自然&動物

大盆栽まつり(大宮盆栽村)に行ってみた 【BONSAI】

BONSAI

今日は、妻の実家の大宮にGWに帰省した流れから近所で開催されていた、盆栽まつり(大宮盆栽村)に行ってきました。

毎年恒例の行事で、今回は36回目です。

第36回 大盆栽まつりの概要

場所 大宮盆栽村 [地図]
日程

2019年5月3日(金)~5日(日)

最終日の5日は16:00まで ※雨天決行

時間 09:00~17:00
TEL 048-663-3899  大盆栽まつり実行委員会(藤樹園)
住所 さいたま市北区盆栽町267-1盆栽四季の家前
アクセス [公共交通]東武野田線「大宮公園駅」下車徒歩5分、JR宇都宮線「土呂駅」下車徒歩10分
駐車場 なし
HP 公式ホームページ

■無料シャトルバスの運行 ※運行スケジュールはこちら。
①大宮盆栽村と大宮駅東口の往復
②大宮盆栽村と鉄道博物館の往復
③大宮盆栽村と造幣さいたま博物館の往復(経由地・武蔵一宮氷川神社)
問い合わせ先 さいたま市観光国際課 048-829-1365

大宮盆栽美術館のすぐ近く

今回は土呂駅から行きました。

土呂駅東口から降りて右方面へ徒歩10分くらい歩くと、大宮盆栽美術館が見えてきます。

BONSAI

盆栽美術館を過ぎてしばらく歩いていると、

突然盆栽が並んでいる路地に出ます。

BONSAI

それ用の場所というよりも、普通の路地に延々と盆栽が展示販売されている感じです。

GWの影響もあってか、かなり賑わっていました。

大小様々な盆栽が展示販売されている

BONSAI

赤松、黒松、欅、紅葉、メギ、楓、・・・数えきれないほど様々な種が展示販売されています。

BONSAI

BONSAIは海外でも人気

お客さんはもちろん、盆栽を販売している外国人の方もおりました。

BONSAI

見事な盆栽ですね。

常に結構賑わっていました。海外でもBonsaiは辞書に「BONSAI」として多くの国で記載されているくらい、癒やしのアートとして人気があるそうです。特にヨーロッパで人気があり、人気のきっかけとなったのは、1900年に行われたパリ万博会場で日本の盆栽が展示されたことが始まりのようです。

そして近年のSNS(Instagram)などでの拡散で、ますます広がっているのではないかと思います。

大盆栽まつり 市民盆栽展

大盆栽まつり

盆栽家の方たちの作品もたくさん展示してありました。

受賞作品など多くありました。

個人的に綺麗だなと思ったものをいくつか紹介していきます。

BONSAI BONSAI BONSAI BONSAI BONSAI BONSAI BONSAI BONSAI

自分はこの黄色い花の盆栽が特に気に入りました。盆栽町会長賞を受賞されてますね。

大川昌子さんという方の作品です。

小学生たちの盆栽も展示してありました。

私の地元の小学校では盆栽をいじることなんてありませんでしたが、この辺は今や盆栽のメッカだけに毎年展示されているようです。

樹齢70年の盆栽もありました。

近くの大宮盆栽美術館には推定樹齢800年のものもあるそうです。

ビックカメラ大宮西口そごう店にも盆栽展示

帰りにビックカメラに寄ったのですが、そこでも入り口に盆栽が展示されておりました。 

盆栽家の山田香織さんという方の作品が展示されておりました。

調べてみますと、上の写真のプロフィールの他に、盆栽教室ブログなどもされていたのでリンクを貼っておきます。

山田香織の盆栽日記

山田香織さんの盆栽教室

大宮はもう盆栽の街といっても過言ではありませんね。

大宮は今まで何度も寄ったことがありますが、こんなに盆栽が盛り上がっていることは知りませんでした。

毎年行われていますので、盆栽に興味のある方は今後是非チェックしてみてください。

Bonsai 盆栽 新装版

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

新井キヒロ

投稿者の記事一覧

漫画家&イラストレーター&webサイト運営
お仕事のご連絡などは
hagemarugt7☆gmail.com ☆→@ まで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 松山刑務所の大井造船作業場に行ってきた その3【魔のそのほか】
  2. 京都五山の送り火、8月16日じゃないのに夜空に燃えた大文字
  3. 引間城へ行ってみた [豊臣秀吉&徳川家康ゆかりの日本最強のパワー…
  4. 羽黒山五重塔に行ってみた【東北最古にして唯一の国宝の塔】
  5. 法華寺ってどういうお寺?【聖武天皇が定めた国分尼寺の総本山】
  6. 明治神宮の歴史 について調べてみた
  7. 非日常が味わえる 「マレーシアのランカウイ島」
  8. 明智光秀の出自と生誕地について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

モバイル決済 おすすめ5選 【スマホで手軽に決済】

今の時代、「クレジットカードがないと生きてゆけない!」とまではいいませんが、「あると便利」から「ない…

初鰹について調べてみた【江戸時代は高級魚】

現代では高級魚といえばマグロですよね。お正月の初競りではおよそ3億円の値がついた、なんてニュースも…

東京の地名の由来

はじめに日本の首都「東京」。2020年のオリンピックも決まりますます発展していく東京ですが、もち…

千利休・天下一の茶人 【なぜ秀吉に切腹させられたのか?様々な説】

千利休とは千利休(せんのりきゅう)は戦国時代に「侘び茶(わびちゃ)」を大成し「天下一の茶…

誕生日石&花【01月01日~10日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【1月1日】物腰やわらかく温厚。社交的で誠実な、…

アーカイブ

PAGE TOP