調べてみた

人気記事

  1. 日本のリニアモーターカーはなぜ開通に時間がかかるのか?

    日本のリニアモーターカーはなぜ開通に時間がかかるのか?
    2027年の開業を目標として開発が進むリニアモーターカーですが、近年では中国などでも一足先に「リニア開通」のニュースが世界を駆け巡りました。 日本では「中央新幹線」の名称で、まず品川~名古屋間の開通を目指し、2037年までには名古屋~...

  2. 実体験【100円ショップのオススメ】ひんやり冷感グッズ6選

    実体験【100円ショップのオススメ】ひんやり冷感グッズ6選
    いよいよ夏が近づくと男女関係なく汗には気をつかうし、暑さ対策やUV対策もしないといけません。 そこで、今回は100円ショップ大手の「DAISO」さんで取り扱っている商品の中から、暑さ対策用グッズを実際に買って試してみました。 ちなみに試...

  3. 清少納言と紫式部 は仲が悪かったというのは本当なのか?

    清少納言と紫式部 は仲が悪かったというのは本当なのか?
    「枕草子」を書いた清少納言と、「源氏物語」を書いた紫式部は、お互い仲が悪かったという話をどこかで聞いたことがあるような気がするのですが、それは本当でしょうか。調べてみました。 スポンサードリンク 清少納言と紫式部 の仕え...

  4. 始皇帝と秦王朝の中国統一までについて調べてみた

    始皇帝と秦王朝の中国統一までについて調べてみた
    紀元前221年、始皇帝は「秦(しん)」の王となってから、わずか26年で中国全土を統一した。中国初の統一国家である秦。 しかし、その実態は長らく謎に包まれていた。20世紀最大の考古学的発見といわれる「兵馬俑(へいばよう)」では、等身大の...

  5. 伊勢神宮と出雲大社 どちらが格上なのか調べてみた

    伊勢神宮と出雲大社 どちらが格上なのか調べてみた
    「無宗教だから」といいつつ、神社を訪れる日本人は多い。 観光はもちろんだが、初詣、帯祝い(戌の日参り)、七五三、それに色々な祈願。普段、神社とは距離がある人でも何かしらの形で接点はあるものだ。 そして、日本人なら多くが「特別な神...

  6. デパートメントHについて調べてみた

    デパートメントHについて調べてみた
    東京には知られざるアンダーグラウンドな物事が数多くあります。 変◯さん、自己表現したい皆さん、なんだか生きづらいみなさん、大丈夫です。東京の器の広さは桁違いです。 デパートメントH って? す。 東京に住んでいる人ならわかると思いま...

  7. 古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

    古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】
    結論から言ってしまおう。 「太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だった」と。 ほとんどの読者が「何を言っているんだ?」「オカルトか?」などと疑うはずである。中には私の正気を疑う人もいるかもしれない。 だから、タイトルにありの...

  8. 言霊が本当に効くか調べてみた

    言霊が本当に効くか調べてみた
    言霊 言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学と...

  9. 【吉野家・松屋・すき家】三大チェーンの牛丼を食べ比べてみた

    【吉野家・松屋・すき家】三大チェーンの牛丼を食べ比べてみた
    私がサラリーマンだったときには、ランチを牛丼で済ませることが多かった。 今でも急にあの味が恋しくなってふらりと寄るが、女性客や家族連れが多くなったものだ。今でこそ安くて手軽な食事は多いが、牛丼というと吉野家しかなかった頃は、格段に安く食べ...

  10. 【王国・帝国・公国】国の呼び方の違いの意味を調べてみた

    【王国・帝国・公国】国の呼び方の違いの意味を調べてみた
    西洋史を学ぶ上で日本人にとってネックとなるのが「政治体制」、つまり「王国」「帝国」「公国」といった国の呼び方といっていい。 日本の場合は平安時代の後半に、天皇が皇位を後継者に譲り上皇となり、政務を行う「院政」が主流となっていたが、鎌倉、室...

  11. ルイボスティーの効能について調べてみた【疲れがとれる不思議なお茶】

    ルイボスティーの効能について調べてみた【疲れがとれる不思議なお茶】
    紅茶を飲むとき、あなたは何を大切にしますか。 温かさ。 フレーバー。 茶葉のグレード。 紅茶好きには、いいえ、紅茶を飲む人なら何かしらのこだわりがあるでしょう。そして、そのこだわりを可能にしたのが、様々なブランドと茶葉の種類です。しかし...

  12. お寿司の歴史について調べてみた

    お寿司の歴史について調べてみた
    お寿司の歴史 について調べてみた   寿司とは米飯と魚介類を組み合わせて作る日本料理であり、現代では多くのお寿司屋さんが町中にあふれています。 最近では和食が世界遺産になった影響からか海外にも多くの店舗があり、外国人の中でも...

  13. 戦国時代の女性の生活について調べてみた

    戦国時代の女性の生活について調べてみた
    はじめに 男女平等と叫ばれて久しい現代社会ですが、徐々に各方面において女性が社会進出してきています。 世界各国を見渡しても女性の大統領が多く誕生しており、日本でも女性の総理大臣が誕生する日も近いかもしれません。 一説には、1990年代...

  14. なぜ歴史を勉強するのか調べてみた

    なぜ歴史を勉強するのか調べてみた
    はじめに 私には年の離れた妹がいて、よく学校の勉強を教えていたのですが、理系のせいか歴史がとにかく苦手でした。毎回言われるのが 「歴史勉強して将来何になるの?」 「流れを勉強せずにただ覚えればいいだけじゃないの?  なんで背景とか...

  15. ナポレオンがなぜ強かったのか調べてみた

    ナポレオンがなぜ強かったのか調べてみた
    ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日) 中世においてナポレオン率いるフランスはその圧倒的な戦争の強さによりヨーロッパの大半を支配下においた。 &n...

  16. ナポレオンがなぜワーテルローの戦いで敗れたのか調べてみた

    ナポレオンがなぜワーテルローの戦いで敗れたのか調べてみた
    ※皇帝時代のナポレオン 一度は皇帝の座を追われながらも、民衆の支持により再び皇帝に返り咲いた英雄ナポレオン。しかし、天才の名を欲しいままにした彼は、戦場に戻ると全盛期の才能を活かすことができずに終わってしまった。 多くの戦いに勝利し...

  17. インドカレー店がなぜ多いのか調べてみた【法務省も関与していた!?】

    インドカレー店がなぜ多いのか調べてみた【法務省も関与していた!?】
    ここしばらく謎だったのが、外国人が経営するインドカレー店が増えてきたことだ。 最初は都内の駅から離れた場所にこっそりオープンしていたが、徐々に郊外でも増え始め、今では地方の駅の近くにも堂々と店を構えている。 しかも、近い立地に複数オープ...

  18. ナイチンゲールの真の功績 について調べてみた【統計学の先駆者】

    ナイチンゲールの真の功績 について調べてみた【統計学の先駆者】
    裕福な家庭に育ち、高い水準の教育を受けた天才少女は、やがて「白衣の天使」と呼ばれるようになった。彼女が後世に残したものはとても多く、「天使」のイメージだけが知られているが、実際は彼女の性格ではなく、傷病者の看護に捧げたその人生こそが「天使の...

  19. 刑務所の食事は本当においしいのか?【実体験】

    刑務所の食事は本当においしいのか?【実体験】
    日本全国には、なんと70数か所の刑務所があるそうです。 それらには女子、少年、医療、交通、社会復帰促進センター(民間組織)なるものも含まれます。 ご飯が美味しい大井造船作業場 その中で、私が収監されたのはたった6刑務所ですが、メシのうま...

  20. 台湾料理店がなぜ急増しているのか調べてみた

    台湾料理店がなぜ急増しているのか調べてみた
    最近、台湾料理店が多い。私の住まいは静かな田舎町だが、それでも2軒は知っている。 とりわけ自宅から近い1軒はよく利用させてもらっているが、ランチがすごい。ボリュームと安さが吊り合っていない。客としては嬉しい限りだが、どこも閉店した飲食店を...

  21. 天照大御神(あまてらすおおみかみ)について調べてみた【天岩戸隠れ】

    天照大御神(あまてらすおおみかみ)について調べてみた【天岩戸隠れ】
    太陽の神でありながら皇室の祖神ともなった「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」は、日本最古の歴史書である「古事記」や、伝存する最古の正史「日本書紀」にもその名が記されている。 日本人なら誰もが一度はその名を聞いたことがあるというほど、...

  22. ジェーン・グレイ【イギリスの9日女王】について調べてみた

    ジェーン・グレイ【イギリスの9日女王】について調べてみた
    イギリスの女王といえば、現女王であるエリザベス2世や、大英帝国最盛期の女王ヴィクトリアを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。 しかしイギリスの歴史には華々しい活躍によって名を残した女王ばかりではなく、謀略によって望まぬ地位に就き、悲劇...

