調べてみた

人気記事

  1. 昭和天皇に「なぜ切腹しないのか?」と尋ねたマッカーサー
    第2次世界大戦後、日本は無条件降伏し、マッカーサーが昭和天皇に尋ねた。 「なぜ切腹しないのか?」 この質問に昭和天皇が答えた一言とは? 日本無条件投降 1945年8月15日、2度に渡り核爆弾を投下され、多くの死者を出した日本...

  2. 【戦国時代】 合戦終了後の遺体はどう処理していたのか?
    日本史において戦国時代は大変人気のある時代である。 日本各地で大名たちが戦を繰り広げ、今も語り継がれる歴史に残る大きな合戦も数多くある。 戦においては、勝者でも敗者でも必ず多数の死傷者が出る。 日本史において最大の...

  3. 【影の太閤】 豊臣秀長の死と、秀長にまつわる5つの逸話
    今回は前編に続いて後編である。 着々と天下人への階段を登っていく秀吉、それを支えた秀長だったが、秀長は翌天正14年(1586年)頃から体調が崩れやすくなり、何度も湯治をしていたという記述が残っている。 この頃、秀吉の徳川...

  4. 戊辰戦争で「賊軍」と呼ばれた男たちのその後 【前編】
    戊辰戦争と賊軍 今から約150年前の明治元年から明治2年まで、王政復古を経て新政府を樹立した薩摩・長州・土佐藩らを中核とした新政府軍と、旧幕府軍・奥羽越列藩同盟・蝦夷共和国(旧幕府陸軍・海軍)が戦った日本最大の内戦である「戊辰戦争(ぼしん...

  5. 【暗殺に次ぐ暗殺で権力を得た腹黒親子】 北条時政と義時 ~後編
    時政の闘争の顛末 北条時政は、三代将軍・実朝の執権として幕府の実権を握った。 しかしここまでの経緯は、暗殺に次ぐ暗殺である。 まずは2代将軍・頼家が重用したライバル比企氏を義時らに襲撃させて滅亡させた。そしてひ孫・一幡...

  6. 吉原で最も有名な遊女「高尾太夫」と「16人の遊女たちの集団放火事件」
    今回は前編に続いて後編である。 吉原はただの遊郭ではなく、四季折々のイベントが目白押しで文化の発信地であり、江戸で唯一無二の異世界空間だった。 今回はそんな吉原の主人公である遊女たちのエピソードである。 太夫と花魁について ...

  7. 「人斬り半次郎」と呼ばれた 桐野利秋の実像
    薬丸自顕流の遣い手 桐野利秋(きりのとしあき)は幕末の薩摩藩の武士であり、明治維新後は新政陸軍の少将まで務めた軍人です。 西郷隆盛が征韓論を巡って政府を去ると桐野もこれに従って下野し、後に共に西南戦争を戦って志半ばで倒れると...

  8. 戊辰戦争で「賊軍」と呼ばれた男たちのその後 【後編】
    今回は前編に続いて後編である。 戊辰戦争で敗れ、「朝敵、賊軍」となってしまった旧幕府軍たち。 彼らは土地を没収され故郷を追われ、過酷な環境の中で生き抜いていた。 ある庄内藩士たちのその後 幕末の庄内藩は、譜代大名・酒...

  9. 【日本史上最期にして最大の内戦】 西南戦争・田原坂、吉次峠の戦い
    映画ラストサムライの世界観 西南戦争は、明治10年(1877年)の2月19日から9月24日までの凡そ7ケ月間に渡って行われた、日本史上最期にして最大の内戦でした。 征韓論を巡る政争から政府を退き鹿児島に帰郷していた西郷隆盛を...

  10. 日本の夏は昔と比べてどれくらい暑くなったのか? 【1875年以降の気温をグラフ化してみた】
    近年温暖化が進んでいると言われています。 それが本当かどうかはともかく、最近の日本の夏は「異常な暑さ」だと体感的には感じます。 ネットやSNS上でも昔はもっと涼しかったとか、1980年代くらいまではエアコンなしでも平気だ...

  11. 二・二六事件とはどのような事件だったのか? 【元総理暗殺事件】
    1936年(昭和11年)2月26日未明、降り積もった雪を踏みしめながら、約1400名の陸軍の青年将校らが東京市の街を駆け抜けた。 二・二六事件(にいにいろくじけん)は動き出す。 しかし、事件の名は知っていても何が起こり、なぜ起き...

  12. 江戸時代の変わった殿様たち 「温水プールを作った、ブリ好きが原因で自害、7度も強制引っ越し」
    今回も前編に引き続き、江戸時代の殿様の暮らしと、変わった殿様たちについて解説する。 殿様の1日 老中など幕府の要職についていない大名たちは、江戸城に登城して将軍に拝謁し、儀式に参列することが公務であり義務であった。 江戸城...

  13. 刑務所の食事は本当においしいのか?【実体験】
    日本全国には、なんと70数か所の刑務所があるそうです。 それらには女子、少年、医療、交通、社会復帰促進センター(民間組織)なるものも含まれます。 ご飯が美味しい大井造船作業場 その中で、私が収監されたのはたった6刑務所ですが、メシのう...

  14. 生涯、たった一人の妻しか持たなかった皇帝
    皇帝を取り巻く女性たち 中国5000年。それぞれの王朝の歴史は、夏から始まり清朝で幕を閉じる。 全部で67の王朝が興っては滅亡し、次の王朝へと継承された。 そしてそれぞれの王朝で446名の皇帝が立てられた。 多くのド...

  15. 日蓮宗の僧侶が起こしたテロ・血盟団事件 【一人一殺 ~名前がなかった暗殺組織】
    名前がなかった暗殺組織 血盟団事件(けつめいだんじけん)は、日蓮宗の僧侶であった井上日召が引き起こした昭和のテロ事件です。 井上の暴力による国家の改造計画に基づいて2名の人物が殺害された事件ですが、実行犯となった組織には名称...

  16. 石川数正はなぜ家康を裏切ったのか? 【5つの説】 後編
    秀吉の台頭 「本能寺の変」の後、明智光秀を「山崎の戦い」で破った羽柴秀吉が、織田家の中で急速にその力を増していった。 織田家筆頭家老の柴田勝家との「賤ヶ岳の戦い」に勝利し、勝家を自害に追い込んだ秀吉は、着実に天下統一に向けて...

  17. 徳川秀忠は駄目な二代目だったのか? 後編 「家康死後、豹変した秀忠がやったこと」
    二代将軍に就任 慶長8年(1603年)2月、家康は征夷大将軍に就任し、江戸に幕府を開いた。 そのわずか2年後の慶長10年(1605年)4月、27歳になっていた秀忠が家康に代わって二代将軍に就任した。 この将軍交代は豊臣...

  18. 楊貴妃は本当に美人だったのか? 【ワキガが酷い体質だった】
    名君も堕ちる「傾国の美女」 楊貴妃は、中国唐代の皇妃。しがない下級役人の娘だったところ、その美貌で時の皇帝を魅了し、寵妃の座にまで上り詰めました。 皇帝の後宮には約三千人もの美姫がいたと言われます。 美女三千人の頂点に...

  19. 【影の太閤】 秀吉の弟・豊臣秀長 「長生きしていれば豊臣家の天下は安泰だった」
    豊臣秀長とは 豊臣秀吉は、たった一代で農民から関白・太閤へと、群雄割拠の戦国時代を勝ち上がり天下人となった。 その秀吉の弟であり、天下人秀吉の右腕として「影の太閤」とまで呼ばれた人物が豊臣秀長(とよとみひでなが)である。 ...

  20. 【暗殺に次ぐ暗殺で権力を得た腹黒親子】 北条時政と義時 ~前編
    北条義時とは 日本初の武家政権・鎌倉幕府は、源氏の棟梁で初代将軍・源頼朝によって開かれ、頼朝(将軍)のことを御家人たちは「鎌倉殿(かまくらどの)」と呼んだ。 頼朝の死後、鎌倉殿は二代将軍・頼家、三代将軍・実朝へとつながってい...

  21. 首実検は戦国の世でどのように行われていたのか? 「首の表情で占いもしていた」
    首実検(くびじっけん)とは、昔の日本の戦において武士が討ち取った敵の首級を持ち帰り、その身元を大将が確認し、論功行賞の判定材料にするために行われた作業である。 今ではとても残酷で考えられないことだが、当時は敵の首級をあげて首実...

  22. 吉原遊郭の歴史と仕組み 「江戸の異世界空間だった」
    吉原遊郭とは 吉原遊郭とは、江戸幕府によって公認された唯一の遊郭であり、始めは日本橋近くにあったが、明暦の大火後に浅草寺裏の日本堤に移転した。 その妖艶な世界は映画やアニメの舞台となり注目されているが、実は吉原は男性だけの夜...

  23. 竹橋事件 【55名が処刑されたが隠蔽された陸軍の反乱事件】
    西南戦争直後の反乱 竹橋事件 竹橋事件 は西南戦争の翌年、明治11年(1878年)の8月に起こった大日本帝国陸軍の近衛兵による反乱事件です。 陸軍における最初の反乱事件でしたが、皇居を守る立場にあった近衛砲兵大隊の竹橋部隊が...

  24. ガーシーchが突然復活 【新YouTubeチャンネル名は NeroGris】
    31日、ガーシーこと(東谷義和)氏(50)のYouTubeチャンネルが突然復活した。 チャンネル名は「NeroGris」 ガーシー氏は31日、箕輪厚介氏(36)のYouTubeチャンネル「箕輪厚介の部屋」の生配信にゲスト...

  25. 人違いで藩主を殺した刃傷事件 「板倉勝該事件」 ~後編
    今回は前編に引き続き後編である。 旗本・板倉勝該(いたくらかつかね)は、兄の遺領6,000石を相続したが日頃から凶病の気があり、家を治めていけるような状態ではなかった。 そのため、板倉本家の当主である陸奥国泉藩2代藩主・板倉勝清...

  26. ハプスブルク家の歴史と特徴的すぎる遺伝子 【ワシ鼻、受け口】
    中世から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパで強い勢力を誇ったハプスブルク家。 現在のオーストリア、スペイン、ドイツなどの広大な土地を統治し、新大陸にも勢力をのばし「日の沈まぬ帝国」と言われた。 さらには神聖ローマ帝国の皇帝...

  27. 【かつて信者数30万人を獲得した新興宗教】 大本と出口王仁三郎
    オウム真理教と大本 オウム真理教は1990年代の日本で数々の事件を引き起こし、最終的には地下鉄サリン事件などのテロ行為に及んだカルト集団でした。 教祖・麻原彰晃(本名・松本智津夫)を始め、各凶悪事件の実行犯らに対する死刑が2018年...

  28. 江戸時代の殿様の暮らしとは 「女遊びで参勤交代に遅れて重臣が切腹」
    一風変わった殿様たち 慶長8年(1603年)2月12日、戦国の世に終止符を打った徳川家康(とくがわいえやす)が江戸に幕府を開き、その後、江戸時代は約260年間も続いた。 その中には藩主と呼ばれた人物(殿様・大名)が3,500人以上は...

  29. 日本の最南端は「沖縄」ではなく「東京」だった
    「日本で最南端の都道府県は?」と聞かれれば、誰しもが「沖縄」と答えるだろう。 それくらい沖縄は日本最南端というイメージが強い。 だが実は、日本最南端の都道府県は沖縄ではなく「東京」だったのである。 沖ノ鳥島(おきのとり...

  30. 「外国人から見た戦国時代の日本」 フランスシスコ・ザビエル編
    今からおよそ480年前の天文12年(1543年)8月25日、種子島に漂着したポルトガル人が日本に鉄砲が伝えた。 それから6年後の天文16年(1549年)8月、薩摩に再びヨーロッパ人が上陸した。 このヨーロッパ人こそ、日本に初...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部 新井弘樹

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 世界と男を翻弄したクレオパトラの真の素顔について調べてみた
  2. 居合の達人・片山久安 【実戦向きの居合術、片山伯耆流の祖】
  3. 日本の正月の習慣の由来について調べてみた
  4. 東京の地名の由来
  5. 始皇帝の息子と妃の生前の顔がAIで復元される
  6. 家畜の歴史 「犬、猫、馬、牛、豚~他」いつから飼われるようになっ…
  7. 平成元年(1989)の出来事「この年歴史はいろいろ変わった」前編…
  8. 「読書教育」は童話の王国デンマークから伝わった【マッチ売りの少女…


新着記事

おすすめ記事

母里友信 〜家康から名前を間違えられた猛将

家康から名前を間違えられた男母里友信(もりとものぶ)は、黒田孝高(官兵衛)・長政の父子に…

千日回峰行の過酷さと歴代満行者について調べてみた【比叡山延暦寺】

比叡山延暦寺【命がけの千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)】京都の東側に連なる東山三十六…

昔と今の大阪城 【豊臣期の大坂城はその姿を消した】

「太閤はんのお城」と呼ばれ大阪市民に親しまれている大阪城は、まさに大阪のシンボルでもある。徳…

山内一豊 〜「内助の功」でも知られる遅咲きの強運な武将

「内助の功」と強運山内一豊(やまうちかつとよ)は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康に仕えた武将で、…

「下克上した大名のその後」について調べてみた

戦国時代で一番魅力的なのは、農民や商人から下剋上などで一国の大名に成り上がった人物がいたことだと思う…

アーカイブ

PAGE TOP