ホラースポット

石北峠の通称「バケトン」について調べてみた

「北海道のホラースポット」といえばどこを思い浮かべるだろう。

広大で、いろんな場所が浮かぶかもしれない。通称「Jトンネル」と言われるトンネルを真っ先に思い浮かべた方も多いのではないだろうか? 今回は、地元では有名なスポットをご案内しよう。

石北峠のバケトン
出典 wiki

石北峠という峠がある。旭川市から北見市をつなぐ国道39号線のちょうど真ん中あたりに位置し、シカやキツネなどなら昼間でも見ることができる峠だ。大雪山国立公園内にもあることから、少しなかに入ってしまえばクマとご対面してしまう場所でもある。

標高は1,050mであるが、植生環境から見れば3,000m級の環境となっており走行条件の厳しい峠となっている。峠の頂上部から上川側延長19.2kmは雨量が100mmで通行規制(交通規制)される区間となっており、さらに峠の頂上部から北見側にかけての延長9.9kmと上川側(層雲峡付近)の延長6.9kmは危険が予測される場合に事前に通行規制が行える特殊通行規制区間となっている。

ちなみに、本州に生息するツキノワグマと違い、北海道のヒグマは圧倒的に大きい。

筆者はツキノワグマを初めて見たとき「ヒグマの仔?」とつぶやいたことがあるくらいだ。グリズリーよりは小さいがやはり大きい。北海道で出会いたくない動物№1に君臨するだろう。

件のトンネルはそんな峠の頂上にあった。今ではすぐ横に新トンネルが開通しているが、近寄りたくないオーラを放っている。主要幹線道路で、大型トラックやトレーラーもたくさん通るのに、そのトンネルは小さく、トレーラーを入れたら対向車は入れないというほどの小ささだった。今では片側1車線の大きなトンネルが活躍している。

スポンサーリンク

このトンネルがどのようにして怖いのかを語る前に北海道開拓史を少し話さねばならない。

 

北海道開拓使と屯田兵

屯田兵」という言葉をご存じだろうか。北海道を開拓するために日本各地から集まってきた入植者たちである。

「兵」といいつつも、実は農家の二男坊や三男坊などの、「土地を継げない」者たちである。東北地方はもちろん、九州からも来たというのだから驚きだ。「血も凍る寒さだよ」と親に諭されても、「ここにいれば家族みな飢えるだけだ、なら入植し、開拓して土地を得た方がいい」と答え、海を渡ってきたのである。

屯田兵は家族を連れて、入地前にあらかじめ用意された家「兵屋」と、未開拓の土地とを割り当てられた。兵屋は一戸建てで村ごとに定まった規格で作られた。板壁の柾屋根(薄く割った板で葺いた屋根)の木造建築で、広さは畳敷きの部屋が2部屋、炉を据えた板の間、土間、便所からなり、流し前は板の間あるいは土間におかれた。けして贅沢な間取りではないが、当時の一般庶民の住宅よりは良かったというから驚きである。

もっとも、高温多湿の気候に向いた高床式の日本建築ゆえ、冬季には寒さで非常な苦痛を強いられた。さらに、1901年(明治34年)頃の深川村(現在の深川市)の兵屋では、7, 8月に、室内で、50~60匹のハマダラカ(マラリア原虫を媒介する蚊)を 容易に捕獲できた。つまり、夜間、多数のハマダラカが侵入するような大変不衛生な兵屋であった。

兵村は形式においては一般の村と並ぶものではないが、集団で入って一つの規律に服したので、実際には村の中の独立した村として機能した。兵村には、週番所(1886年(明治18年)に中隊本部と改称)、練兵場、射的場が付属した。兵村は他に広大な共有地も持っていた。見渡す限りの原生林だ。土地だけはあっただろう。

屯田兵の生活規則は厳しかったという記録がある。起床と就業の時間が定められ、村を遠く離れる際には上官への申告を要した。今まで農家だったのに、いきなり軍事訓練を家族も伴って受けるのだ。慣れぬ環境でそのようなことでは戸惑うことも多かっただろう。それでも開拓した彼らに心から感謝と尊敬の意を表したい。軍事訓練と農事のほかに、道路や水路などの開発工事、街路や特定建物の警備、災害救援に携わった。また、国内外の様々な作物を育てる試験農場の役目も兼ねた。平時は徒歩憲兵に編制されるものと規定されていた(屯田兵例則)。昼間は兵隊としての訓練を受け、それ以外の時間を開拓に使っていた。

もちろん、見たこともない巨大なクマも出た。「クマと遭遇したら死んだフリしろ」というのはこのころの北海道で起こった事件での噂であるので、実際にやってはいけない。
そうやって屯田兵として広大な北海道を開拓していくのとは別に、開拓していた者たちがいた。「送られたら死刑も同じ」といわれた現在の網走監獄に収監されていた者たちである。今では博物館として残っている。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 江戸時代以前の東海道について調べてみた
  2. 【ホムンクルスと四大精霊】パラケルススについて調べてみた
  3. ドッペルゲンガーについて調べてみた
  4. ラプラスの悪魔について調べてみた
  5. 厄払いの側面から陰陽師を調べてみた【護符も自分で書ける】
  6. 意外に残念?!京都の名所5選
  7. 千葉を発展させた漁師 について調べてみた
  8. 若くても地方移住は夢じゃない【人気の移住先5選】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP