エンタメ

ジェームズ・ボンドの魅力と歴代のボンド 【世界最高のスパイ】

マティーニをステアではなく、シェイクで

このセリフに反応した方は、「ドクター・ノオ」からのファンかもしれない。

1962年の第1作である「ドクター・ノオ」から、2015年の「スペクター」まで53年以上にわたり世界中の人々、とりわけ同姓を魅了してきた男。男の憧れであり、永遠のヒーロー。とまでいえばいささか大げさに聞こえるが、それでも彼のカリスマ性だけは大げさではない。

彼の名前はボンド、ジェームズ・ボンド

ジェームズ・ボンド の誕生

ジェームズ・ボンド
※イアン・フレミング生誕100周年を記念して作られたブロンズ像

ジェームズ・ボンドとは「007」のコードネームを持つイギリスのスパイ映画の主人公である。といってもその名を知らない人はいないだろう。

しかし、この007シリーズ原作小説があることを知っている人は、日本ではあまりいないかもしれない。

第二次世界大戦でMI6(エムアイシックス)という英国諜報部で秘密工作に携わった経歴を持つイアン・フレミングが、1953年に発表した「カジノ・ロワイヤル」が007シリーズの第1作であった。しかし、発売当初から人気のシリーズとなったわけではない。アメリカのケネディ大統領が愛読しているということで、人気に火が付いた。それも5作目の「ロシアから愛をこめて」になってやっとのことである。

その後は、フレミングが亡くなる1964年まで全12作の長編が発表された。

映画化で世界が憧れる男性像に


※ショーン・コネリー 出典 Stuart Crawford

007シリーズの小説はフレミングの没後も、様々な作家の手により新作が発表されたが、なによりもジェームズ・ボンドを世界的に押し上げたのは映画化である。これは、フレミングの生前に交渉が行われ、イギリスに拠点を置くイオン・プロダクションが設立。これにより、1962年に第1作「ドクター・ノオ」が公開された。

ジェームズ・ボンド役には、若きショーン・コネリーが抜擢されたが、彼がスコットランド人であることを誇りとし、発音も矯正しないことを条件としたために、原作においてもボンドがスコットランド出身ということになった。結果、映画は大ヒットとなり、彼はその後6作品においてボンドを演じることになる。

そして、今に至るボンド像を確立したのはショーン・コネリーといって間違いはないだろう。スマートながら野生的なジェームズ・ボンドが誕生したのであった。

歴代のボンド

ジェームズ・ボンドの魅力と歴代のボンド
※6代目ボンドを演じるダニエル・グレイグ 出典 Elen Nivrae – Daniel Craig

007シリーズが他の映画作品と決定的に違うのは主演俳優の交代である。ハリウッド映画のシリーズ作品ではあまり例がない。ヒット作になればなるほど、主人公のイメージが定着してしまい交代させるのが難しいことは容易に想像できる。

しかし、このシリーズではボンド役が変わるたびに「次は誰が演じるんだ?」とそれが話題となってきた。

事実、ショーン・コネリーが降板すると、2代目をオーストラリア出身のジョージ・レーゼンビーが演じ、1作品しか登場していないにもかかわらず原作に忠実なストーリーによって評価された。3代目を演じたロジャー・ムーアは、ユーモアのセンスがあり、親しみの持てるボンド像を確立。シリーズ最多の7作品でボンドを演じる。4代目のティモシー・ダルトンもわずか2作品での出演だったが、それまでの紳士的なボンドよりややアウトローなボンドを見せてくれた。5代目ピアース・ブロスナンはまさにプレイボーイ。

そして、6代目ダニエル・クレイグは歴代でも知的ながらワイルドさでは群を抜いており、現代にふさわしいボンドを演じている。

歴代ボンドはそれぞれに持ち味が違い、そのなかで好きなボンドを語れるというのも魅力なのだ。

男のこだわり

ジェームズ・ボンドにはこだわりがある。

冒頭のマティーニの台詞は、「ドクター・ノオ」から登場するボンドが愛するカクテルである。
マティーニのスタンダードなレシピは、ドライジンとドライベルモットをステア(ゆっくりかき混ぜる)して、カクテルグラスに移すのだが、ボンドはよりキリッとした味わいのウォッカをベースにシェイクすることでより冷えたマティーニを好む。このことから、バーでは「ボンド・マティーニ」といえば、このカクテルが飲めるようになったほどだ。

