思想、哲学、心理学

【男を破滅させる魔性の女】 ルー・ザロメとは? 「ニーチェが狂った元凶?」

19世紀後半から20世紀初頭に活躍したロシアの女性思想家、ルー・ザロメは、その魅惑的な人格と自由奔放な生き方で「魔性の女」と呼ばれました。

ルー・ザロメとは?

画像:ルー・ザロメ public domain

1861年、ロシアのサンクトペテルブルクに生まれたルー・ザロメは、貴族の家庭で育ちながらも革新的な思想の持ち主として知られていきました。

詩人のリルケ、哲学者のニーチェ、精神分析家のフロイトといった、歴史的な人物と交流があり、彼らを魅了しました。

男性たちはルーに夢中となりましたが、彼女の情熱は早く冷めてしまい、いつも捨てられるのは男性側でした。捨てられた男たちは彼女の影を追い求め、悲劇的な結末を迎えてしまうのです。

今回の記事では、ルー・ザロメの謎に満ちた生涯をたどり、その「魔性」の真相に迫ります。

哲学者ニーチェとの奇妙な三角関係

ルー・ザロメとは?

画像:フリードリヒ・ニーチェ public domain

ルー・ザロメが哲学者フリードリヒ・ニーチェと出会ったのは、1882年のことでした。

当時のルーは21歳、ニーチェは38歳です。17歳の差がありました。

ルーの知性と個性に魅了され、ニーチェは求婚しますが、ルーに拒否されてしまいます。

しかしニーチェは諦めることができませんでした。親友のパウル・レーと一緒に、ルーとの「三位一体」的な共同生活を送ることになりました。3人はイタリアのシラクサで同居生活を始めます。

パウル・レーもまたルーに情熱を注ぎ、求婚しますが断られています。

この不思議な三角関係は、恋愛感情を含みながらも性的関係を持たない、非日常的なものでした。

この時期に、3人は一緒に記念写真を撮影しています。

写真ではルーが荷車に乗り、その前に立つニーチェとパウルをムチで指揮するかのような構図になっています。ルーに支配される男2人の立場が、何とも奇妙に表現された1枚です。

ルー・ザロメとは?

画像:「三位一体」的な共同生活時の3人。ルー(左)、パウル(中央)、ニーチェ(右) public domain

この写真は、ニーチェやザロメの伝記本などで見ることができます。

しかし、この三角関係は長続きしませんでした。

1887年、26歳のルーは41歳の教授アンドレアスと突然結婚したため、3人の関係は破綻してしまったのです。アンドレアスはベルリンの東洋語研究所でペルシア語を教えていました。

ショックを受けたパウル・レーは、このあと神経衰弱に陥り、1901年に谷に落ちて亡くなってしまいます。(事故説や自殺説がある)

一方のニーチェも、ルーへの思いを完全に断ち切ることはできませんでした。

ルー・ザロメとの「三位一体」的な共同生活が終わってから、ニーチェの人生は大きな転機を迎えました。

1889年、ニーチェは精神衰弱の兆候を感じ始め、著作活動も次第に困難になっていきます。

健康が急速に悪化していき、ついには完全な精神崩壊に…。記憶喪失と言語障害に陥り、自らの著作すら認識できなくなってしまったのです。

ニーチェは母親や妹の看護を受けながら、意識が戻ることなく1900年に他界。享年55歳の短い生涯を終えました。

ニーチェの精神が崩壊した原因には、過労や梅毒の感染など諸説あるものの、ルー・ザロメとの別れが精神的ショックとなり、病状を悪化させたのではという見方もあります。

激しい情熱を注いだルーへの未練が、ニーチェの晩年を蝕んでいったのかもしれません。

フロイトとの出会い

ニーチェたちの死は、ルーにとっても大きなショックでした。

この時期のルーは、精神的な苦痛に悩まされるようになります。彼女は精神科医のピレネース博士に相談することになりますが、やがて博士と愛人関係となり妊娠しますが、中絶しています。

そのあとルーはウィーンで開催された国際精神分析学会に参加する機会がありました。この学会でカール・ユングらと交流したルーは、精神分析の父であるジークムント・フロイトにも出会います。

1911年、50歳を過ぎていたルーはフロイトより5歳年長ながら、彼の弟子となりました。ルーは熱心に精神分析の研鑽を積み、フロイトの助手として活動するようになったのです。

ルー・ザロメとは?

画像:ルー・ザロメと師弟関係を築いたフロイト public domain

晩年のルー・ザロメ

ルー・ザロメはフロイトの弟子として、自らも精神分析家として開業します。フロイトの誕生日には、自分の肖像画をプレゼントするなど、師弟関係を大切にしていました。フロイトとは愛人関係に発展しなかったようです。

美貌と知性を併せ持つルーですが、文章家としても優秀で数々の著作を残しています。自分が知り合った男性たち(ニーチェやリルケ、フロイトなど)の評論を書き、精神分析関連の書籍も発表しました。『ルー・ザロメ著作集』も出版されており、日本語訳もあります。

50歳を過ぎてからも強いカリスマ性を放つルーは、年下の男性と数々の浮き名を流しました。

晩年のルーは、家政婦と前夫アンドレアスの間に生まれた娘に見守られつつ、フロイトを助けながら精神分析学に打ち込んでいました。

1937年、ナチス支配下のドイツで他界。76歳でした。

ユダヤ人だったため、多くの蔵書はナチスによって押収されてしまいました。

参考文献:堀川哲(2006)『エピソードで読む西洋哲学史』PHP研究所

 

村上俊樹

村上俊樹

投稿者の記事一覧

“進撃”の元教員 大学院のときは、哲学を少し。その後、高校の社会科教員を10年ほど。生徒からのあだ名は“巨人”。身長が高いので。今はライターとして色々と。
フリーランスでライターもしていますので、DMなどいただけると幸いです。
Twitter→@Fishs_and_Chips

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. キリスト教の聖書と祈りについて調べてみた
  2. ギリシア神話はあらゆるものの源泉だった
  3. 実存主義の巨人 ジャン・ポール・サルトルの思想をわかりやすく解説…
  4. フロイト「喫煙がやめられない人の原因は幼少期の搾乳法にあり」
  5. 「創造科学」とは〜 科学と名のついた疑似科学の代表
  6. モンテッソーリ教育 について調べてみた
  7. パーソナリティー(人格)障害って何?「3つのタイプ、治療は可能?…
  8. 儒教の教え「仁・義・礼・智・信」と孔子について解説

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

石川数正(松重豊)まさかの裏切り! その理由と対策がこちら 【どうする家康】

徳川家康(演:松本潤)の幼少期から、ずっと支え続けた石川数正(演:松重豊)。しかし小牧・長久…

桃園の誓いはフィクションだった【劉備 関羽 張飛の義兄弟の契り】

実はフィクションだった「桃園結義」劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ 桃園結義(桃園…

徳川家康の恐るべき財力の秘密 「鉱山と大久保長安とは?」

家康を支えたのは、三河武士の強さだけではない。戦費を支える財力があってこそ、戦も続けることが可能…

至福の時【漫画~キヒロの青春】㉑

人生にはいくつかの至福の時間ってありますよねイメージトレーニング【漫…

必見!ネットで安く宿を見つけるお得技

ビジネスや観光などの目的で遠出する際、考えなければいけないのが宿だ。一夜を過ごすための場所には、…

アーカイブ

PAGE TOP