エンタメ

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る 【平成・令和編】

有馬記念(3歳以上オープン 国際・指定 定量 2500m芝・右)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で毎年12月最終週に施行する重賞競走(GⅠ)である。普段は馬券を買わないが「このレースだけは買う」人は多い。

この記事は前回の昭和編に引き続き、平成から令和のレースを一言エピソードで振り返る。
令和2年、第65回にはどのようなドラマが待ち受けているのだろうか。

【平成一桁】

第34回(1989年)

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る

イナリワンと柴田政人(1990年4月29日)wiki c もがみますみ

ファン投票1位:オグリキャップ(牡4)5着
優勝馬:イナリワン(牡5)
騎手:柴田政人
オグリキャップとスーパークリークの二強を交わし、宝塚記念との春秋グランプリ制覇を果たす。

第35回(1990年)

ファン投票1位:オグリキャップ(牡5)1着
優勝馬:オグリキャップ(牡5)
騎手:武豊
芦毛の怪物オグリキャップの引退レース。解説の大川慶次郎が実況の隣で「ライアン!ライアン!」と叫んだ。

第36回(1991年)

ファン投票1位:メジロマックイーン(牡4)2着
優勝馬:ダイユウサク(牡6)
騎手:熊沢重文
これはびっくりダイユウサク」単勝払戻金が有馬史上最高の13,790円

第37回(1992年)

ファン投票1位:トウカイテイオー(牡4)11着
優勝馬:メジロパーマー(牡5)
騎手:山田泰誠
16頭中15番人気の逃げ切り勝ち。馬番連勝31,500円は有馬史上最高。

第38回(1993年)

ファン投票1位:ビワハヤヒデ(牡3)2着
優勝馬:トウカイテイオー(牡5)
騎手:田原成貴
奇跡の復活。左橈骨剥離骨折のため364日ぶりのレースで優勝した。第29回・第30回シンボリルドルフと父子制覇を果たす。

第39回(1994年)

ファン投票1位:ナリタブライアン(牡3)1着
優勝馬:ナリタブライアン(牡3)
騎手:南井克巳
三冠馬。古馬たちを3馬身引き離して圧勝する。

第40回(1995年)

ファン投票1位:ヒシアマゾン(牝4)5着
優勝馬:マヤノトップガン(牡3)
騎手:南井克巳
田原成貴騎手の「十字を切って投げキッス」が馬より目立った逃げ切り勝ち。

第41回(1996年)

ファン投票1位:マヤノトップガン(牡4)7着
優勝馬:サクラローレル(牡5)
騎手:横山典弘
翌年勇退する境勝太郎調教師に有馬記念初勝利をプレゼント。この年の勝馬投票券の売上が世界の競馬史上最高額となる。

第42回(1997年)

ファン投票1位:エアグルーヴ(牝4)3着
優勝馬:シルクジャスティス(牡3)
騎手:藤田伸二
最初で唯一の重賞制覇が有馬記念。ファンファーレが一部の間で「伝説」と呼ばれる。

【平成10年代】

第43回(1998年)

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る

グラスワンダー wiki c Goki

ファン投票1位:エアグルーヴ(牝5)5着
優勝馬:グラスワンダー(牡3)
騎手:的場均
故障と「早熟説」を覆して堂々の優勝。外国産馬初の有馬記念制覇

第44回(1999年)

ファン投票1位:スペシャルウィーク(牡4)2着
優勝馬:グラスワンダー(牡4)
騎手:的場均
スペシャルウィークとの着差は4cmのハナ差。宝塚記念と合わせて春秋グランプリ3連覇を達成する。

第45回(2000年)

ファン投票1位:テイエムオペラオー(牡4)1着
優勝馬:テイエムオペラオー(牡4)
騎手:和田竜二
この年無敗のGI5勝を果たす。

第46回(2001年)

ファン投票1位:テイエムオペラオー(牡5)5着
優勝馬:マンハッタンカフェ(牡3)
騎手:蛯名正義
2着に入ったアメリカンボスと合わせて「米国同時多発テロ」のサイン馬券と話題になる。

第47回(2002年)

ファン投票1位:ナリタトップロード(牡6)4着
優勝馬:シンボリクリスエス(牡3)
騎手:O.ペリエ
オリビエ・ペリエ騎手は有馬記念の外国人騎手初制覇。

第48回(2003年)

ファン投票1位:シンボリクリスエス(牡4)1着
優勝馬:シンボリクリスエス(牡4)
騎手:O.ペリエ
引退レースを史上4頭目の連覇で飾る。2着との着差9馬身差は有馬記念史上最大

第49回(2004年)

ファン投票1位:ゼンノロブロイ(牡4)1着
優勝馬:ゼンノロブロイ(牡4)
騎手:O.ペリエ
秋の古馬中距離GIを3つとも勝ち、オリビエ・ペリエ騎手と藤沢和雄調教師は有馬記念3連覇。

第50回(2005年)

ファン投票1位:ディープインパクト(牡3)2着
優勝馬:ハーツクライ(牡4)
騎手:C.ルメール
無敗の三冠馬ディープインパクトに先着した唯一の日本馬となる

第51回(2006年)

ファン投票1位:ディープインパクト(牡4)1着
優勝馬:ディープインパクト(牡4)
騎手:武豊
第2回ハクチカラに次ぐ単勝1.2倍、単勝支持率70.1%。引退レースは余裕の勝利だった

第52回(2007年)

ファン投票1位:ウオッカ(牝3)11着
優勝馬:マツリダゴッホ(牡4)
騎手:蛯名正義
有馬記念史上最高配当額(馬単69,020円、3連複73,320円、3連単800,880円)の大波乱

【平成20年代】

第53回(2008年)

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る

ダイワスカーレット wiki c Chabata_k

ファン投票1位:ウオッカ(牝4)不出走
優勝馬:ダイワスカーレット(牝4)
騎手:安藤勝己
第16回トウメイ以来37年ぶり史上4頭目の牝馬の勝利

第54回(2009年)

ファン投票1位:ウオッカ(牝5)不出走
優勝馬:ドリームジャーニー(牡5)
騎手:池添謙一
宝塚記念との春秋グランプリ制覇

第55回(2010年)

ファン投票1位:ブエナビスタ(牝4)2着
優勝馬:ヴィクトワールピサ(牡3)
騎手:M.デムーロ
ファン投票1位で1番人気のブエナビスタをハナ差(2cm)で制する

第56回(2011年)

ファン投票1位:ブエナビスタ(牝5)7着
優勝馬:オルフェーヴル(牡3)
騎手:池添謙一
三冠馬。古馬をねじ伏せて四冠達成。第54回ドリームジャーニーと兄弟制覇は有馬記念史上初。

第57回(2012年)

ファン投票1位:オルフェーヴル(牡4)不出走
優勝馬:ゴールドシップ(牡3)
騎手:内田博幸
芦毛の馬の優勝は第33回オグリキャップ以来2頭目。

第58回(2013年)

ファン投票1位:オルフェーヴル(牡5)1着
優勝馬:オルフェーヴル(牡5)
騎手:池添謙一
引退レースを8馬身差の圧勝で飾る

第59回(2014年)

ファン投票1位:ゴールドシップ(牡5)3着
優勝馬:ジェンティルドンナ(牝5)
騎手:戸崎圭太
三冠牝馬。GI馬が10頭出走する豪華な引退レースだった。

第60回(2015年)

ファン投票1位:ゴールドシップ(牡6)8着
優勝馬:ゴールドアクター(牡4)
騎手:吉田隼人
馬も吉田隼人騎手もGI初勝利

第61回(2016年)

ファン投票1位:キタサンブラック(牡4)2着
優勝馬:サトノダイヤモンド(牡3)
騎手:C.ルメール
1・2・3番人気の真っ向勝負。着順も人気通り。

第62回(2017年)

ファン投票1位:キタサンブラック(牡5)1着
優勝馬:キタサンブラック(牡5)
騎手:武豊
引退レースを危なげない勝利で飾り、馬主の北島三郎と場内のファンの「まつり」の大合唱で締めくくった

【平成30年】

第63回(2018年)

ファン投票1位:レイデオロ(牡4)2着
優勝馬:ブラストワンピース(牡3)
騎手:池添 謙一
馬も大竹正博調教師もGI初勝利

【令和元年】

第64回(2019年)

ファン投票1位:アーモンドアイ(牝4)9着
優勝馬:リスグラシュー(牝5)
騎手:D.レーン
宝塚記念との春秋グランプリ制覇は10頭目、牝馬では初めて。

有馬記念の昭和から令和まで全64回の成績を振り返る【昭和編】

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. NFLのメディアルールを解説
  2. フィラデルフィア・イーグルスの2017年 ② 「スーパーボウルへ…
  3. 渋野日向子選手の全英女子オープン優勝をやさしく解説
  4. 桜花賞の歴史を調べてみた
  5. スプリンターズステークスの歴史【1センチの差 フラワーパーク】
  6. 全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】
  7. 1994 アメリカワールドカップでの3つの悲劇
  8. 声優になる方法 ギャラについて調べてみた


新着記事

おすすめ記事

なぜ人間は土や木を食べられないのか?その理由が古代マヤ文明の創世神話にあった!

子供のころ、おままごとで泥や枝きれ、石ころや葉っぱなどを食べ物や料理に見立てたことがあるかと思います…

北条時宗・元寇から日本を救った若き英雄

北条時宗とは北条時宗(ほうじょうときむね)は、鎌倉幕府第8代執権を務めた人物である。若く…

ヘンリー・フォード【ナチズムに大きな影響を与えた自動車王】

自動車王・フォードヘンリー・フォードは、アメリカの自動車会社のビッグ3と呼ばれているうち…

人を窓からブン投げ続けた歴史を持つチェコ「プラハ窓外放出事件」

中欧の一国であるチェコ共和国この国は今でこそ普通の国ですが、かつては「何か問題が起こ…

徳川家光【徳川3代目将軍】―幕藩体制確立を目指して―

ここでは、2代目将軍徳川秀忠の後を継いで、1623年から江戸幕府3代目将軍になった徳川家光に…

アーカイブ

PAGE TOP