城,神社寺巡り

武田信玄の本拠地「躑躅ヶ崎館」 武田神社に行ってみた

この地は武田信虎・信玄・勝頼が3代に渡って居住し領地経営を行っていた場所であり、信玄の父・信虎が1519年にそれまでの本拠地であった石和から居を移した躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)があった場所です。

現在は神社としてのほうが有名かもしれません。

武田神社とは

武田神社に行ってみた

画像:武田神社入り口 本人撮影

武田神社の住所は、山梨県甲府市古府中町2611です。

現在はパワースポットや神社としてのほうが有名になっていますが、この地で武田氏の領地経営が行われていました。

織田信長による甲州征伐が行われて武田氏が滅亡した後も、しばらくの間は政治の中心でしたが、豊臣政権になると甲府城(舞鶴城)が築城され、江戸時代になってからも政治の中心として機能していたため、躑躅ヶ崎館は破却されました。

武田神社に行ってみた

画像:武田神社鳥居 本人撮影

武田氏の居館の跡地にあるだけあって神社入り口すぐのところには水堀があり、神橋という橋を渡っていきます。

橋を渡り終わってすぐに現れる土塁に城郭っぽさを感じます。

武田神社に行ってみた

画像:武田神社階段脇土塁 本人撮影

武田神社に行ってみた

画像:武田神社拝殿入り口 本人撮影

武田神社に行ってみた

画像:武田神社本殿 本人撮影

武田神社の御祭神は武田信玄公であり、ご利益は「勝運」が有名ですが、他に産業・経済の神としても信仰を集めています。

見どころが沢山あります

正面石段を登りきると左手すぐのところに三本葉の松の木があります。松はふつう二本葉なのですが武田神社の松は三本葉で金色に色づいてから落葉することから金運のお守りとして有名です。

三本葉の松は高野山金剛峰寺にもあります。一説によると、武田信玄が亡くなった時に高野山を信仰していた信玄を慕って種子が飛来したということです。

そして右側には太宰治が愛し、彼の作品にも登場している桜の木があります。

武田神社に行ってみた

画像:太宰治桜 本人撮影

甲府市は太宰治が新婚時代を過ごした場所でもあり「春昼」という作品の中にこの桜のことが書かれています。

石段を上った正面には拝殿・本殿があり平日昼間でも観光客や地元の人が参拝に訪れています。

境内には「甲陽武能殿」と呼ばれる能舞台もあり、芸能が未来永劫演じられることを願って命名されたそうです。

画像:武田神社能舞台 本人撮影

武田氏の館としての遺構も

画像:武田氏館説明板 本人撮影

画像:姫の井戸 本人撮影

かつて生活の中心だった場所にあり、今でも名水が湧き出していてお水取りがいつでも自由にできます。

この井戸は武田信玄の娘が誕生した際に産湯に使用されたことから「姫の井戸」という名前が付けられたということです。

また、ここの水はお茶にも使われており、井戸からは茶釜などの茶道具が発掘されました。

画像:信玄公御使用井戸 本人撮影

画像:信玄公御使用井戸2 本人撮影

こちらも生活の中心となる場所にあったと言われている井戸です。

姫の井戸とは趣が違います。姫の井戸は花手水になっていたため華やかな印象でしたが、こちらは無骨な感じがします。

姫の井戸の近くには水琴窟もあります。

水琴窟にも姫の井戸の水が使われており、耳を近づけてみると涼やかな澄んだ音が聞こえます。

敷地が広い

画像:武田氏居館説明 本人撮影

拝殿を左に折れて能舞台の脇を通っていくと、右手に武田氏居館の説明があります。

その奥にお屋形様の散歩道があります。こちらも武田氏館の一部でこちらまで来ている人はまれですが、静かで落ちついた雰囲気の中で散歩することができます。本殿の裏側を周り竜華池の前を通り旧大手門のほうへ続いています。

現在旧大手門側から入る人は少なく、自動車の安全祈願のために乗り入れる人が多い場所です。

ちなみに旧大手門から入ると神符授与所のあたりにでます。

授与所の右奥には宝物殿があります。

ここには姫の井戸から発掘された茶釜などのお茶道具や、信玄の軍配、武田二十四将図(江戸時代)や太刀「吉岡一文字」などが展示されています。特に吉岡一文字は鎌倉時代末期の備前国の刀匠が鍛えたもので、国の重要文化財に指定されています。

歴史的史料としてだけでなく、美術品としても価値が高いものが多いので一見の価値はあります。

終わりに

武田氏3代の居館であった躑躅ヶ崎館の跡に建つ武田神社は、甲府駅からほぼまっすぐ進んだところにあります。

上り坂が続くのと少し距離があるので、電車でお越しの際にはバスをお勧めしますが、市内と比べてとても静かで、豪華さはありませんが落ち着いた雰囲気の場所です。

参考文献 武田神社HP 甲斐 武田神社

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 足利義輝について調べてみた【武勇に優れた剣豪将軍】
  2. 第4次 川中島の戦い~武田家必勝の布陣!
  3. 浅野長政 ・豊臣の五奉行筆頭でありながら徳川にも重用された大名
  4. 諏訪原城へ行ってみた 【武田流築城術の最高傑作】続日本100名城…
  5. 羽柴秀吉の名乗りエピソード 「さすが天下人!?武士道バイブル『葉…
  6. 浅井家の軍師・遠藤直経【信長の暗殺を2度計った知勇兼備の謀将】
  7. 上杉景虎について調べてみた
  8. 明智光秀の出自と生誕地について調べてみた

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

権力の絶頂を極めた藤原仲麻呂は、なぜ乱を起こしたのか? 「わかりやすく解説」

藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)は、藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)の次男として706年に…

マンハッタン計画 ~「原子爆弾を生み出した史上空前のプロジェクト」

アインシュタインの書簡「マンハッタン計画」は第二次世界大戦下のアメリカにおいて実施された…

阿部正広はなぜ切腹した? 父親を斬首した阿部掃部の悲劇 【どうする家康 外伝】

松平家(徳川家)に代々仕えた忠臣・阿部氏。徳川家康の身代わりを務めた阿部正勝や、江戸幕末に安…

注音符号とは 【台湾にもひらがなやカタカナがあった? ~中国語の発音記号 】

注音とは?注音をご存知だろうか? 「ㄅㄆㄇㄈ」 ボ、ポ、モ、フォと発音する。中国語を学習…

雨の日になぜフィリピンのインターネットが遅くなるのか? その謎に迫る!

筆者が在住しているフィリピンではよくこんな会話を耳にします。「今日はネット遅くね?」…

アーカイブ

PAGE TOP