歴史

ナポレオンがなぜ強かったのか調べてみた

dd4f94b91

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 – 1821年5月5日)

中世においてナポレオン率いるフランスはその圧倒的な戦争の強さによりヨーロッパの大半を支配下においた。

ナポレオン

 

1811年時点の最大勢力図

  フランス帝国
  衛星国
  同盟国

その戦争の強さは異常なレベルで、記録に残っている戦歴だけでも38勝3敗。勝率はなんと9割超え

ナポレオンが軍事的天才だった事は間違いないがどうしてナポレオン軍はそこまで強かったのだろうか?

具体的に調べてみた。

スポンサードリンク

 

 

  • 軍の質の違い

当時のヨーロッパはの各国の王政は兵士をお金で雇っていた。つまり傭兵である。

金目的の兵士なので士気も低く当然死にたくない。王政側もなるべく兵士を減らしたくなかった。なので兵を減らすような無茶な作戦はなるべく避け、戦略や外交などの駆け引きで戦争をする事が多かった。実際に一人も兵が戦死しない戦争もあったようである。

そんな時にフランスではフランス革命が起き、フランス軍は王政の支配から脱する国民革命軍であった。なので士気がとても高く徴兵制であったのでいくらでも兵士を動員できた。一人一人の士気が高い無尽蔵の大軍というわけである。

つまり兵の質も人数もまるで違ったというわけである。

 

  • 元々の国の土台

フランスは産業革命の初期段階で武器の生産能力がヨーロッパですでに第2位であった。さらには元々フランスは陸軍が強く人口もロシアについで2位。

元々の国の土台も良かったというわけである。

 

  • 国内外問わず民衆に人気

ナポレオンは自由と平等を掲げる革命軍というプロバガンダで戦争を行っていたので、当時王政支配に苦しんでいた民衆から国内外問わず歓迎された。

国の封建制度をナポレオンが打ち破ってくれる事を民衆は願っていたわけである。

有名なところではあの誰もが知る作曲家ベートーヴェン

Beethoven

当時オーストリアのウィーンで暮らしていたベートーヴェンは、ナポレオンに早くウィーンを占領してもらいたいと願うほどナポレオンに心酔しており、「ボナパルト」という交響曲も作ったほどである。

敵地の民衆から好意的であれば食料の現地調達も容易であろうし武器や弾薬も同様である。兵站が素早く軽装で済む事が戦争にどれだけ有利な事かは計り知れない 。

 

  • 優秀な部下たち

ナポレオンばかりに注目が行きがちであるが、部下も相当優秀な人材が集まっていた。もちろん上記における環境があったからこそその能力を発揮できたフシはあるが、代表的な配下達を紹介する。

 

ルイ=ニコラ・ダヴー

(1770~1823)Louis-Nicolas Davout

220px-Louis_nicolas_davout

若ハゲである。

軍事面で「不敗のダヴー」と呼ばれるほど優秀で自軍の倍以上の敵を何度も粉砕。ダヴーが率いた軍はなんと生涯全戦全勝

同じ兵力を率いらせたらナポレオンよりも強かったのではないかと言われるほどである。

若い頃から指揮官として優秀で性格は頑固者。裏切りを図る上官を砲撃したり、逮捕しようと自ら司令部に乗り込んだりしていたらしい。

ライプツィヒの戦いではナポレオンの主力軍が敗北し、ダヴーとその軍団は孤立しつつも一年以上にわたって敵のまっただ中で粘り通す。

彼が開城し、降伏したのはナポレオンの退位のさらに一ヶ月後だったという。

他に行政・管理能力でも優秀であった。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

  1. 今川義元は本当に暗君だったのか調べてみた
  2. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  3. 東京の地名の由来
  4. 日本の正月の習慣の由来について調べてみた
  5. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  6. 言霊を続けるコツについて調べてみた
  7. 騎士について調べてみた
  8. 日本のクリスマスの歴史

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP