安土桃山時代

【前田利家の妻】まつの御家存続への戦いについて調べてみた

江戸時代、加賀百万石の大名として栄えたのが前田家である。

その礎を築いたのは戦国大名「前田利家」だったが、彼を語るに欠かせないのが妻「まつ」の存在であった。

12歳で前田家に嫁いだまつは、動乱の戦国時代において夫を支えながら、自らも御家のために困難を克服してきた女性である。

次々と降りかかる難題を乗り越え、前田家を守り抜いたまつの生涯を調べてみた。

スポンサーリンク

前田利家の妻に

1547年(天文16年)、まつは尾張国の武将の娘として生まれた。

だが、幼くして父をなくしたまつは、4歳で前田家に引き取られ、当時14歳だった利家と出会う。若き日の利家は武芸に秀でている反面、喧嘩っ早く、彼の姿が見えた途端、通りから人通りが消えたともいわれている。

4年後、利家が織田信長に仕えることになると、同じ家臣であった木下藤吉郎と知り合う。後の豊臣秀吉である。

やがて、利家22歳、まつ12歳で祝言を挙げたのだが、その時の媒酌人となったのも藤吉郎とその妻「おね」だった。この四人は夫同士、妻同士がともに同世代だったということもあり、家族のような付き合いであったという。

前田利家
【※前田利家】

結婚から4年後には、まつが長男「前田利長」を生み、その後も夫婦の間には11人もの子供に恵まれた。

しかし、木下家には子が生まれなかったため、前田家は四女の「」を養子に出している。

崩れゆく関係

主君である織田信長の天下統一への戦が激しくなると、利家秀吉は良いライバルとして出世していった。

1573年(天正元年)から秀吉は、北近江、播磨、但馬を与えられ、やがては中国地方攻略の指揮を任される。一方の利家は能登21万石を任され、柴田勝家のもとで北陸地方の攻略に取り組むことになったのである。

同じ1581年(天正9年)には、長男の利長も越前府中の城主となり、前田家にとっては順風満帆といえる時期であった。


【※前田利長】

だが、その翌年に本能寺の変で主君の信長が自害すると、その仇を秀吉がとり、秀吉は柴田勝家と信長の後継者争いを行うまでに力を付けていた。

柴田勝家に服属していた前田家は難しい立場に立たされることとなる。

1583年(天正11年)、秀吉は「賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い」で柴田軍を破ると、そのままの勢いで北陸まで勝家を追討するが、利家は一度は柴田軍として秀吉との対決の道を選ぶも、結局は戦には参加することなく能登へと兵を退いてしまったのであった。

前田家、豊臣の家臣へ

勝家を追う秀吉の軍勢が迫り来るなか、利家には何も出来ないでいた。

しかし、利家の守る城へ入城した秀吉は、利家よりも先に台所にいるまつのところへ向かい、挨拶を済ませると、養女としたお豪の成長を話して聞かせた。

それに対して、まつも秀吉の勝利を祝う言葉を贈り、両家の絆が健在であることを確かめ合ったのである。これを受けた秀吉は、合戦に勝てたのも利家が兵を退いてくれたおかげであり、これから早速、勝家の城を攻めるのに加わってもらいたいと口にした。

秀吉が、事を荒立てることなく前田家との関係を修復するチャンスを提示したことを悟ったまつが、機転を利かせてそれに応じた結果である。

このときから、利家と利長は秀吉の家臣となり、加賀と越中を与えられて「加賀100万石」の礎を築くことになる。さらに大坂に聚楽第(じゅらくてい)が完成すると、利家とまつは秀吉の住むすぐ隣に屋敷を与えられ厚く迎えられたのだ。

1590年(天正18年)の小田原攻めでは、徳川家康と共に勝利に貢献したことで、二人は東北の諸大名をとりまとめる役を任されるようになっていた。しかし、1593年(文禄2年)、秀吉に嫡男である秀頼が誕生すると、秀頼を生んだ側室の「淀殿」がその発言力を強めるようになり、秀吉と利家の関係にも影響を与え始めたのである。

豊臣恩顧の大名の中に反感が生まれ始めた。次のページへ

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 北条早雲 について調べてみた【戦国時代最初の大名】
  2. 戦国武将に影武者はいたのか調べてみた
  3. 軍師としての徳川家康について調べてみた
  4. 備中松山城と鶴姫について調べてみた
  5. 戦国時代の島津氏
  6. 竹田城について調べてみた【天空の城は美しいだけじゃない】
  7. 戦国時代の食事について調べてみた
  8. 豊臣秀次は本当に無能だったのか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

PAGE TOP