行ってみた

『この世の天国』 あしかがフラワーパーク「藤の花」が想像以上に凄かった!

あしかがフラワーパーク「藤の花」

画像 : あしかがフラワーパーク ※筆者撮影

栃木県の足利市にある「あしかがフラワーパーク」は、関東屈指の「藤の名所」として有名だ。

筆者は北関東住みなので距離的には遠くないのだが、これまで足を運んでみたことはなかった。
特に「藤の花」が咲くシーズンは4月中旬〜5月中旬くらいなので、タイミングが合うことも少なかったのである。

現在「ふじのはな物語」が開催中で、4/25(木)から7:00~21:00までの営業時間となっている。

今回はスケジュール的に合ったので、初めて足を運んでみた。

駐車場はどこが良い?

あしかがフラワーパークの住所などは、今時はスマホやナビで「あしかがフラワーパーク」と呼びかけるだけでわかるので省略する。

リアルに役立つのは駐車場情報だと思うが、無料の臨時駐車場が6000台分ほど開放されている。無料というのは嬉しい。

あしかがフラワーパーク「藤の花」

画像 : あしかがフラワーパーク 駐車場 ※筆者撮影

筆者が足を運んだのは平日の木曜日であるが、それでもシーズン中なので混んでいた。

車で行く際は、駐車場付近の道から渋滞になってくる。奥に行けば行くほど渋滞になるので、かなり手前の開放されている駐車場に入れてしまって、歩いてフラワーパークまで行った方が早いと思った。(※今回の場合は西口ゲート)

筆者は上記写真右の広大な駐車スペースにかなり手前の脇道から入って停めたのだが、結局並んで奥まで行ってもこの駐車場に案内されるので(入り口はいくつかある)それなら並ぶ手前で入ってしまった方が早い。歩いても10分くらいなのでおすすめである。

入園料は変動性

あしかがフラワーパーク「藤の花」

画像 : あしかがフラワーパーク ※筆者撮影

入園料は、花の咲き具合によって変動するようだ。なんと価格は毎朝決定されるという。

筆者が行った日はシーズン真っ盛りだったのでMAXの2200円だった。最も安いシーズン時には400円の日もあるようだ。

ただ、これはある意味良心的な価格設定だとも思った。もっとどんぶりな定価で設定してしまった方がどう考えても楽だからだ。

入ってみたらまるで天国だった

画像 : あしかがフラワーパーク ※筆者撮影

筆者は西ゲートから入ったのだが、まず入った瞬間あまりの美しい景色にびっくりした。

写真の通り、見えるところ全てがお花だらけだったからである。眩しい!!

そしてもう少し先に行ってみると

あしかがフラワーパーク「藤の花」

画像 : あしかがフラワーパーク 大長藤 ※筆者撮影

大長藤」が現れた。

これは有名なので、誰もが写真や映像などで目にしたことはあるはずだ。

ただ、生で見てみると思ってた以上にデカくて迫力があってすごい!

