海外

7000年前のヨーロッパの集団墓地で首なし遺体38体を発見 〜遺体に宿る魔力とは

画像 : スロバキア、ヴラーブレ・フェルケ・レヘンビ遺跡で発見された頭部のない38人の遺体が埋葬された集団墓地 cc マーティン・ファーホルト教授、先史・原史考古学研究所/キール大学

死後、意図的に頭部切断、持ち去られた理由は?

ドイツ・キール大学の考古学者のティル・キュール博士をはじめとする研究チームは、2022年、ヨーロッパ新石器時代最大の集落の一つである、スロバキアのヴーラブレ・フェルケ・レヘンビ遺跡で、38人の遺骨が埋葬された7000年前の集団墓地を発見したことを『INSIDER』で発表した。

画像 : スロバキア cc wiki NuclearVacuum

しかも、それらの遺骨は6歳未満の子ども1人を除いた、全員の首が切断された状態で見つかったのだという。

研究では、

頭部は死後、意図的に切断され持ち去られた

という結果が出ているという。

キール大学の人類学者カタリーナ・フックス氏は、

「今回、発見された首なし遺体は、同じ地域の伝統的な埋葬とは一線を画している。

保存状態が良かった首なし遺体では、頭蓋骨の真下にある最初の椎骨が無傷だった。

これは、頭部が戦闘中に切り落とされたのではなく、非常に鋭利な道具で意図的に丁寧に切断されたことを示唆している。

剣や斧を使って暴力的に首を斬ると、首の部分に切り傷が見られ、椎骨も潰れてしまうのが通常だ。

しかし、この地域の人々は、砕くとカミソリのように鋭くなる黒曜石を入手できたため、椎骨を無傷のまま頭部を切断することが可能だったのだ。」

とその根拠を述べている。

画像 : 2022年、スロバキアのヴラーブレ・フェルケ・レヘンビ遺跡で発見された頭部のない複数の遺体 cc ティル・キュール博士、先史・原史考古学研究所/キール大学

キール大学の考古学者らは現在、なぜ頭部がこれほど丁寧に切断され持ち去られたのか、「警告」「葬儀の儀式」「死者を祀るために司祭が行った」など、その理由の研究をさまざまな角度から進めている。

新石器時代の人々は、死後に遺体の首を切り頭部を持ち帰っていた

同じくキール大学の先史学および社会考古学の教授でプロジェクトリーダーのマーティン・ファーホルト氏も、

「新石器時代の人々は、死後に遺体の首を切り、頭部を持ち帰っていたという報告がいくつかある。

人々はそれらの頭部を家の中に保管したり、別の場所に置いたりすることがよくあったようだ。」

と語っている。

フックス氏も、

「戦争抑止を目的として頭部を切断し、持ち去られた可能性が高い。

たとえば、首をトロフィーとして柵に飾るというシナリオもある。

遺跡で、首のない遺体が見つかったのはこれが初めてではない。

以前の発掘では、他にもいくつかの首のない人骨が発見されていたが、それらは広い範囲でまばらに広がり、通常の埋葬も点在していた。

だからこそ、これほど大量の首のない遺体の発見は、大きな驚きだった。」

と述べている。

この仮説は、「彼らの農村コミュニティはとても洗練されていたのと同時に、警戒心ゆえに残忍な性質も持ち合わせていた可能性」を示している。

スロべキアの首なし遺体の集団墓地には、さらに多くの遺体が眠っている可能性が高いと見られているが、研究チームの掘削期間が5週間強に制限されていたため、やむなく掘削を中止しなければならなかったという。

遺体に宿る魔力が、村の柵を強化していた

ドイツには、新石器時代のタルハイム遺跡とヘルクスハイム遺跡という2つの大きな有名な集団墓地があるという。

タルハイム遺跡で発見された34人の男性、女性、子どもの遺体からは、残忍な紛争があったことが読み取れたという。

彼らは近隣の村の人々によって虐殺され、腐乱したまま放置されたと考えられている。

ヘルクスハイム遺跡では、少なくとも450人の遺体が発見され、頭蓋骨と身体の骨には意図的な切断痕があり完全にバラバラな状態で発見された。

こちらも遺体を埋葬する前に、頭部が意図的に切り取られたことを示唆しているという。

画像 : ヘルクスハイム遺跡で発見された、意図的に切断された頭蓋骨。ハイデルベルク大学博物館展示。 cc Kuebi

2009年の研究では、

「これは儀式的な人食い行為の証拠である可能性がある。」

と発表されたが、この仮説はこの場所を大きな墓地遺跡とみなす他の一部の人々によって否定されている。

ファーホルト氏は、

「新石器時代の人々は、『遺体には魔力があり、それによって家や集落を守ることができる。遺体の魔力が柵の強度を強化する』と考えていた可能性がある。

実際、これまでにヨーロッパ全土で発見された、新石器時代の集落の遺跡には、囲い溝の多くに、死んだ人体や体の一部の堆積物が多数、発見されている。」

と述べている。

冒頭で紹介した、38人の首なし遺体の集団墓地が発見された、スロバキアのヴラーブレ・フェルケ・レヘンビ遺跡は3つの集落で構成されており、紀元前5250年から紀元前4950年の間に何者かによって占領されていたことがわかっているという。

厳重に要塞化されてた集落もあり、今回、発見された集団墓地がある遺跡には、村の周りを約1マイルにわたって溝が掘られていことも発表されている。

発掘に携わった考古学者マリア・ワンダーリッヒ氏は、

「あらゆる可能性があり、新しい洞察やアイデアを受け入れ続けることが必要だ。

しかし、今回の発見は、ヨーロッパの新石器時代の歴史研究にとって、たいへん興味深いものであることは間違いない。」

と研究発表を締め括り、スロべキアの遺跡での今回の38人の首なし遺体と集団墓地の発見は歴史的な大ニュースであり、現代の我々の価値観とはまったく違う、新石器時代の人々の遺体に対する価値観のさらなる研究に期待が持たれている。

参考 : 『INSIDER』

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【海外のCEOたちが大ハマり】 なぜ禅(ZEN)が欧米に広まった…
  2. 「オーロラ」の特徴に迫る 〜日本でも観測できる「オーロラ」とは?…
  3. 【モンスターと呼ばれた女】 アイリーン・ウォーノス ~7人の男性…
  4. コナン・ドイル ~晩年は心霊主義に傾倒した名探偵の生みの親
  5. スターリンが指導者だった頃のソ連 【1000万人の大粛清】
  6. イタリア中世の自治都市コムーネ・ヴェネチア共和国とは?
  7. アメリカ海軍の原子力空母について調べてみた
  8. 世界の恐ろしい場所ランキング 【魅惑と恐怖が交錯する場所】

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

黒田騒動 ~筆頭家老が藩主を訴えた前代未聞の江戸三大お家大騒動

黒田騒動とは黒田長政は、豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛の息子で、関ヶ原の戦いで徳川家康を助け、福岡藩…

織田軍を苦しめた伊賀忍者の頭領・百地丹波(百地三太夫) 「信長の暗殺に2度失敗」

百地丹波とは百地丹波(ももちたんば)とは、戦国時代の伊賀国を仕切る土豪であったが、裏では…

真田昌幸【徳川軍を2度撃退し家康から恐れられた智将】

表裏比興の者真田昌幸(さなだまさゆき)は、幼少の頃より武田信玄の近習を務め、武田氏が滅ぼ…

現代科学で検証した「長篠の戦い」の真実 【織田鉄砲隊の三段撃ちはなかった】

長篠の戦いとは長篠の戦いとは、戦国時代の天正3年(1575年)5月21日、三河国長篠城を…

ポル・ポト失脚後も続いたカンボジアの悲劇 「毛沢東とスターリンの影響」

前回の記事「ポル・ポトの恐怖の政策「原始共産制」とは 〜貨幣禁止、恋愛禁止、眼鏡をかけてたら死刑」で…

アーカイブ

PAGE TOP