奈良時代

「奈良時代の仏教は現代とは違う?」 伝来当時の日本仏教について解説

伝来当時の日本仏教について解説

画像:備中国分寺 wiki c Saigen Jiro

現代の日本人は、特定の宗教に依存しない無宗教の人が多い。
しかし、日常生活の中では「神道」や「仏教」と関わる機会はとても多い。

仏教においては、家族や仕事関係などで葬儀や法要などに参列することがあるだろう。
初詣にお寺に出かける人もいるのではないだろうか。
仏教は、日本に伝来してから今日まで人々の生活に深くかかわってきたことから、生活の中の色々な部分に溶け込んでいるのである。

そのような仏教だが、奈良時代の仏教は現代とは少し違うものであった。

奈良時代における仏教とは、一体どのようなものだったのだろうか。

仏教伝来から奈良時代までの歴史

伝来当時の日本仏教について解説

画像:東大寺戒壇院戒壇堂 wiki c ignis

仏教が日本に伝わってきたのは西暦538年のこと。
朝鮮半島経由で伝わった仏教は、様々な経典を介して伝来したことから、戒律も不完全なものであった。

まず伝来当時の仏教は、「仏が国や民を護る」というものであった。

そのため、八百万の神の子孫と考えられていた当時の人々からすると、「よそ様の神」が持ち込まれたことになる。
こうして崇仏派と廃仏派で争いが生じたが、崇仏派であった蘇我氏が争いを制したことで、天皇や豪族も仏を崇拝するようになっていった。

飛鳥時代に突入すると、天皇や皇族により国が管理する「官寺(かんじ)」が建立されるようになる。
併せて有力な豪族たちも、一族の繁栄のために「氏寺(うじでら)」を建立するようになった。

その寺院には僧や尼僧を配置し住まわせていた。

仏に護ってもらうためには、その寺院に仏に通じる者が不可欠であり、仏の力を借りるためには僧に悟りを開いてもらい、僧に仏になってもらう必要があると考えたからだ。

このような寺院が明日香地域に多く作られていたが、都が平城京に移ると、法隆寺のようにそのまま明日香の地に残る寺院もあれば、平城京に移る寺院もあった。

奈良時代を迎えるころには、遣隋使遣唐使が中国から直接持ち帰ってきていた仏教の教えや経典などから、色々な宗派が生まれていた。

伝来当時の仏教について解説

画像:聖武天皇 public domain

聖武天皇の治世になると、天変地異や疫病の蔓延などがあったことから、聖武天皇は仏教の力で国を護ってもらうとする「鎮護国家」の思想をもって、国家宗教として仏教に傾倒していくようになったのである。

このように政治に仏教を持ち込んだ末、僧の道鏡が力を持ってしまい、宇佐八幡宮神託事件といったトラブルも発生している。

【皇室史上もっとも衝撃的な事件】 宇佐八幡宮神託事件とは ~皇室を救った和気清麻呂
https://kusanomido.com/study/history/japan/nara/81404/

そのような中、最澄空海が天台宗や真言宗を持ち帰り、平安時代には「小乗仏教」から「大乗仏教」へと変化していくようになるのである。

奈良仏教の特徴

画像:興福寺 wiki c 663highland

奈良時代の仏教には6つの宗派はあったが、現在のような教えごとから独立してできた派閥のようなものではなく、学派に近いものであった。

当時の宗派は「南都六宗」と呼ばれており、法相宗・倶舎宗・三論宗・成実宗・華厳宗・律宗があった。

そして当時の寺院は、これらいずれかの宗派に属していたわけではなく、寺院の中で各宗派の研究が行われていた。
現在の大学をイメージするといいだろう。
大学の中にある学部、それが当事の寺院と宗派の関係だといえる。

そして僧たちは、釈迦の教えにしたがった厳しいルールを守りながら修行していたのである。
しかし、仏教伝来からさまざまな部分が経典となって伝えられたことで、正しい戒律が行われているかは不明であった。