そして何よりも

めっちゃくちゃいい香り

なのである。

藤の一番の魅力は「香り」かもしれない

画像 : あしかがフラワーパーク 大長藤 ※筆者撮影

正直「藤の花」については、「天井にわーっとたくさんぶらさってて綺麗な花なんでしょ」くらいの認識であった。

ところが全く予想していなかったその香りの素晴らしさに驚いた。

園内がジャスミンのような藤の濃い香りに包まれており、呼吸をする度に胸いっぱいに染み入る心地良さなのだ。

見た目の美しさも素晴らしいが、とにかく香りが素晴らしい。ずっとここにいたいと思うほどの良い香りなのである。

4月なので気温もちょうど良く、視界は花に包まれ香りも良く、まるで桃源郷のような空間だ。

他の花々も素晴らしい


「藤の花」ばかりに目が行きがちだが、園内を歩いてみると、他の花々も彩みどりであった。

画像 : 八重桜 ※筆者撮影

画像 : オオデマリ ※筆者撮影

画像 : ツツジ ※筆者撮影

画像 : アイスランドポピー ※筆者撮影

画像 : ぺチュニア ※筆者撮影

どこで撮っても「映える」空間

園内を歩いていて、とにかく驚いたのがその空間作りの巧さである。

最初はただ漠然と、「綺麗な場所だな〜」くらいにしか思ってなかったのだが、写真を撮りまくっているとあることに気がついた。

どこで撮っても「映える」空間なのである。

よく見ると、木や花々はもちろん、道の作りや椅子や橋、池など、ひとつひとつが立体的に美しく配置されており、デザインもかなりこだわっている。

どこで立ってどの角度で見ても、美しい空間作りがなされているのだ。

画像 : 白、ピンク、赤、黄色と綺麗な配置 ※筆者撮影

画像 : ※筆者撮影

画像 : 花の咲いていない木すら美しい ※筆者撮影

画像 : 雑草抜きの作業風景 ※筆者撮影

上記写真のように、雑草抜きや木々のメンテを行っている風景もちらほら見かけた。

こうした日々の徹底した整備によって、美しい空間が維持されているのだろう。

飲食もお手頃価格

画像 : 軽食 ※筆者撮影

通常、こういったテーマパークの飲食の値段は高めに設定されていることが多いが、あしかがフラワーパークは上記写真のように良心的な価格だと感じた。

1番の推しメニューは「藤ソフト」500円である。

画像 : 藤ソフト ※著者撮影

本物の藤の香りがして、まるで園内の藤の花をそのまま味わっているようである。そしてそんなに甘すぎないので糖分を控えめにしたい方でもおすすめである。

ポテトや唐揚げなどは、まぁ普通といった感じであった。

お土産、グッズ

画像 : グッズ ※筆者撮影

画像 : 女性は嬉しい美容パック ※筆者撮影

画像 : グッズのデザインも良い ※筆者撮影

お土産もとても充実している。

上記写真はごく一部だが、大人から子供まで楽しめるお土産やグッズがたくさん並んでいる。

最後に

画像 : 白藤のトンネル ※筆者撮影

あしかがフラワーパークは、入園料や飲食代、ちょっとしたお土産含めても5000円あれば十分楽しめる栃木県屈指の観光名所といえよう。

藤の花の見た目も壮大で美しいが、何よりその「香り」を味わってもらいたい。

北関東付近に寄った際には、ぜひ一度足を運んでみることをおすすめする。

あしかがフラワーパーク公式サイト (詳しい交通情報や花の情報についてはこちら)
https://www.ashikaga.co.jp/

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

漫画家&イラストレーター&webサイト運営
お仕事のご連絡などは
hagemarugt7☆gmail.com ☆→@ まで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 征夷大将軍・坂上田村麻呂の子孫を調べてみた 「世界に羽ばたく商人…
  2. ノイシュヴァンシュタイン城 「狂王と呼ばれたルートヴィヒ2世の理…
  3. 必ず身近でウミガメが見れる島〜 琉球郷(小琉球)とは 「台湾のオ…
  4. 長篠城へ行ってみた【日本100名城】
  5. 松山刑務所の大井造船作業場に行ってきた その2【類、種】
  6. 榛名湖イルミネーションフェスタに行ってみた
  7. ポルトガル旅行の魅力 〜「物価の安さ、カラフルな街並みと日本に近…
  8. 韓国へ行ってきた【日本人観光客に対するリアルな反応は?】

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

戦国時代「小田原北條五代祭り」の武者行列に一般公募で参加してみた!【北条早雲公顕彰五百年】

少し前の話になりますが、小田原市(神奈川県)で毎年5月3日(祝)に開催される「小田原北條五代祭り」に…

【我が子の目の前で殺された】 伊達政宗の父・輝宗の壮絶な最期

歴史には悲劇がつきものですが、伊達政宗の父・輝宗の最期はその中でも特に壮絶なものでした。なん…

塙保己一は何をした人?渋沢栄一に匹敵する埼玉県「三大偉人」の苦難と功績を紹介!

埼玉県を代表する偉人と言えば、令和3年(2021年)大河ドラマ『青天を衝け』の主人公である「日本実業…

【緊迫するイスラエル情勢】 ムハンマドの死後、危機を迎えたイスラーム教団

イスラエル(パレスチナ)の泥沼化は避けられないか緊迫する中東(イスラエル)情勢を受けて、イスラエ…

聖武天皇は孝謙天皇の次をどうするつもりだったのか?

和銅3年(710)から延暦13年(794)まで84年間続いた奈良時代は、聖武天皇・光明皇后・孝謙(称…

アーカイブ

PAGE TOP