日本史

天皇と人間宣言について解説 【天皇の概念の推移】

天皇とは

天皇と人間宣言について解説

画像 : 天皇旗

海外で暮らしていると、日本の天皇についてよく尋ねられる。

大統領のようなものか?それとも国王のような位置づけか?

天皇の定義については以下の通りである。

「日本国憲法において日本国および日本国民統合に象徴と規定される地位、またはその地位にある個人」

7世紀頃に大王が用いた称号にはじまって、歴史的な権能の変遷を経て現在に至っている。

「天皇」は大和朝廷時代の大王が用いた称号であり、奈良時代から平安時代にかけて政治・祭祀の頂点だったが、摂関政治・院政・武家の台頭により政治的実権を失っていった。

帝国憲法法上は、天皇は「神聖不可侵」であること、国の元首であり、政治権を総攬することが規定された。

神聖不可侵」とは天皇の神格化のことではなく、「不敬行為を許さぬこと、政治上の責任を負わないこと、一般に国法の適応を負わないこと、皇位を廃することは不可能である」という4つの法律的内容を持つとしている。

特に戦後の日本国憲法においては「日本国及び日本の国民統合の象徴」と規定された。

戦時中における天皇崇拝

第二次世界大戦の敗北を受けて、日本人の天皇への概念が変わったといえよう。

二度の大戦において天皇は「現人神」と呼ばれた。

「この世に人間の姿で現れた神」を意味する言葉であり、生きながらも死者と同じ尊厳を持つ。

王政復古の形式をとった明治新政府は、大日本帝国憲法第三条において「天皇ハ神聖ニシテ侵スへカラス」と定め、神格化された天皇を国民統合の精神的中核とする国家体制を形成した。現人神概念は実証主義と切り離された概念論的な概念として扱われたのである。

神聖な存在として、多くの若者が「御国のために」「天皇陛下万歳」といって死んでいったのだ。

第二次世界大戦後の天皇

天皇と人間宣言について解説

画像 : 昭和天皇

第二次世界大戦敗戦後、天皇のいわゆる「人間宣言」によってその神格性が「架空のもの」であると念押し的な意味合いで言及されたため、公の場で「現人神」と言う呼称を用いられることはなくなった。

ただし、これに一部の右翼・保守派、宗教者の一部は疑念を抱き、現在でも天皇を「現人神」として神聖視している者もいる。

人間宣言

人間宣言とは、第二次世界大戦敗北後、連合国占領下の日本で1946年1月1日に発布された昭和天皇の詔書である。

天皇を現御神とするのは架空の概念である」と述べ、自らの神性を否定した。

だが「天皇の先祖が日本神話の神であること」や、歴代天皇の神格は否定しておらず、神話の神や歴代天皇の崇拝のために天皇が行う神聖な儀式を廃止するわけでもなかった。

占領当局は「天皇は他国の元首より優れた存在で、日本人は他の国民より優れている」といった説教を非合法化し、天皇自身で自分の神格を否定させるのが目的だった。

自分を神と主張したことのない昭和天皇は、占領当局の意向に同意したというわけだ。
この詔書は、日本国外では「天皇が神から人間に歴史的な変容を遂げた」と歓迎された。

1977年の記者会見にて昭和天皇は、戦国民主主義は日本に元からある五箇条の御誓文に基づくものであるということを明確にした。

神格の放棄はあくまで二の次で、本来の目的は日本の民主主義が外国から持ち込まれた概念でないことを示すことだった」と述べた。

この人間宣言は三島由紀夫の自決事件など、日本国内で大きな問題を引き起こすこととなった。

天皇と人間宣言について解説

画像 : 演説する三島由紀夫

現代の皇室についての世論

このように、時代によって天皇に対する概念は変わってきた。

世論調査では、皇室に関心がある人や親しみを感じている人は高い割合となった。

平成天皇について言えば、災害が起きれば自らお言葉を述べられ、ご自分で出向かれ、国民と苦楽を共にし、共感するという在り方が、メディアを通して多く取り上げられた。

若者世代にしても、調査に応じた五割が皇室に関心を持っていた。

社会の変化と共に情報を伝えるツールも急速に進歩している。皇室と国民の距離も以前に比べれば身近になったといえるだろう。

天皇皇后の活動や考えが、私たち国民に伝わることで、私たち自身が象徴天皇とは何なのか考えるきっかけになるだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部 新井弘樹

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 暗殺された7人の総理大臣 【安倍元総理は戦後初】
  2. 祭りと神輿の歴史について調べてみた
  3. 首実検は戦国の世でどのように行われていたのか? 「首の表情で占い…
  4. 神功皇后 〜日本神話の中でも指折りの女傑【住吉大社祭神】
  5. 戦国の陣形 「日本の戦で実は全然使われてなかった」
  6. 日本人と桜の歴史について調べてみた
  7. 本当は長いんです。昔の日本人のフルネーム【名前の由来】
  8. 天照大御神(あまてらすおおみかみ)について調べてみた【天岩戸隠れ…


新着記事

おすすめ記事

地球温暖化について調べてみた

地球温暖化 とは?まず、地球温暖化とは何だろうか。「地球の気温が上昇すること」というのは、確…

もう我慢の限界【漫画~キヒロの青春】㉝

そういえば、一応毎週日曜日に更新するようにしています。今日は月曜ですが・…

二刀流で一騎討ち!『平家物語』が伝える「死神」源行家の意外な武勇伝【鎌倉殿の13人】

以仁王(もちひとおう)の令旨を各地の源氏残党に届けて回り、平家打倒の狼煙を上げる大きな役割を担った源…

コリトサウルスの貴重な発見【ミイラ化石からスターダムへ】

ミイラ化石からスターダムへ20世紀の終わり頃から恐竜の化石から羽毛があった証拠や羽毛の跡…

ビールの歴史 「美味しいビールは産業革命の賜物」

広い会場に多くの屋台が並んで、青空の下で本場ドイツのビールを味わう。こうした「オクトーバーフ…

アーカイブ

PAGE TOP