遣唐使として唐に渡って帰国してきた僧や学者たちからも「唐で見てきた仏教の姿と、国内における仏教の姿は違う」といった指摘があったことから、聖武天皇は中国から僧を招きいれ、正しい戒律を指導してもらう方法を取った。

そして当時の僧は、僧尼令(そうにりょう)という令により統制されており、扱いは現在の公務員のようなものであった。
そのため、僧になれば税金を納めなくていいという特権が与えられていた。

このことから、正規の手順で僧になるのではなく、税逃れのために僧になる私度僧が増え、問題となっていた。

この問題を解決すべく、唐から戒律を授けることができる僧を日本に招き、その僧の元で受戒した者でなければ出家できないというルールが作られたのである。

伝来当時の日本仏教について解説

※唐招提寺に安置されている国宝「鑑真和上像」 public domain

こうして、鑑真(がんじん)が中国より招かれた。

聖武天皇をはじめ、多くの人々が独自解釈の戒律による出家ではなく、当時の正しい戒律をもって出家することとなった。

聖武天皇と仏教

画像 : 東大寺盧舎那仏像 wiki c Mass Ave 975

このような背景があったことで、聖武天皇は仏に国を護ってもらおうと仏教を政治に取り入れていった。

日本全体だけでなく、それぞれの律令国単位でも仏の加護が得られるように、741年に国分寺・国分尼寺を各律令国に建立する指示を出した。
当時創建された寺院の中には今も現存する寺も多く残っており、地名にもなっていたりする。

経典の中では、護国の経典である金光明経が特に尊重され、大規模な写経が行われた。
金字で書かせた経典を、全国の国分寺の塔に安置するように命じている。

743年になると、聖武天皇は「大仏造立」の命令を出した。

唐には既に巨大な石仏などがあることを遣唐使から報告を受けていたこともあり、人々にも目で見てわかる形の大仏を作ることで「2度と社会が乱れず、人々が平穏に暮らせるようにしたい」と考え、大仏造立を始めたのである。

こうして国を護るために作られた大仏が、約10年の歳月を経て752年に完成したのである。

参考文献
・いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編 東洋経済新報社
・ビジュアル百科写真と図解でわかる!天皇〈125代〉の歴史 西東社

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 法華寺ってどういうお寺?【聖武天皇が定めた国分尼寺の総本山】
  2. 軽皇子に未来を託した柿本人麻呂の和歌から持統天皇の思いに迫る 【…
  3. 【悲劇の姫 十一皇女】 高市皇子の挽歌から、その実像に迫る 「万…
  4. 奈良の大仏は過去に何度も破壊されていた
  5. 【皇室史上もっとも衝撃的な事件】 宇佐八幡宮神託事件とは ~皇室…
  6. 吉備真備について調べてみた【日本人で最初の軍師になった学者】
  7. 聖武天皇は、なぜ大仏を建立したのか?
  8. 『天武天皇の血筋が途切れ、天智天皇系へ』 白壁王(光仁天皇)の…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

「別班」の起源や活動内容とは 【日米の密約から生まれた組織だった】 ※VIVANT

日曜劇場「VIVANT」が盛り上がりを見せているなか、ドラマに登場する「別班」への関心も高まっていま…

中国史上屈指の悪魔~ 張献忠 【四川の大虐殺で300万の人口が2万以下に】 ※諸葛亮の予言

四川の悪魔四川(しせん)といえば中国料理でお馴染みの四川料理や、三国志で有名な蜀(しょく)の地で…

【そら豆のせいで死亡】 実は宗教団体の教祖様だったピタゴラスの謎に迫る

「三平方の定理」と呼ばれる「ピタゴラスの定理」、「ピタゴラス数」や「ピタゴラス音階」…これらはすべて…

土井利勝は徳川家康の隠し子だったのか?

はじめに戦国の覇者となった江戸幕府初代将軍の徳川家康は、生涯で11男5女計16人の子供に恵まれた…

洪武帝について調べてみた【中国最大の下克上と功臣の大粛清】

中国の歴史の中で様々な王朝が出来ては滅んでいったが、その王朝の創始者の中で農民から身を起こした人物は…

アーカイブ

PAGE TOP