宗教

空海はどれくらい天才だったのか調べてみた

湯川秀樹も認めた天才・弘法大師空海

日本人初のノーベル賞物理学賞で知られる湯川秀樹氏は言う。
空海

 

「長い歴史の中で、空海はもっとも万能的な天才であった」

と。いったい空海はどれほどの天才だったのだろうか。
スポンサードリンク

 

空海の青年期

弘法大師空海は奈良時代後期、宝亀5年(774年)に生まれた。父は佐伯善通、母は玉依御前(玉依姫)。讃岐国の出身であったとされる。

空海の著書「三教指帰」の序文には、15歳で母の兄弟であった人物につき、学問を始めたことが書かれている。

空海

 

18歳で都の大学に遊学し、首に縄を掛け、錐を股に刺すなど、睡魔を防いで、勉学した。

この時代の勉学の内容は漢籍。この頃に培われた漢文の素養は、天才空海の重要な下地となるものであった。

そんな空海はある時、一人の沙門(僧)から「虚空蔵聞持法(こくうぞうもんじほう)」という密教の修法を伝えられる。

 

 

「虚空蔵菩薩の真言(仏界の言語)」を百万回唱えることで「全ての教法を暗記できるほどの記憶力」が得られる。

この修法を実践する空海の前には、虚空蔵菩薩が、光り輝く明星となって現れたという。

 

空海

 

また「御遺告」には、心の中で虚空蔵菩薩を観想したところ、明星が口の中に入ったとも書かれている。

 

空海

 

少なくともこの頃に空海が、強烈な宗教的・神秘的な体験を得たのは間違いないだろう。

カリスマ的仏教者としての弘法大師空海の誕生の瞬間であった。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 富士信仰について調べてみた【富士山は誰のもの?】
  2. 巴御前の戦いぶりは伝承どおりだったのか調べてみた
  3. 【畿内の大五芒星】東西の結界について調べてみた
  4. エクソシストの真実【悪魔体験談】
  5. 仏教の広がりと仏陀が悟りを開くまでを調べてみた
  6. ダライ・ラマ14世の活動【チベットから世界へ】
  7. 一之宮 貫前神社に参拝に行ってきた【群馬オススメ観光】
  8. 【ルネサンスの光と影】ボルジア家&メディチ家

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

PAGE TOP