。(好兄弟が服に乗り移らないようにするため)
誕生日を祝ってはならない。(好兄弟が嫉妬する)

中国圏の変な迷信

画像 : 好兄弟に捧げる供物 wiki c

なんだかクスッと笑えるようなものが多いが、農歴7月には結婚や新車購入など喜びごとは避けるのが一般的となっている。

迷信を信じない人にとっては特典もある。七月に車を購入すると優待があるのである。購入者が少ないため安くなったりするそうだ。

このように近隣のアジア圏でも国によって様々な迷信があるのは大変面白い。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 台湾のお年玉事情について調べてみた 「台湾のお年玉は一体いくら?…
  2. 【伝説の美容師】 ヴィダル・サスーンについて調べてみた
  3. 【王国・帝国・公国】国の呼び方の違いの意味を調べてみた
  4. 【デンマーク初の女王誕生のきっかけを作った王妃】イングリッド・ア…
  5. アメリカ海軍の原子力空母について調べてみた
  6. ピョートル1世について調べてみた【身分を隠して工場で働いた皇帝】…
  7. 天安門事件とはどのような事件だったのか? ③ 「武力弾圧開始、戦…
  8. 異文化社会の立役者 マレーシアのペナン島 【4つの宗教が混在する…


新着記事

おすすめ記事

「富士の樹海」はなぜ自殺スポットとなってしまったのか?

日本一高い山、富士山観光名所として日本人だけでなく、外国人からも大変人気のある観光ス…

在宅勤務の筆者がオススメする、自粛生活の楽しい過ごし方「コロナに負けない!」

2020年ももうすぐ半分が過ぎるという中、新型コロナウイルスの世界的な流行を受け、いつもの日…

ローデシアについて調べてみた【傭兵たちの亡国】

世界最古の職業ともいわれる傭兵。その傭兵たちが現代においても活躍した時代があった。彼らは、金…

【世界が驚く100万人都市だった江戸】 世界最高水準の識字率だった

前編では、主に庶民目線での江戸時代の暮らしの知恵について解説した。今回は幕府目線での知恵を紹…

砂漠の狐 エルヴィン・ロンメル ~ガザラの戦いの戦術

ナチス・ドイツによるポーランド侵攻によって第二次世界大戦が勃発すると、ドイツの同盟国イタリアは194…

アーカイブ

PAGE TOP