オカルト

幽霊は自分自身?脳の錯覚か 「人工的に幽霊を作り出す実験」

幽霊とは一般的には「死んだ人」「成仏出来ない魂」といわれている。

今回は幽霊の歴史や、本当に存在するのかについて迫ってみたいと思う。

幽霊の歴史と文化

画像 : 柳女 wiki c

日本において、初めて幽霊が資料に登場するのは平安時代後期の文献である。当時はまだ具体的な姿は描かれていなかった。

後に伝統芸能である「」の中で幽霊が登場する作品が出現し、怪談も語り継がれ始める。浄瑠璃本の挿絵には「足のない幽霊」が出現するものがあることから「幽霊には足がない」という概念はこの頃には存在していたとされている。

江戸時代になると「怪談噺」などが流行し、江戸の絵師達によって水墨画、浮世絵も多く描かれるようになった。

絵師である円山応挙が描く幽霊は、足がなく髪が乱れ、青ざめた顔に白装束を着ており、リアリティーのある姿をしており、この姿が「日本の幽霊」の典型と言われるようになった。

画像 : 円山応挙の幽霊 wiki c

日本で幽霊といえば「柳の木」がイメージされることも多い。

柳の木は昔から「霊の宿る木」と考えられ、宝暦時代の「祇園女御九重錦」などの浄瑠璃にも柳の精霊が女性に化ける話が描かれている。昔は風で揺れた柳の枝に頬を撫でられたりすると「柳の精の仕業」と恐れられた。

柳の霊の姿は江戸時代の奇談集「絵本百物語」に出てくる「柳女(やなぎおんな)」が原型とされる。

他にも「雨月物語」「四谷怪談」など、幽霊が登場する有名な作品が誕生した。

心霊写真は「ある脳の働き」

画像 : エドゥアール・ビュゲーが撮影した、自身と霊が写った写真

最近は写真加工ソフトの普及のせいかめっきり減ったが、「心霊写真」は幽霊の存在を象徴するものとして代表的である。それは写真の中に人の顔のようなものが写っているものだが、これは「ある脳の働き」によるものと考えられる。

脳には生命維持のために、限られた情報から素早く結論を出そうとする重要な働きがある。この働きが存在しないものを間違って検出してしまうのである。

例えば、壁や天井のシミや柄が人の顔に見える時がある。

顔の認識は生きていく上で大変重要で、友好的か非友好的かが素早く判断できないと危険や争いを招きかねない。表情を見分けて素早く判断することは脳にとって大変重要な処理なのである。

表情の判断に優れている人ほど、写真の影などを幽霊だと間違えやすいのである。そのような顔認識や創造的思考は右脳に関連している。

ある実験によると「超常現象的な体験をしている人ほど右脳が優勢を示している」という結果となっている。

また別の話で「幽霊の声を聞いたことがある」というのがあるが、これは「フレイ効果」の可能性があるとされている。

フレイ効果とは、変調マイクロ波によって脳内に直接クリック音、変調音、単語が誘発される感覚現象である。その不可解な音を心霊現象と捉えたのだと考えられる。

人工的に幽霊を作り出す実験

いるはずも無い「何か」が側にいるという感覚を「存在の感覚」という。この感覚を生み出す脳の領域について調べた実験がある。

2014年に発表されたこの実験はスイスの研究者達により行われた。

「存在の感覚」を感じたことがあるという沢山の人たちは、脳の神経障害を患っている人が多かったのである。その患者たちの脳を調べたところ、自己認識・運動・空間的位置の認識を司る部位である、島皮質・前頭頭頂皮質・側頭頭頂皮質の領域で障害があることが確認された。

また研究者達は脳の神経障害がない健常者を被験者としたある実験を行った。

この被験者は目隠しをされ、目の前にある機械式アームロボットに人差し指を繋がれている。被験者がこのロボットを操作すると、被験者の背後にある別のアームロボットも同様に作動する。

この背後のロボットにはスティックが付いていて、直接被験者に触れることが出来る。

イメージ画像 ※twistity.com

被験者が前方のロボットを指で押す動作をすると、後方のロボットも押す動作をし、被験者の背中を押すという仕掛けである。

実験ではロボットが被験者に触れるタイミングを2パターン行った。

最初は、前後で同時に作動させ、被験者に触れるというもの。次は、後方のロボットが前方のロボットより0.5秒遅れて被験者に触れるという内容だ。

結果は、前者の被験者はあたかも自分で自身の背中に触れたように錯覚した。そして後者においては、なんと得体の知れない「何か」に触れられたように感じられ、気味の悪い幽霊のような気配だったという。

この実験では人工的に「存在の感覚」を作り出すことに成功した。それは歪んだ感覚運動信号により引き起こされたものであると考えられ、自身の動作が自身のものでは無く、いるはずの無い「何か」のものと錯覚したのである。

すなわち脳は「確実に自身の動作を理解しているわけではなく、自身の動作を見失ってしまう可能性がある」ということである。

脳はいくつかの身体イメージを持っていて、それらは通常では1つに統合されて身体と意識の統一感が保たれている。しかし脳の神経障害や今回の実験のような錯覚を起こすと、別の身体イメージが現れて自身の身体があたかも他人の身体であるかのように感じてしまうのである。

脳は少しの錯覚で自身の認識が出来なくなり、脳内に存在する「亡霊」を出現させていることがわかった。

しかし、世の中にはどうしても説明の出来ない怪奇現象は数多く存在する。それらもいつか解明される日が来るのであろうか。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 透視能力を持つ超能力者・御船千鶴子 「リング〜貞子の母のモデル」…
  2. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった…
  3. ギガス写本「悪魔に魂を売って書かれた聖書」について調べてみた
  4. かごめかごめについて調べてみた
  5. ラプラスの悪魔について調べてみた
  6. 聖槍「ロンギヌスの槍」の魔力に魅せられた権力者たち 【ナポレオン…
  7. 【ルイ14世も手にした呪われたダイヤ】 ホープダイヤモンドとは…
  8. アドルフ・ヒトラーとオカルティズムについて調べてみた

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

まさに無償の愛…源頼朝の流人時代を支え続けたスポンサーたち【鎌倉殿の13人】

時は平安・永暦元年(1160年)3月11日。平治の乱に敗れ去った父・源義朝(みなもとの よし…

植物学者・牧野富太郎の借金人生 【その額月給の1000倍】~NHK「らんまん」主人公のモデル

偉業を成し遂げる人というのは、大なり小なり変わった人物であることが多い。NHK朝の連続テレビ…

戦国時代の「毒殺」について解説 ~毒殺された噂のある人物たち

戦国時代は、現代のように医師による死亡診断などは当然確立しておらず、死因が不確かな事例が少な…

切り裂きジャックの被害者女性たちと、犯人と疑われた男たち

皆さんは「切り裂きジャック事件」という未解決事件をご存知だろうか?1888年に、イギ…

重力波が見せたブラックホールの成長について調べてみた

強力な重力を持ち、周りのあらゆるものを飲み込む天体「ブラックホール」。その姿を直接見ることは…

アーカイブ

PAGE TOP