宗教

空海はどれくらい天才だったのか調べてみた

湯川秀樹も認めた天才・弘法大師空海

日本人初のノーベル賞物理学賞で知られる湯川秀樹氏は言う。
空海

 

「長い歴史の中で、空海はもっとも万能的な天才であった」

と。いったい空海はどれほどの天才だったのだろうか。
スポンサードリンク

 

空海の青年期

弘法大師空海は奈良時代後期、宝亀5年(774年)に生まれた。父は佐伯善通、母は玉依御前(玉依姫)。讃岐国の出身であったとされる。

空海の著書「三教指帰」の序文には、15歳で母の兄弟であった人物につき、学問を始めたことが書かれている。

空海

 

18歳で都の大学に遊学し、首に縄を掛け、錐を股に刺すなど、睡魔を防いで、勉学した。

この時代の勉学の内容は漢籍。この頃に培われた漢文の素養は、天才空海の重要な下地となるものであった。

そんな空海はある時、一人の沙門(僧)から「虚空蔵聞持法(こくうぞうもんじほう)」という密教の修法を伝えられる。

 

 

「虚空蔵菩薩の真言(仏界の言語)」を百万回唱えることで「全ての教法を暗記できるほどの記憶力」が得られる。

この修法を実践する空海の前には、虚空蔵菩薩が、光り輝く明星となって現れたという。

 

空海

 

また「御遺告」には、心の中で虚空蔵菩薩を観想したところ、明星が口の中に入ったとも書かれている。

 

空海

 

少なくともこの頃に空海が、強烈な宗教的・神秘的な体験を得たのは間違いないだろう。

カリスマ的仏教者としての弘法大師空海の誕生の瞬間であった。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  2. 菅原道真はなぜ怨霊となったのか調べてみた
  3. 東大寺二月堂はなぜ二月なのか?
  4. 陰陽師 安倍晴明の意外な素顔について調べてみた
  5. 百人一首の謎について調べてみた
  6. 神仏習合について調べてみた【仏教の伝来】
  7. 厄払いの側面から陰陽師を調べてみた【護符も自分で書ける】
  8. 歴史の深淵から目覚めた「死海文書」


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

ベーシックインカム について調べてみた【導入国はある?】

皆さん、ベーシックインカムって知っていますか?ベーシックインカム(basic income)とは…

アルバニアについて調べてみた【国民の半分がねずみ講に加入】

皆さんはねずみ講という言葉を聞いたことはあるのだろうか?ねずみ講というのは簡単に言えば儲けを…

阿部正弘【25才で開国に踏み切った若き老中】

25歳の老中阿部正弘(あべまさひろ)は、25歳の若さで徳川幕府の老中に就任、第12代家慶、第…

アーカイブ

PAGE TOP