人物

「北欧のフェルメール」と称された ヴィルヘルム・ハンマースホイ【ハマスホイとデンマーク展】

ヴィルヘルム・ハンマースホイとは

ヴィルヘルム・ハンマースホイとは

ハンマースホイの代表作『背を向けた若い女性のいる室内』wiki public domain

ヴィルヘルム・ハンマースホイ(Vilhelm Hammershøi : 1864~1915)とは、デンマークの画家である。

その柔らかな美しい筆使いから、“北欧のフェルメール”とも称された。(姓はハマスホイ、ハメルショイとも表記されるが、この記事ではハンマースホイと統一しておく。)

ヴィルヘルム・ハンマースホイとは

『自画像』wiki public domain

生前にはデンマークを代表する画家として、特に国外で評価されたが、死後には急速に忘れられ、彼の作品は長く眠り続けたままであった。

しかし、彼の作品は20世紀末から再評価され、今日ではふたたび多くの人に愛されている。

今回はそんなハンマースホイについて解説する。

伝統を打ち破った分離派

ハンマースホイは、生前、伝統的な画法を重んじるアカデミーとは違い、「分離派」として仲間とともに精力的な活動を続けた。

分離派とは、過去の歴史様式から“分離して”新しい創造に向かおうとする、芸術革新運動のことで、特に1880年代末期、ウィーンの画家グスタフ・クリムトを中心に生まれた「ウィーン分離派」が有名である。

ハンマースホイの作品は、国内では「陰鬱」と称され、批判を受けることが多かったが、国外、特にヨーロッパでは高い評価を受けていた。

1864年、デンマークの裕福な家庭に生まれたハンマースホイは、15歳のときにコペンハーゲン王立芸術アカデミーに入学した。

アカデミーに通う中で、1882年に設立された自由研究学校に出会ったハンマースホイは、アカデミーの勉強の傍ら、この学校でも勉強を始めた。

自由研究学校は、古典的な教育に反発し、もっと自由な表現を目指す若者たちによって設立され、主にフランスの美術教育のスタイルを目指していたという。

ハンマースホイの独特の作風は、この2つの学び舎に通い、伝統と革新の両面に触れていた経験から誕生したものだろう。

ハンマースホイを取り巻く人々

ヴィルヘルム・ハンマースホイとは

『若い女性の肖像 アナ・ハンマースホイ』wiki public domain

ハンマースホイが21歳になった1885年。

彼は妹であるアナの姿を描いた『若い女性の肖像 アナ・ハンマースホイ』をアカデミーの展覧会に出品した。

しかしながら、黒とグレーを主調とし色彩や、空間表現の曖昧さなどが、当時のアカデミーの審査基準にそぐわなかったとして、この作品は落選してしまった。
ハンマースホイは自分の作風を曲げず、その後もアナをモデルとした作品『若い女性の後ろ姿』などを発表する。

1891年にはイーダという女性と結婚。

彼女もまた、ハンマースホイの作品の中で欠かすことのできないモデルとなった。

ヴィルヘルム・ハンマースホイとは

※『ピアノを弾く妻 イーダのいる室内』wiki public domain

イーダをモデルとした、『ピアノを弾く妻 イーダのいる室内』は、現在、東京都西洋美術館(台東区)に所蔵されており、この作品が日本が所蔵する唯一のハンマースホイ作品である。

ハンマースホイ作品の魅力をいち早く発見したのは、コペンハーゲンで歯科医として働いていたアルフレズ・ブラムスンであった。

彼は熱心な美術コレクターで、作品の購入後はハンマースホイの強力な後援者となり、展覧会をいくつも主催している。

また、ハンマースホイの死後は、目録や伝記の執筆をするなど、ハンマースホイや彼の家族にとって、とても重要な人物であった。

ハンマースホイの作風

『クレスチャンボー宮殿、晩秋』(1890 – 92) wiki public domain

ハンマースホイは創作活動の初期、肖像画や人物画、風景画などに取り組んだが、1890年代からは、室内の風景を描いた作品を中心に創作を始めた。

題材となっていたのは、主に自分自身が居を構えていた住宅内で、その独特の表現は、国内外から高く評価されることとなった。

室内画と言えば、その絵の中には誰かしら人物が存在するのが一般的だが、ハンマースホイの描く室内画には、誰もいない。

そのような作品を描くことについて、ハンマースホイは、「(誰も部屋の中にいないという)このような美を常に思っていた」と発言している。

また、彼の描く人物画も、他とは異なる特徴がある。

読書する若い男のいる室内 (1898) wiki public domain

絵の中に描かれた人物の視線は、決して鑑賞者と視線が合わない

しかし、陰鬱さや重々しさはなく、どこか満ち足りた、静謐な美しさを感じさせるのである。

この美しさとは、ハンマースホイがたどり着いたであろう、“無の美学”なのかもしれない。

ハマスホイとデンマーク展

この記事では、“北欧のフェルメール”と称されたデンマークの画家、ヴィルヘルム・ハンマースホイについて調べてみた。

2020年1月21日から3月26日まで、東京・上野の東京都美術館で、『ハマスホイとデンマーク展』が開催されている。

この展覧会は、東京だけでなく、4月から6月にかけて山口県立美術館でも開催されることになっている。

前回、日本でハンマースホイの展覧会が行われたのは2008年のことで、今回はそこから12年ぶりの開催となる。

この展覧会で紹介されるハンマースホイの絵画は40点。

また、日本ではなかなか見ることのできない、デンマークの画家たちの作品を一挙に観ることができる。

幸福の国”と呼ばれるデンマークの美しい作品たちに、ぜひ触れていただきたいと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. サンジェルマン伯爵について調べてみた 【不老不死、高い知能】
  2. 金子みすゞ 【儚き童謡作家】の生涯について調べてみた
  3. フェルメールはなぜ日本人をここまで魅了するのか?
  4. 切り裂きジャックの真相について調べてみた
  5. 歴史小説の大家、司馬遼太郎の生涯【おすすめ歴史小説】
  6. ホラー映画「リング」の貞子の母のモデル・御船千鶴子
  7. 上村松園の生涯【日本を代表する女流画家】
  8. キッチンカーはなぜ人気なのか?【開業許可と種類】


新着記事

おすすめ記事

「マレーの虎」と称された軍人・山下奉文

本人は嫌った「マレーの虎」山下奉文(やましたともゆき)は、太平洋戦争の初頭においてイギリスの…

聞きたくない話【漫画~キヒロの青春】51

今週から少し更新ペースを上げていきます!屈辱的な展開【漫画~キヒロの青春】5…

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

結論から言ってしまおう。「太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だった」と。…

上毛かるたの歴史がわかる展示会 群馬・玉村町

上毛かるたの歴史に触れてもらおうと歴代のかるたやパネルを展示する「上毛かるた展」が群馬県玉村町の角田…

ポーランド王国 「隣国に恵まれなかった中欧の大国」

ポーランド王国の成り立ちポーランド王国は1025年にピャスト朝によって誕生した。…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP