平安時代

本当に織田信長は「人間五十年」と謡(うた)ったのか

織田信長

はじめに

信長は、快く湯漬を喰べ終ってから、その勝栗を二つ三つ掌に移して、ぼりぼり喰べ、
「馳走であった。……さい。あの小鼓をこれへよこせ」
 鳴海潟とよぶ信長が秘蔵の小鼓であった。さいの手からそれを取ると、信長はそれを肩に当てて、二つ三つ手馴しに打って見て、
「鳴るわ。四更のせいか、常よりもいちだんと冴えて鳴る。……さい、儂が一さし舞おう程に、そなた、敦盛の一節をそれにて調べよ」
「はい」
 素直に、さいは小鼓を、信長の手から押し戴いて、調べはじめた。
 しなやかな白い掌から、鼓の音は清洲城の広い間ごとへ、醒めよ醒めよとばかり高鳴った。
「……人間五十年、化転のうちをくらぶれば」
 信長は立った。
 立って、水の如く、静かな歩を運びながら、自身、小鼓の調べにあわせて朗吟した。
「……化転のうちを較ぶれば、夢まぼろしの如くなり、ひとたび、生をうけて、滅せぬもののあるべきか」
 いつになく、彼の声は、朗々と高かった。今をこの世の声のかぎり――と、謡うように。

吉川英治「新書太閤記」、今川義元との桶狭間の戦いへと出陣する織田信長の描写である。

「人間五十年」と、謡(うた)い舞う織田信長のイメージは日本人の誰もが共有するところであろう。

だが、これは後の時代の創作に過ぎないのではないか。本当に織田信長は「人間五十年」と謡(うた)ったのであろうか。
スポンサードリンク

 

「敦盛」の舞とは何か

そもそも信長が謡った「敦盛」とは何か。「敦盛」とは「平敦盛」、一の谷の合戦で熊谷次郎直実に討たれたとされる、平家の公達の名である。

平家の公達についての舞となれば、まずは「平家物語」を見るのが順当であろう。

「平家物語」(覚一本)の巻九「敦盛最期」を参照する。

だが、ここには「人間五十年」という文言はない。

ならば「謡う」というからには「謡曲」ではないか。謡曲とは言わば「能の脚本部分」である。能ならば確かに舞うではないか。

確かに「謡曲〈敦盛〉」というものが存在する。

 

謡曲〈敦盛〉

 

だが、残念ながらここにも「人間五十年」という文言はない。

実は「人間五十年」という文言が現れるのは「幸若舞」の「敦盛」であった。

 

「幸若舞」
は、室町時代から江戸時代にかけて隆盛した芸能の一つで、「平家物語」「曾我物語」などの軍記物語を元ネタとしているものが多い。

「舞の本」で「幸若舞」の詞章は読むことができる。

 

人間五十年」の文言は、息子ほどに若い平家の公達である敦盛を討った熊谷が、菩提心を起こして出家を決意する場面に出て来る。

人間界の五十年は、化楽天の八千歳に比べると夢幻のようにはかない」という意味の言葉である。

 

「信長公記」の記述

信長公記」は信長の近くで仕えていた太田牛一によるものであり、事実を客観的かつ簡潔に述べた史料的価値の極めて高いものとされている。

実は、その「信長公記」に、今川義元との合戦に臨む際に、信長が「敦盛」の舞を披露した旨がはっきり書かれている。

 

信長公記
これを鑑みれば、信長が「人間五十年」と謡い舞ったことは紛れもない事実である、としても良さそうなのだが、ここにひとつ疑問の余地がある。

「幸若舞」はそんなにも武士の間に浸透していたのだろうか、ということだ。

この疑問は解決しておいた方が良さそうである。

立教大学・鈴木彰氏の研究

立教大学・鈴木彰氏は、2016年12月20日、法政大学市ヶ谷キャンパスで催された「軍記・語り物研究会」のシンポジウムにおいて、「幸若舞曲の時空」と題した研究発表をされている。

この研究発表の中で鈴木氏は、先行研究を踏まえて「幸若舞大夫が戦場にまで随行し、舞うこともあった」と示した上で、さらに「幸若舞曲をはじめとする語り物文芸が、16世紀から17世紀にかけての社会で共有されて、さまざまな理解や価値観のかたちに影響を及ぼした力は、決して軽視できるものではない」として、様々な資料を提出され、論証を行われた。

中でも島津の「山田聖栄自記」が多数の幸若舞(曲舞)からの引用を用いていることに着目して、幸若舞の伝播、地域での受容のあり方を丁寧に論証された。

鈴木氏の示されていた資料の一部をここで紹介する。

「山田聖栄自記」は島津家の歴史を述べた書である。この中では、島津忠久が頼朝の庶長子であることが述べられているのだが、鈴木氏は、その頼朝に関する記述に着目する。

 

山田聖栄自記

この部分、「曾我物語に見える内容だ」と筆者である山田聖栄は述べているのだが、いわゆる「曾我物語」という書物の記述と、頼朝の持ち物が違っている

 

曾我物語

 

「山田聖栄自記」では長刀であるとこころが、「曾我物語」では御帯刀(貴人の持つ太刀のこと)になっているのである。

 

 

そして鈴木氏は、頼朝が長刀を持っている描写が見出せるのは幸若舞の「十番切」であることを指摘された。

山田家の当該記事は、のちに幸若舞曲『十番切』と呼ばれることになる語り物を踏まえた可能性は高い」と鈴木氏は述べる。

地方の武士にまで幸若舞が普及していたことが推し量られる例のひとつである。

 

また、島津氏とその家臣たちの朝鮮出兵の様を描いた「征韓録」の冒頭に引用された秀吉朱印状(軍勢催促状)においても、幸若舞曲「大織冠」の一節が引用されている事実をも指摘された。

征韓録
幸若舞」の当時の武士階層への影響力の大きさがわかる。

以上の鈴木彰氏の研究発表を踏まえると、やはり「信長が幸若舞の敦盛を、合戦を前にして謡い舞った可能性は極めて高い」と言える。(なお、この記述が「信長公記」の筆者たる太田牛一の創作ということも考えられなくもないが、もしそうであるなら、武士階層への幸若舞の普及浸透ぶりが、より一層強調されることになるだろう。)

 

本能寺の変における「人間五十年」

ところで、ここまで読まれた方の中には、

信長が人間五十年と謡ったのは、本能寺で死ぬ時のことなのでは?

と思った方がおられるかと思う。

確かにドラマや映画の中で、「信長の死ぬシーン=敦盛の舞」という印象は強い。その点についても論証しておきたい。

先にも述べた太田牛一による「信長公記」の記述である。

「信長公記」の記述

 

信長公記

これを見る限り、「本能寺の変」において「信長が『人間五十年』と謡い舞った」という事実は無い。

本能寺で死に直面した信長が「人間五十年」と謡い舞う描写は、いったいどのようにして成立したものなのだろうか。

 

「信長記」の記述

小瀬甫庵による「信長記」(元和8年(1622年)刊)は、太田牛一の「信長公記」を、甫庵が物語風に潤色したものであり、儒学的理念が強調されている作品だ。実は江戸時代には、こちらの方が太田牛一の「信長公記」よりも広く一般に読まれていた。

信長記

だが、この小瀬甫庵による「信長記」にも、「本能寺の変」において信長が「人間五十年」と謡い舞う描写はない

 

「三河物語」の記述

次に、元和8年(1622年)成立の、旗本大久保忠教の自伝である「三河物語」を参照する。

三河物語

 

大久保忠教は小瀬甫庵「信長記」を「三分の一しか真実が書かれていない」と批判しているが、

 

三河物語

その大久保忠教の「三河物語」にも、「本能寺の変」において信長が「人間五十年」と謡い舞う描写はない。

 

「織田軍記」の記述

続いて、貞享(1684年2月21日〜1688年9月30日)の頃の人物である、遠山信春による「織田軍記(総見記)」の記述。

織田軍記

ここにもやはり、「本能寺の変」において信長が「人間五十年」と謡い舞う描写はない。

 

いったい本能寺に「人間五十年」を持ち込んだのは誰なのか?

さて、ここで吉川英治新書太閤記」を見てみよう。

彼方此方、踏みやぶる戸障子の物音をも衝きぬいて、女たちの泣きさけぶ声、呼び交う悲鳴が、一層、ここの揺れる甍の下を凄愴なものにしていた。部屋部屋を逃げまどい、廊を奔り欄を越えなどする彼女らの狂わしい裳や袂は、その暗澹を切って飛ぶ白い火、紅の火、紫の火にも見える。
そしてそこらの蔀にも柱にも欄にも、矢や弾丸の来ない所はない。すでに信長が広縁の一角まで出て射戦しているので、その姿に集注してくるものが奥へ外れて来るらしかった。
「匹夫が」
と、一矢を放ち、
「推参な」
と、眦を切っては一矢を射る。――その信長の戦いを見ては、怖ろしさに、自分を見失っている女たちですら、ここを落ちて行くにも行けない気がして、声かぎりに哭くのであった。
――人間五十年、化転ノウチヲ較ブレバ、夢幻ノ如クナリ。とは、彼が好きな小唄舞の一節であり、若年に持った彼の生命観でもある。彼は決して、今朝の寝ざめを、天変地異とは思っていない。人間同士のなかにはあり得る出来事であり、それが今や、自分の前に来ているという観念でしかない。
とはいえ、彼は、はやくもその観念の眼をふさいで、
(もうだめだ。最期だ)
とはしなかった。むしろここで死んでなろうかという猛気に燃ゆる戦いぶりであった。

吉川英治「新書太閤記」はもともと、昭和14年1月から昭和20年8月まで「読売新聞」に連載されていたが、終戦によって休止。その後、単行本出版などに際して加筆されるが、この「本能寺の変」の部分は「読売新聞」に連載時に、書かれたものである。

謡い舞ってはいないものの、本能寺に「人間五十年」が持ち込まれた例であることは間違いない。(吉川英治以前に「人間五十年」を本能寺に持ち込んだ事例は、今回の調査では発見できていない。)

なお、司馬遼太郎国取り物語」(1963年-1966年)の本能寺描写にも、文言としては「人間五十年」が持ち込まれてはいるが、吉川英治「新書太閤記」と同じく、信長は謡い舞ってはいない。

山岡荘八「織田信長」(1955年-1960年)は本能寺の前夜に、酒に酔いながら「人間五十年」と謡い舞う信長を描いているが、本能寺の変の現場には「人間五十年」は登場しない。

だが、これらの歴史小説に触発された映像作品や、これらの歴史小説を原作とした映像作品が、映像化の段階で、「信長を本能寺において謡い舞わせる
に至ったことは想像に難くない。どの映像作品がその嚆矢となったのかについては、今後も調査を続けていきたい。

 

 

「本能寺の変」の際に信長が「人間五十年」と謡い舞った事実は確認できなかったものの、桶狭間の戦いに臨む信長が「人間五十年」と謡ったことは、かなり信憑性が高いと結論づけられる。

なお、この記事を執筆するに当たって、「軍記語り物研究会」のシンポジウムには大いに触発された。鈴木彰先生並びに、関係の皆様に深く感謝したい。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武蔵大納言

投稿者の記事一覧

生まれは平安時代。時空の割れ目に紛れ込んでしまったことにより、平成の世に紛れ込む。塾や予備校で古文漢文を教えながら、現代日本語を習得。現在は塾・予備校での指導の傍ら、古典文学や歴史についてのライターとしても活動している。
Twitterアカウント @musasidainagon



関連記事

  1. 戦国時代の人口について調べてみた
  2. 武蔵坊弁慶は実在したのかどうか調べてみた
  3. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  4. 平家が壇ノ浦で滅びたというのは本当なのか調べてみた
  5. 戦国時代の女性の生活について調べてみた
  6. 空海はどれくらい天才だったのか調べてみた
  7. 陰陽師・安倍晴明が一千年前の国家官僚だったという意外な事実につい…
  8. 「平家物語」を語る琵琶法師はもういないのか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP