安土桃山時代

明智光秀の有能さと戦歴について調べてみた

明智光秀
明智光秀像(本徳寺蔵)

日本史上最大のクーデターと言える本能寺の変で主君織田信長を討った明智光秀

信長同様、誰もが知る戦国武将の一人であるが、そのイメージは裏切り者、良識的で真面目な人間がブチ切れたといった感じである。

あまり良くない印象の光秀であるが、信長配下の武将の中で、極めて優秀な出世頭No.1の武将であった。

どれだけ有能な武将であったかを検証していきたい。

スポンサーリンク

文化、軍事、鉄砲、築城、商業、情報、人脈、全て一流

光秀の前半生は不明であるが、若き日は斎藤道三に師事したと言われている。

織田家に士官した頃には40才を超えていたとされているが、それ以前に既になど教養人としても名高く、鉄砲術部隊戦術築城技術都市開発術なども身につけていたとされる。また足利将軍家や公家、豪商や宗教人など人脈も幅広く、そういった人脈の中でますます様々な技術や教養を高めていったと思われる。

信長に仕える頃には既に十分なバックボーンができていたわけである。

仕えた後も、各合戦での戦術、鉄砲隊の指揮や、坂本城や亀山城などの強固な築城、将軍家や公家との橋渡し、丹波国の平定、その後の見事な治世など優秀っぷりを発揮し続けていた。

 

明智光秀が織田家に士官するまでの流れ

信長に仕えるまでになった流れは少し複雑なのだが、なるべく簡単に表すと

斎藤家の道三・義龍父子の争い → 敗北した道三側だった明智家離散 → 称念寺という時宗の寺でニート →

文武に秀でた奴がいると近隣で評判に → 領主の朝倉家に召し抱えられる → 将軍になりたい足利義昭が自身擁立の為、朝倉家に使者(細川藤孝)を送る →

光秀、足利義昭と接触を持つ → 朝倉義景が全然動かないので足利義昭は信長を頼る事に → 道三つながりで信長と縁のある光秀が細川藤孝と共に織田への使者に →

足利義昭と織田信長、両方に気に入られ両属の家臣となる → 足利義昭と織田信長が対立し、信長の家臣となる

といった流れが通説であるが、これは明智軍記からの説であって、明智軍記は本能寺の変から100年以上経ってから書かれたものであり、史料価値は低いとされる。

ルイス・フロイスの日本史では、明智光秀は細川藤孝に仕える足軽だったという記述がある。それだと光秀はそもそも足利家の末端であり、朝倉家に仕えていたかは少し微妙になってくる。そもそも朝倉家に仕えていたはずの光秀が、いくら足利義昭に頼まれたとはいえ、急に信長への使者となるのは少し不自然である。

そう考えると細川藤孝の配下であったとする方が、ごくごく自然となる。

ルイス・フロイスの日本史が一級史料であるかどうかは議論を催すところだが、現実に信長や光秀にも会っている人物であるし、個人的には外国人からの視点で客観性が強い史料ではないかと思う。

どのみち当時の光秀はかなり身分が低かったので、当時の史料に詳しい記述はなく、朝倉家に仕えた後に細川藤孝に出会い配下になったのかも知れないし、細川藤孝の配下として朝倉家と関係をもったのかもしれないが、上記を踏まえたところで考えてみても、

明智光秀は細川藤孝と共に足利義昭と織田信長の橋渡しをしていた のは間違いなさそうである。

続いて明智光秀の全合戦と勝率と挙げていく 次のページへ

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 姫路城について調べてみた【白さの秘密に迫る】
  2. 【戦国の聖女・明智光秀の娘】細川ガラシャについて調べてみた
  3. 戦国大名としての織田氏(1)
  4. 戦国時代の島津氏
  5. 平家が壇ノ浦で滅びたというのは本当なのか調べてみた
  6. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  7. 江戸時代のお風呂事情について調べてみた
  8. 井伊直政について調べてみた【徳川四天王で最も出世した男】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP