健康

認知症について調べてみた 【認知症の種類や関わり方、支援制度】

年を取るにつれ、「体の節々が痛い」「人の名前を思いだせない」等、いろんな症状が出てきます。

日常生活を送る中で、加齢とともに物忘れが増えてきたと感じることも多くなっていきます。

そのため、今回は「 認知症 」について調べてみました。

認知症とは?

認知症

認知症になる原因はまだ解明されていませんが、さまざまな原因で脳の神経物質が壊れることにより、日常生活に支障をきたす状態のことを「認知症」といいます。

認知症と物忘れの違いってなに?

加齢に伴う物忘れは、

・忘れたこと自体を自覚している
・体験した内容の一部分を忘れる
・ヒントがあれば思い出す
・日常生活に支障はない

認知症による物忘れは、

・忘れたことに対する自覚がない
・体験したこと自体を忘れる
・ヒントがあっても思い出せない
・日常生活に支障がある  

となります。

分かりやすく説明を行うと

私、今日のお昼ご飯なにを食べたかな?
⇒お昼ご飯を食べたことは覚えていますが、内容を思いだせないため、年相応の物忘れと考えられます。

私、今日のお昼ご飯食べてない!
⇒お昼ご飯を食べたこと自体を忘れているため、認知症の症状と考えられます。また、食事を摂ったこと自体を忘れているため、何度も食事を摂ってしまう行為があると、食生活の管理が行えていない状態となるため、認知症により日常生活に支障が出てしまっている状態となります。

認知症の種類は?

様々な認知症の種類や症状がありますが、代表的な4つを説明します。

認知症

通常の老人の脳(左)とアルツハイマー型認知症患者の脳(右)。アルツハイマー型認知症では大脳皮質、海馬の萎縮、および脳室の拡大が見られるようになる。

アルツハイマー型認知症

⇒症状全体の60%以上を占めており、一番聞きなじみのある認知症の種類です。

女性に多く、日時や場所が分からなくなるような記憶障害を伴うことが多いです。また、もの盗られ妄想や、徘徊などの症状もおこります。

脳血管性認知症

⇒脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などが原因となり、血管が詰まったことにより、脳の機能が低下しておこる認知症です。

原因となる疾患の影響により、歩行障害や言語障害が伴う場合があります。

レビー小体型認知症

⇒実際には存在しないものが見えたり、聞こえたりする、幻覚や幻聴の症状がおこります。

調子の良いときと悪いときの身体の状態の差が大きいです。

前頭側頭型認知症

⇒前頭葉と側頭葉の萎縮が進行する病気となります。感情の抑制がきかなくなり、精神症状や行動障害があります。

認知症の人との関わり方はどうしたらいい?

認知症

ご本人の訴えを否定せずに傾聴しましょう。

家にいるのに「家にかえりたい」と言う、食事を摂ったのに「食事を摂ってない」という…等。

症状は様々ですが、共通していることは実際とは異なった訴えをしてきても、ご本人にとっては脳の病気によってまぎれもない真実であると錯覚している。と、いうことです。

まずは、ご本人のその気持ちをしっかりと受け止めてあげましょう。

できていた時と今を比べないようにしましょう。

なんでこんなことができないの?」「先週はできていたじゃない!」など、過去と現在の状態を比べないようにしましょう。

今までできていたことができなくなることに対しての悲しさや、虚しさをご本人にぶつけてはいけません。一番辛いのはご本人自身であり、記憶が薄れることや失敗が増えることに対しての恐怖心をもっていることを忘れないようにしましょう。

認知症を予防する方法はあるの?

認知症は生活習慣病との関連が強いと言われています。そのため、食生活の改善を行い、健康的な生活を意識しましょう。

また、他社交流や適度な運動は脳を刺激するため良いと言われています。
また、運動以外でも将棋や生け花など、昔からの趣味を継続することは、本人にとって生活に充実感をもたらします。

そのため、ご本人の無理のない範囲で続けていけるような環境作りを行いましょう。

認知症の方の家族に対しての支援はあるの?

24時間365日ともに生活をする家族にもストレスや疲れがでてきます。

認知症家族の会」や「認知症カフェ」などに参加すると、同じ悩みを抱えている方と情報共有などができます。

また、介護を家族だけで行おうとすると介護疲れで疲弊してしまうため、ケアマネジャーに、介護保険制度を利用して家族も息抜きできるような支援をしてもらえるように相談しましょう。

ケアマネージャーの探し方については、下記の記事を参考にしてみてください。

https://kusanomido.com/life/facility/52906/

認知症も他の病気と同じように、早期発見・早期治療が大事です。

認知症かな?と思いあたるふしがあれば、まずはかかりつけ医に相談しましょう。かかりつけ医がいない場合は、お近くの「物忘れ外来」へ受診をしてみても良いでしょう。

家族間だけで悩まずに、専門職である医師やケアマネジャーなどに相談をし、認知症の進行予防や介護負担の軽減を図れるような支援チームを作ってもらいましょう。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 日本の夏は昔と比べてどれくらい暑くなったのか? 【1875年以降…
  2. 関東1泊2日の旅行 おすすめ5選
  3. インド発祥の「ヨガ」が世界で親しまれる理由
  4. 【いわき市の歴史と共に】 太平洋・島サミットの会場にもなった「ハ…
  5. 座敷牢の実態はどのようなものだったのか? 「精神病患者を強制監禁…
  6. スターバックスの成功の秘密について調べてみた
  7. 日本の餃子について調べてみた「実は完全食?!」
  8. 梅毒感染の歴史 【400年間人類を苦しめヴィーナス病とも称された…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

世界の恐ろしい場所ランキング 【魅惑と恐怖が交錯する場所】

世界には私たちを圧倒し、時には恐怖さえ感じさせるような場所が存在する。今回はその中でも、日本…

蕎麦屋あるある集「蕎麦歌留多」に、お店もお客も共感の声

いろはにほへとちりぬるを(色は匂えど、散りぬるを)……すべての平仮名を一度ずつならべて美しく詠み上げ…

松山刑務所の大井造船作業場に行ってきた その2【類、種】

大井造船作業場への移送日前回の続きです。松山刑務所での訓練がようやく終わり自分なりにも体…

関ヶ原の合戦で、上杉景勝と戦った結城秀康。なぜ彼は殿軍を引き受けた? 【どうする家康】

徳川家康の次男として生まれ、豊臣秀吉・結城晴朝とたらい回し、もとい養子に出された結城秀康(於義伊)。…

開国以来の日本の悩みの種「不平等条約」との戦いの歴史

江戸時代、長きに渡る「鎖国」体制が終わり、日本は諸外国と条約を結んで通商・貿易を行うようになった。…

アーカイブ

PAGE TOP