ニュース

カジノ本のおすすめ20選!理論や思考法、テクニックが満載!

カジノで勝つためには、基本的なルールや思考法、理論、ブラフなど、さまざまな角度から勉強することが大切です。

カジノにまつわる物語やギャンブラーの自伝・セオリーなどを通して、理解を深めることができます。そこで今回は、カジノに関するおすすめ本を20冊ご紹介します。

ギャンブルに関するおすすめ本ベスト20

取り扱いが英語のみの本も多いのですが、日本語版で読める本もあります。

ギャンブルやカジノを通して、楽しく英語を学びたい方は、ぜひ原作を手に取ってみてください。

Bringing Down the House

マサチューセッツ工科大学の学生達がラスベガスのカジノで数百万ドルの大儲けした実話です。

戦略的なゲームが好きな人におすすめの1冊です。
購入リンク(日本語版)・購入リンク(英語版

The Biggest Bluff

心理学者・作家であり、プロポーカープレーヤーの顔も持つマリア・コンニコワが、行動心理とポーカーとの関係性を描いています。

対戦相手の心理をどう読み取り、どう役立てるのかを学べる1冊です。
購入リンク(英語版)

Fortune’s Formula

投資やギャンブルにおける幸運の方程式と、資産運用法を記した1冊です。

確立や統計学、金融工学を熟知したウィリアム・パウンドストーンが語る必勝セオリーは、これから投資やギャンブルを始める人におすすめです。
購入リンク(日本語版)・購入リンク(英語版)

Soccernomics

スポーツジャーナリストのサイモン・クーパーが、2018年のワールドカップで用いた戦略について書かれた1冊です。

サッカーを軸に、ビジネスやベッティングに応用する方法がわかります。

スポーツベッティングが好きな方におすすめです。

購入リンク(英語版)

A Man for All Markets

数学理論で勝ち続けるための必勝法を見つけたエドワード・ソープの自伝です。

ノウハウというよりは、ギャンブルの考え方をノンフィクションのストーリーを通して小説感覚で楽しめる1冊です。
購入リンク(日本語版)・購入リンク(英語版)

The Greatest Gambling Story Ever Told

ケンタッキーダービーに数百万ドルを賭けたギャンブラーのノンフィクション作品。

原作タイトルにふさわしい、スリリングでクレイジーな若者の人生を描いた実話です。
購入リンク(英語版)

Thinking in Bets

ポーカーを題材に、思考・判断の技術を伝授した1冊です。

ギャンブルを行動・戦略・ビジネスの角度から見てみたい人におすすめです。
購入リンク(日本語版)・購入リンク(英語版)

Confidence Game

アメリカ史上最大の金融危機につながった人々の思い込みや貪欲さ、傲慢さを暴露した物語です。著名投資家ビル・アックマンとMBIAの6年間にわたる戦いが描かれています。
ギャンブルに巻き込まれ、挑戦してしまう自分を分析したい人にピッタリの洋書です。
購入リンク(英語版)

Molly’s Game

日本でも2018年に公開された映画『モリーズ・ゲーム』の原作です。

トップアスリートから、非合法ポーカークラブの経営者になった女性モリー・ブルームの波瀾万丈な経験がノンフィクションで綴られています。

ポーカーのルールや、合法と非合法の境界線を理解している人におすすめの1冊です。
購入リンク(日本語版)購入リンク(英語版)

Trading Bases

ウォール街での投資のキャリアで経たリスク分析スキルをメジャーリーグに適用し、独創的でハイリスクな夢を叶えたジョー・ペータの物語です。

スポーツベッティングに興味がある人や独創的で危険な夢を追いたい人におすすめしたい洋書です。
購入リンク(英語版)

Blood Aces

殺人を犯した犯罪者でありながら、カジノオーナーとしてポーカーを世界に広めたベニー・ビ二オンの波瀾万丈な人生や、ラスベガスの歴史が綴られています。

最高の犯罪ドラマを楽しみたい人やラスベガスの歴史を学びたい人におすすめの1冊です。
購入リンク(英語版)

The Noble Hustle

著者のベストセラー小説でもあり、ポーカーをあまり深く知らない人も楽しく読める内容となっています。カジノ・ポーカー好きの家族や友人へのプレゼントにおすすめです。
購入リンク(英語版)

One of a Kind: The World’s Greatest Player

WSOPで3度も優勝を果たした伝説の天才ポーカープレーヤー、ステュー・アンガーの一生と、いかにして成功したのかについて書かれた名著です。

ポーカーファンなら、最後まで飽きずに読み切れること間違いなしの1冊です。
購入リンク(英語版)

Gambling for Life: Harry Findlay

最強ギャンブラー、ハリー・フィンドレーが、2,000万ユーロ以上を稼ぎ、そのほぼ同額を使った経験を綴った作品です。

ギャンブルへの熱い情熱を持った一人の男の並外れた才能を知りたい人におすすめの1冊です。
購入リンク(英語版)

The Professor, the Banker, and the Suicide King

ポーカー史上最も賞金が高額となったゲームやプロポーカープレイヤーのやり取りをノンフィクションで描いた、ポーカーゲームの裏側の物語です。

ギャンブルが人を動かす裏側を垣間見たい人におすすめしたい洋書です。
購入リンク(英語版)

The Theory of Poker

ポーカーではったりをかけるブラフや、ポーカーのあらゆるシチュエーションを論理的に説明した本です。ブラフして戦うことの大切さや、決して破られないブラフの仕方を学べます。

翻訳ソフトやアプリを使ってでも読みたい名著であり、ポーカーのテクニックや基礎を、学術的な視点から徹底的に学びたい人におすすめです。
購入リンク(英語版)

The Logic of Sports Betting

スポーツベッティングのロジックや、背景にある数学についてわかりやすく簡潔にまとめた本です。

スポーツベッティングへの質問に面白く・リアルに回答しているので、初心者でも勝利の公式を理解できる1冊です。
購入リンク(英語版)

Titanic Thompson

路上でカードゲームの知識を身につけた伝説の勝負師、タイタニック・トンプソンの伝記です。

実在の人物とは思えないほどギャンブルに生きた男の人生を知りたい人や、ギャンブルで生きてみたい人におすすめです。
購入リンク(英語版)

Every Hand Revealed

アグレッシブなプレイスタイルのプロポーカープレイヤー、ガス・ハンセンの思考回路に迫る1冊です。

彼の300以上のハンドが、わかりやすく分析されており、ギャンブルの理解を深めたい人におすすめです。
購入リンク(日本語版)購入リンク(英語版)

Squares & Sharps, Suckers & Sharks

ベッティングの仕組みや勝つことの難しさを伝えることに長けたジョセフ・ブチダールの著書です。ギャンブリングに隠された勝つためのさまざまな考え方やスキルを学べます。

ギャンブルへの取り組み方を見直したい人はぜひ手に取ってみてください。
購入リンク(英語版)

本でカジノの理解を深めよう!

カジノに関するおすすめ本を20冊紹介しました。今回紹介した本の中から、自分の興味や知識レベル、知りたいことに合うものを選び、楽しみながらカジノの理解を深めてみませんか?

本を読んで、おすすめのオンラインカジノ 「BonusFinder」で実際に遊んでみてください!

ただし、天才ギャンブラーの武勇伝を読で、熱くなりすぎないよう、ギャンブルは計画的に!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 「夫のことを信じたかった」…地獄に突き落とされた妻の…
  2. NASAの無人探査機が火星でエイリアンの地上絵を撮影していた「C…
  3. 横須賀海洋少年団「応援しよう」 半世紀の歴史も団員減少 有志が「…
  4. 個人の現金預金1千兆円を株式等への政策に意欲
  5. 【スカッと】サークルの高嶺の花を見て、彼氏が「うちの彼女より可愛…
  6. 【世界の難民問題】米国では手厚く保護され、平均時給2800円の人…
  7. 三笘薫に90.5億円? ペップも評価したシティが関心と現地報道……
  8. 『鎌倉殿』ティモンディ高岸が演じる仁田忠常の死、比企の変後の激動…


カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

本多正純 ~幕府で権勢を振るうも疎まれて改易になった家康の側近【宇都宮城釣天井事件】

本多正純とは本多正純(ほんだまさずみ)は、徳川家康の軍師として仕えた本多正信の長男で、父と同じく…

フランシスコ・ザビエル の身体は世界中に散らばっていた

ザビエルの最後1552年12月3日。フランシスコ・ザビエルがこの世を去った。没年46…

フィンランドの歴史と文化を継承し続ける古都 『トゥルク』

北欧雑貨の人気を切っ掛けに日本でも『デザインの国』として知られる北欧フィンランドでは、1年を通してク…

悪党は五度死ぬ?平安時代、天下を騒がせた「悪対馬」源義親とその名を継いだ者たち

古今東西、非業の死を惜しまれた者はとかく生存説がささやかれるもの。有名なところでは源義経(み…

『ブギウギ』六郎の出征、ツヤとの別れ。 悲しみを隠して舞台に立ち続けた笠置シヅ子

「舞台役者は親の死に目に会えないのが当然」などとよく言われますが、福来スズ子のモデル・笠置シヅ子も母…

アーカイブ

PAGE TOP