さらに拳銃も、ドイツの名門「ワルサー」社のワルサーPPKを歴代使用している。第18作「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」からは、同社の最新モデルであるワルサーP99を使用していたが、第22作「慰めの報酬」ではPPKに戻っている。やはりボンドには大型の拳銃よりもスマートな小型拳銃のほうが似合っているのだ。


※ワルサーPPK

他にも作品ごと、もしくはシリーズを通して洋服から小物、さらに車まで徹底的にこだわりを貫く姿勢に魅力を感じる。

ボンドのダンディズム

ジェームズ・ボンドの魅力と歴代のボンド
※カジノ・ロワイヤルのメイキングから

ダニエル・クレイグがボンドを演じてからは、物語がリブートしている。
それまでのボンドとは別の「若き日のボンド」をイメージした作りになっており、そのためかボンド自身の性格もやや荒削りな部分が多い。

しかし、根底に流れるダンディズムは変えられることなく継承された。

では、ボンドのダンディズムとは何なのだろうか?

スペクター」で競演した役者は語る。ボンドにはどんな相手でも惹き付ける動物的な本能があると。あくまでも任務として悪と戦うだけで、彼自身は善か悪かはわからない。そんな曖昧なところがボンドの魅力なのだという。理性ではなく動物的な本能で振舞うボンド。それは、飾りではなく、任務のために染み付いた本物のダンディズムであり、自然体の格好よさこそが彼の最大の魅力なのだ。

最後に

ダニエル・クレイグは「007 スペクター」を最後にボンド役を降板するという噂が流れていた。彼自身も一時は続投の意思がないと語っていたが、現在では引き続きボンドを演じることで合意に至り、2018年にも新作の撮影が始まるというのだ。

さらに新しいボンドの一面が見られるのか期待して待ちたい。

関連記事:エンターテイメント
全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】
【なぜ衰えない?】トム・クルーズの人気の秘密について調べてみた

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 声優になる方法 ギャラについて調べてみた
  2. マレーシアで過ごす中秋節(ちゅうしゅうせつ)について調べてみた
  3. ロシアで遺体を冷凍保存する人たち 「400万円で誰でも可能、日…
  4. 大阪弁小説の神髄、田辺聖子の生涯
  5. フィジー共和国の真の姿と、幻の島「タバルア島」
  6. チェスキー・クルムロフとは 【世界一美しい街】
  7. ポルトガル旅行の魅力 〜「物価の安さ、カラフルな街並みと日本に近…
  8. 共謀罪 を分かりやすく解説


新着記事

おすすめ記事

中央線「昭和グルメ」を巡る 第68回 56年の歴史を持つ”町のおそば屋さん”「松月庵」(西荻窪)

いまなお昭和の雰囲気を残す中央線沿線の穴場スポットを、ご自身も中央線人間である作家・書評家の印南敦史…

日本人にはあまり馴染みのない「中国の数字にまつわる面白い迷信」

迷信とは俗信のうちで、合理的根拠のないもの。一般的には社会生活上実害を及ぼし、道徳に反するような…

【鎌倉殿の13人】幕命よりも身内の絆…宇都宮頼綱を守った小山朝政の心意気

時は元久2年(1205年)閏7月20日、北条義時(ほうじょう よしとき)は父・北条時政(ときまさ)を…

マレーシアの春節(旧正月) 〜気になるマレーシアのお年玉事情

中華圏の人々が住む国や地域で、毎年盛大に祝われる「春節(しゅんせつ)」と呼ばれる旧正月。最近…

豊臣秀吉はなぜ征夷大将軍ではなく関白を選んだのか?

はじめに農民の出でありながら日本最大の大出世を遂げて天下人となった豊臣秀吉(とよとみひで…

アーカイブ

PAGE TOP