  23. 皇帝ネロ は本当に暴君だったのか?【ローマ帝国】

    皇帝ネロ は本当に暴君だったのか?【ローマ帝国】
    ローマ帝国の第5代皇帝にして、「暴君」の代名詞としても歴史に名が残るネロ・クラウディウス 身内をその手にかけ、キリスト教を迫害したことなどで、2000年後の現在でも悪評だけが有名になっている。 では、本当にネロはただの暴君だったのか...

  24. 佐々木小次郎は実在したのか調べてみた【巌流島の戦い】

    佐々木小次郎は実在したのか調べてみた【巌流島の戦い】
    室町から江戸時代初期に活躍した二人の剣豪は、巌流島でその決着をつけた。 この決闘で宮本武蔵が勝ったことは有名だが、敗れた佐々木小次郎についてはあまりに資料が少ない。 「燕返し」を会得して、この戦いに臨んだ佐々木小次郎とはどのような人物だっ...

  25. カップラーメンの意外な歴史【ハプニングで生まれた!?】

    カップラーメンの意外な歴史【ハプニングで生まれた!?】
    もはや、日本だけでなく世界のソウルフードとなったカップラーメン。 非常食として被災地へ送られるほど、ただのインスタント食材とは一線を画す。しかし、良く考えるとカップラーメンの歴史まで気にしたことはなかった。 カップラーメンはどのような経...

  26. アメリカの特殊部隊について調べてみた

    アメリカの特殊部隊について調べてみた
    まず最初に誤解を解かないといけない。 特殊部隊とは精鋭無比には違いないが、その国で最強だからこそ特殊部隊と呼ばれるのではない。ゲリラ戦、対テロ、救助など特殊な任務に特化した部隊のことである。当然そうした任務をこなすためには強靭な肉体と精神...

  27. 残虐な王妃として名高い カトリーヌ・ドゥ・メディシス

    残虐な王妃として名高い カトリーヌ・ドゥ・メディシス
    フランス王妃カトリーヌ・ドゥ・メディシスは、死者1万人を超えるサン・バルテルミの虐殺の首謀者として歴史にその名を刻み、世界の残虐な王妃の一人として、必ずといっていいほどその名が上がる。 しかし、彼女がサン・バルテルミの虐殺の首謀者だったと...

  28. 菅原道真はなぜ怨霊となったのか調べてみた

    菅原道真はなぜ怨霊となったのか調べてみた
    ※菅原道真 時は平安、醍醐天皇の御世。 きらびやかな平安の都において、魑魅魍魎が跋扈すると信じられていた時代の話である。 そんな時代、宮中を脅かす奇怪な出来事が相次いだ。そしてそれは「菅原道真(すがわらのみちざね)の怨霊」と呼ばれるよ...

  29. エリザベート・バートリ について調べてみた【血の伯爵夫人】

    エリザベート・バートリ について調べてみた【血の伯爵夫人】
    その女性は貴族でありながら、歴史上でも名高い連続殺人者であり、「血の伯爵夫人」と呼ばれた。 伯爵夫人 エリザベート・バートリ(1560年8月7日-1614年8月21日)は、ハンガリー王国の貴族として生まれた。 ハンガリー語では...

  30. レムリア文明について調べてみた

    レムリア文明について調べてみた
    古代には、現代を生きる我々の想像をはるかに超える知識と技術を持つ文明があったと、一部の専門家たちは考えている。 しかし、その多くは謎に包まれ、存在さえ怪しまれる傾向にある。 たとえば、アトランティスは著名な哲学者プラトンの著書に登場し...

アバター

上下のぼる

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 江戸時代の職業 について調べてみた
  2. 諸葛孔明は本当に天才軍師だったのか調べてみた
  3. 日本の正月の習慣の由来について調べてみた
  4. 日本の祝日の由来
  5. 共謀罪 を分かりやすく伝えるために調べてみた
  6. 食べるだけじゃ満足できない! パクチーの育て方
  7. 暗黒時代の20代後半【漫画~キヒロの青春】①
  8. 今川義元は本当に暗君だったのか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

運命を変えた世界の偉人 5選

占いでよく言われるように宿命は決まっているが、運命は変えることができるという。「命」を「運ぶ」と…

松平信綱について調べてみた【類まれなる知恵で江戸幕府を支えた老中】

知恵伊豆と呼ばれた男 松平信綱徳川家康より始まった江戸幕府も徳川家光の時代になると幕藩体制が整い…

酒癖の悪さで名槍を失った武将・福島正則

家宝の名槍・日本号福島正則(ふくしま まさのり)と言えば、加藤清正と並んで豊臣秀吉の子飼いの…

アーカイブ

PAGE TOP