調べてみた

人気記事

  1. 刑務所の食事は本当においしいのか?【実体験】
    日本全国には、なんと70数か所の刑務所があるそうです。 それらには女子、少年、医療、交通、社会復帰促進センター(民間組織)なるものも含まれます。 ご飯が美味しい大井造船作業場 その中で、私が収監されたのはたった6刑務所ですが、メシのう...

  2. 世界最大の銀行一家「ロスチャイルド家」の歴史と総資産
    世界三大財閥として、「ロックフェラー家」「ロスチャイルド家」「モルガン家」が有名である。 この中で世界の金融を握り、長い歴史を持った家系がロスチャイルド家である。 ロスチャイルド家は、何故ここまで世界中に力を及ばせる事が出来たのだろ...

  3. 世界最強の戦闘民族、スパルタ人について解説 「過酷すぎる訓練」
    世界には多くの民族が存在する。 その中でも特に戦争や戦いの中にアイデンティティを持っている民族がいくつか存在した。 古代ギリシアのスパルタ人、ヨーロッパの北方民族ヴァイキング、ネパールのグルカ兵、オセアニアのマオリ族などが有名で...

  4. 言霊が本当に効くか調べてみた
    言霊 言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学と...

  5. カネなし!コネなし!未経験から始めた尊皇攘夷「真忠組」の理想と現実
    時は幕末(江戸時代末期)。朝廷に権力を取り戻し、日本の植民地支配をたくらむ欧米列強の野望を阻止する尊皇攘夷(そんのうじょうい)の機運が沸き起こりました。 志士たちの思いは次第にエスカレートし、もはや「これ以上、徳川幕府に政権を任せてお...

  6. 歴史上、有名な花魁たち(高尾太夫、勝山、小紫太夫、榊原高尾)
    花魁とは 花魁(おいらん)とは、吉原遊郭の遊女の中でも位の高い者のことを指す言葉である。 吉原とは江戸時代、幕府によって公認されていた遊郭の一つで、当初は江戸日本橋(現在の日本橋人形町)にあったものの、火災によって浅草寺の裏...

  7. ヨーロッパの残酷な処刑や拷問方法 【ギロチン、ファラリスの雄牛、スカフィズム 他】
    歴史には残酷な面が多くある。 世界では信じられないような拷問、処刑方法が存在し、本当に人間がこんなことを考え付くのかと思える方法まで存在している。 今回は主にヨーロッパで行われた、拷問や処刑方法を解説する。 ヨーロッパの拷問や...

  8. 始皇帝と秦王朝の中国統一までについて調べてみた
    紀元前221年、始皇帝は「秦(しん)」の王となってから、わずか26年で中国全土を統一した。中国初の統一国家である秦。 しかし、その実態は長らく謎に包まれていた。20世紀最大の考古学的発見といわれる「兵馬俑(へいばよう)」では、等身大の...

  9. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】
    結論から言ってしまおう。 「太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だった」と。 ほとんどの読者が「何を言っているんだ?」「オカルトか?」などと疑うはずである。中には私の正気を疑う人もいるかもしれない。 だから、...

  10. まさに戦国無双!武田信玄・上杉謙信を超えると絶賛された「乞食大名」鮭延秀綱の武勇
    日本には20数万とも言われる姓(苗字)があり、その中には強烈なインパクトを植えつけるユニークなものも少なくありません。 今回は出羽国(現:秋田県と山形県)を中心に活躍した戦国武将・鮭延秀綱(さけのべ ひでつな)を紹介。何だか美味しそう...

  11. 世界有数の資産家 「ロックフェラー家」の資産と歴史
    世界には、私たちには想像もつかないほどのお金持ちが存在する。 その中で世界の三大財閥と呼ばれているのが 「ロックフェラー家」 「ロスチャイルド家」 「モルガン家」 である。 この中で、ロックフェラー家はなんと一代で巨万の富...

  12. 「中世ヨーロッパ、貴族の食事、農民の食事」を調べてみた
    中世ヨーロッパは貴族と農民の間には食事の内容や作法は極端に区別されていました。 主食 今でこそ欧米社会での主食は肉とされますが、農作業従事者が増え、領土内の食肉に税をかけられるようになってからは、その栄養を賄うために貴族農民とも...

  13. 世界で最も読まれた本 ベスト5
    世界中で、沢山の本が今までに出版されてきた。 その中でも最も世界中の人たちに読まれている本は何なのか? 今回は『世界で売れた本トップ5』を紹介する。 1.『聖書』 世界で最も読まれているのは、キリスト教の聖典である聖...

  14. 古代ローマのファッションについて調べてみた
    古代ローマは、時代ごとに国の形態が変わっている。 紀元前509年〜紀元前27年は共和制国家、紀元前27年〜307年を帝政ローマ、307年からは東西に分裂後に東ローマ帝国(ビザンツ帝国)になっており、古代ローマと言えども時代によ...

  15. 人類を震撼させる最強の悪魔軍団 「七大悪魔」
    天使達に階級や役割がある様に、悪魔達にも個々の任務がある。 彼らは宇宙的次元の企みから個人的なトラブルまで「多岐」に渡って「悪」を働いている。虎視眈々と、こうしている今でも「この世」を我がものにしようとしているかもしれない。人...

  16. 二条城会見について解説「家康が驚異に感じた豊臣秀頼の才」
    家康の悩み 天下分け目の戦いと言われた「関ヶ原の戦い」に勝利した徳川家康は、それで天下を取ったイメージがあるが、実は「関ヶ原の戦い」は豊臣恩顧の大名たちの武断派と文治派の争いという側面が強い。 家康は五奉行筆頭であった石田三...

  17. ナイチンゲールの真の功績 について調べてみた【統計学の先駆者】
    裕福な家庭に育ち、高い水準の教育を受けた天才少女は、やがて「白衣の天使」と呼ばれるようになった。彼女が後世に残したものはとても多く、「天使」のイメージだけが知られているが、実際は彼女の性格ではなく、傷病者の看護に捧げたその人生こそが「天使の...

  18. デュ・バリー夫人 「ギロチン台で泣き叫んだルイ15世の愛人」
    デュ・バリー夫人(Madame du Barry:1743~1793)は、フランス革命前に君臨した太陽王・ルイ15世の公妾である。 本名はマリー=ジャンヌ・べキュー。 貧しい平民の家庭に私生児として生まれたが、その美貌と...

  19. 古代ローマ人の娯楽 コロッセオで行われていた残虐な催し
    コロッセオは、イタリアローマの観光地としても有名であり世界遺産である。 ここは古代ローマ時代、民衆の娯楽であった。 だが、現在の人々の感覚ではとても娯楽とは思えないような、とんでもない催し物が行われていたようである。 古代...

  20. 【王国・帝国・公国】国の呼び方の違いの意味を調べてみた
    西洋史を学ぶ上で日本人にとってネックとなるのが「政治体制」、つまり「王国」「帝国」「公国」といった国の呼び方といっていい。 日本の場合は平安時代の後半に、天皇が皇位を後継者に譲り上皇となり、政務を行う「院政」が主流となっていたが、鎌倉...

  21. 北条義時とは 〜北条得宗家を作った「鎌倉殿の13人」の覇者
    北条義時とは 2022年の大河ドラマが「鎌倉殿の13人」になり鎌倉幕府2代目執権、北条義時(ほうじょうよしとき)の生涯について描かれることになった。 源頼朝と出会い父と共に平氏打倒に立ち上がり、鎌倉幕府を立ち上げてからも13人の権力...

  22. 精神科と心療内科の違いとは? 入院形態や支援制度について解説
    コロナ禍のいま、テレビなどで「コロナうつ」と言う言葉を耳にする機会が増えてきました。 ・新型コロナウイルス感染拡大による自粛生活の継続 ・自身・家族が新型コロナウイルスに感染しないかと不安感に駆られる ・経済の悪化により、仕事が上...

  23. 文句があるなら黙って殺せ!幕末の「四大人斬り」河上彦斎かく語りき
    「文句があるなら、陰で愚痴ってないで当人に直接言えばいいのに……」 世の中、そう思うことは少なくありませんが、その後のこと(つき合いとか色々)も考えると、なかなか言えない(言わない)のが大人と言うもの。 だから表面上はそれなりに...

  24. 刑務所では本当にタバコが吸えるのか?
    基本どこも吸えない 以前、刑務所でタバコが吸えるようにする法律ができそうになりましたが、ある国会議員の反対で却下されたそうです。 現在タバコが許可になっている刑務所は日本には一つもありません。 警察の留置場でさえ今は吸えなくなりまし...

  25. 明治・大正時代の洋菓子について調べてみた
    明治から大正時代というのは、伝統的な日本の文化の中に、西洋の文化が流れ込み、新たな文化が多数生まれた時代だった。 着物姿の人もいれば、ドレスを着た貴婦人スタイルの人もいて、街はまさにカオス状態。 そんな時代に、多数の洋菓子が西洋から伝わり、...

  26. 中世フランスに実在した謎の「鉄仮面の男」の正体
    鉄仮面は、アレクサンドル・デュマ原作の小説「三銃士」の続編にも登場する不思議な人物ですが、ルイ14世の時代のバスチーユ監獄に収監されていた実在の囚人です。 ルイ14世の双子の兄説、二重スパイ説、色々あり長い間歴史家や小説家の想...

  27. 中国統一後の始皇帝と秦王朝の滅亡までについて調べてみた
    今から2,200年前、七つの国が覇を競う中国を初めて統一した人物が現れた。 秦の始皇帝である。 史上初めて「皇帝」を名乗り、今にいたる巨大国家「中国」の礎を築いた始皇帝。しかし、その権勢の絶頂期には早くも崩壊の足音が忍び寄ってい...

  28. どんだけ横着者なんだ…『御伽草子』に登場する「ものくさ太郎」のサクセスストーリーを紹介
    「まったく、ものぐさなヤツめ」 今どきあまり使わないでしょうか、何事も面倒がる者を「ものぐさ」と言いますが、今も昔もこういう手合いは絶えなかったようで、鎌倉時代から江戸時代にかけて面白い説話を集めた『御伽草子(おとぎぞうし)』にも、そ...

  29. ロボトミー手術はなぜ行われたのか?「禁じられた脳治療」
    ロボトミー手術とは、頭の両側に穴をあけメスをいれる外科手術のことであり、その目的は脳の前頭葉をいじることで言語や記憶能力を回復させることである。 ロボトミー手術が初めて人間に行われたのは1936年、対象は63歳の鬱病患者だった...

  30. 宝塚記念の歴史「淀に咲き、淀に散る」ライスシャワー
    宝塚記念(3歳以上オープン 国際・指定 定量 2200m芝・右)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で毎年6月末に施行する重賞競走(GⅠ)である。年末に中山競馬場で行なわれる有馬記念と同じくファン投票で選出された馬が出走し「春のGⅠシリ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 戦国時代の古戦場が身近な場所に!古い地名に秘められた歴史のロマン…
  2. 桜の花は日本の心…日本原産の桜10種類を紹介!
  3. 世界と男を翻弄したクレオパトラの真の素顔について調べてみた
  4. 言霊が本当に効くか調べてみた
  5. 戦国時代の人口について調べてみた
  6. パクチーの育て方 「手軽で簡単、ビタミンも豊富」
  7. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  8. 今川義元は本当に暗君だったのか調べてみた


新着記事

おすすめ記事

デュ・バリー夫人 「ギロチン台で泣き叫んだルイ15世の愛人」

デュ・バリー夫人(Madame du Barry:1743~1793)は、フランス革命前に君…

安政の大獄について調べてみた【斉彬と西郷の別れ】

島津斉彬(なりあきら)の薫陶を受けて西郷隆盛は成長した。その斉彬の命を受け国事に奔走する西郷。し…

細川忠興 「天下一気が短いと言われたイケメン武将」と美人妻ガラシャ(光秀娘)

細川忠興とは細川忠興(ほそかわ ただおき)は足利将軍家に仕えた細川藤孝の息子で、織田信長…

ヨーロッパで最も危険な男・オットー・スコルツェニー

ヨーロッパで最も危険な男オットー・スコルツェニー(1908年生〜1975年没)は、第二次世界…

中央競馬での歴代三冠馬を一覧にしてみた

「三冠」は3歳クラシックレースだけ中央競馬で「三冠」といえば皐月賞・日本ダービー・菊花賞のことを…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP