UFO,宇宙人

NASAの無人探査機が火星でエイリアンの地上絵を撮影していた「Chryse Alien(クリセ・エイリアン)」

火星に地球外知的生命体「エイリアン」の基地が存在するというのは多くの陰謀論者が語ることだ。

実際、火星の探査は困難を極めているため、1960年代以降、多くの人工衛星や探査機が送り込まれているが、我々が知る情報は少ない。しかし、近い将来、この赤茶けた惑星に人類が到達するのだとすれば、今のうちに覚悟をしないといけないかもしれない。

なぜなら、NASAも火星にエイリアンの存在を感じ始めているからだ。

クリセ・エイリアンの謎

2005年1月26日、アメリカ航空宇宙局(NASA)の無人探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が撮影したという一枚の写真が今になって話題となっている。

それは、ナスカの地上絵の如く火星の地表にハッキリと残された地形が「グレイ」と呼ばれるエイリアンの頭部と非常によく似た形状をしていたからだ。

Chryse Alien
【※NASAがクリセ・エイリアンと名付けた謎の地上絵。NASAのHPより引用】

しかも、NASAでは「Chryse Alien(クリセ・エイリアン)」と名前を付けて画像公開している。

なぜ10年以上前の画像が今になって話題になったかというと、UFOハンターのスコット・C・ワーリング氏が膨大なNASAの資料画像のなかからこの画像を発見し、それを発表したためだ。すぐさまこの画像はネットで拡散し、数々のニュースポータルサイトで話題となった。

火星の呪い

Chryse Alien
【※2006年11月に通信を断った火星探査機・マーズ・グローバル・サーベイヤー】

ちょっとここで火星の探査について話をしよう。

1960年代以降、純粋な調査目的で行われて行われてきた火星探査だが、近年になってその目的に新しく「人類移民計画」という大構想を前提とした探査も行われている。

火星の地下に氷となって閉じ込められた水がないか」というのはよく知られた調査目的のひとつだが、火星に水が存在すればそこに生命の痕跡がある可能性が高まると共に、人類が移住した際に水には困らなくなる。

だが、一方で火星探査は失敗例が多い。

ソ連・ロシアが打ち上げた計17機の火星探査機で完全な成功を収めたものは1機もなく、世界すべての探査機のうち、約3分の2が何かしらのトラブルに見舞われているのだ。それも「原因不明な失敗や消失」などもあり、研究者の間ではジョークで「地球〜火星のバミューダ・トライアングル」「探査機を食い物にする大いなる宇宙の悪霊」の仕業といい、「火星の呪い」としても有名である。

鮮明なクリセ・エイリアン

さて、話を戻そう。

冗談なのか本気なのか、NASAがクリセ・エイリアンと名付けた画像は、顔の大きさが約300〜400m、そして目の部分はひとつ約250mもある。そして、両目の部分ともサイズがほぼ同じなのだ。しかも、このような形状の地形は独特のものであり、ワーリング氏も今まで同じような地形は見たことがないという。

火星の有名な地形としては「人面岩」があるが、これは見る角度によって、たまたまそう見えてしまうだけで、別の角度から見ればただの岩にしか見えないという指摘がある。

Chryse Alien
【※火星の人面岩】

だが、クリセ・エイリアンはハッキリとエイリアンの顔の形を見せていて、角度や光の当たり方は関係ない。

一方、これが自然のクレーターが作り出した偶然に過ぎないと考えることもできる。しかし、火星にエイリアンが存在する、もしくは存在したという可能性は、我々人類の誕生にも関わってくる。

人類は地球外からやってきた

アメリカの生態学者エリス・シルバー博士の研究によると、人間は地球外で進化した可能性があるという。博士は自身の著書「Humans are not from Earth(人類は地球外からやっきた)」で、人間は地球に生息する他の生物とはあまりに違いがありすぎると指摘。その結果、人間は地球外で進化し、地球に送り込まれたというのだ。

まず、人間は長時間太陽の下にいることで熱中症や脱水症状を起こしてしまう。紫外線の影響も強く受けてしまうことから、太陽から離れた環境にいたのではないかという。

そして、背中の痛みを訴える人間がいることは、人類が地球よりも重力の弱い惑星で進化してきた証であると語っている。

さらに人間は他の生物に比べて多くの病原菌や病気などに弱いため、これも地球の環境に完全に順応してない理由としている。

だとすれば、火星こそが人類が進化した場所に相応しいのではないだろうか?

ナスカの地上絵の目的こそが謎

現在の火星は荒涼とした台地が広がり、重力は地球の約40%ほどしかない。大気は希薄で地球の平均値の約0.75%と、ほぼないに等しい。

大気の組成は約95%が二酸化炭素となっていて、とても人間が生身で生きれる環境ではないのだ。

Chryse Alien
【※地平線の上に見える火星の薄い大気】

しかし、それは現在の話であって、太古においては今の地球に似た環境だったという天文学者もいる。アメリカ・ペンシルバニア州立大学のジェイソン・ライト准教授もその一人で、数十億年前にはエイリアンが地球や火星だけでなく、金星にまで居住していたと考えるひとりである。

これらの話をまとめると、人類は太古の時代にエイリアンによって火星で生み出され、地球に移されてから現在のような進化を遂げたのではないだろうか。

そして、巨大な地上絵を作成する文化を継承し、ナスカの地上絵を完成させたと考えることができる。

火星にエイリアンがいたのならば、クリセ・エイリアンが描かれたことも納得できる。しかし、本当の謎はその絵が描かれた目的である。

今後の研究に期待しよう。

関連記事:ニュース
2018年の大発見?! 南極の氷の下の古代文明の集落跡
エクソシストが足りない!ヴァチカンが養成講座を行う
南極で不時着のUFOがGoogle Earthに写り込む【英紙報道】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 11月 15日
    トラックバック:m.2 dual slot
  2. 2022年 5月 20日
    トラックバック:Nasa ポータル 発見 – NASA

関連記事

  1. JAXAの小型月着陸実証機(SLIM)の続報
  2. 「歴史を否定する日本の未来はない」 朝鮮外務省が過去の清算を拒否…
  3. 松本人志めぐる報道に吉本興業が声明
  4. 古宮城へ行ってみた【続日本100名城】
  5. ガーシー当選に、N党・立花党首「大勝利!」宣言 得票率2%超えも…
  6. Zenlyとiシェアリングの類似点と違う点、安全性について
  7. 三笘薫の新相棒は誰?ブライトンが今夏「獲得した選手、放出した選手…
  8. NASAが警戒する危険な小惑星5選 「地球に衝突する可能性はどれ…


カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

5月頃、コンクリートの上にいる「小さな赤い虫」の正体 【人に害はあるのか?】

5月ごろになると、ベランダやコンクリートの壁、花などに「大量の小さい赤い虫」が湧いているのを…

誕生日石&花【10月11日~20日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【10月11日】知的で情熱的。人間的な魅力溢れる…

二千年の時を越えて生き返った兵馬俑 「一体の兵士が突然動き出した信じられない事件」

兵馬俑秦の始皇帝を守るように、共に埋められた兵馬俑(へいばよう)は、今でも多くの歴史ファ…

楊貴妃の悲劇的な最後【傾国の世界三大美女】

楊貴妃(719年~756年)は、中国の唐王朝第九代皇帝・玄宗の妃です。絶世の美女とし…

人間の光と闇を突き詰めた「北欧サスペンス」の面白さ 【※オススメ3選】

ひとつの事件にまつわる謎を紐解ながら真相解明に迫るサスペンスドラマは、衝撃の展開と事件解決までの人間…

アーカイブ

PAGE TOP