IoT

IoT【第4次産業革命】とはなにか?【モノのインターネット】

IoT モノのインターネット

IoTとは?

昨今、あらゆる業界でIoTというものが話題になっているのをご存知だろうか。

なんとなく耳にしたことはあるけれど実態はよくわからないという方が多いと思う。ちなみに、私は株もやっているが数ある材料のひとつくらいにしか考えていなかった。ところが、これは第4次産業革命といえるほど大きなイノベーションといえるである。

18世紀にイギリスで蒸気機関車が生まれ、次にアメリカからの電力革命。そして最近のコンピューター革命は記憶に新しい方も多いだろう。

IoTはその次の「モノのインターネット」という革命なのである。

 

スポンサーリンク

 

IoT モノのインターネット

英語表記だと(Internet of Things)略してIoTとなる。簡単にいえば世の中のありとあらゆるモノがインターネットに繋がる。

未開発の商品やアイデアも含めると、今後ものすごく多岐にわたるであろうから、いまの段階ではこれといったモノを一概にはいえない。

一番わかりやすい初期の代表例としては、Apple Watchが挙げられる。

腕時計×インターネットである。

ただApple Watchに関しては、正直イマイチ感というか、かつてのiPodやiPhoneなどに比べるとそこまでの過熱感はない。

原因としてはIoTとしてより、iPhoneなどの延長のApple製品として見られてしまったことではないだろうか。

 

ネットをやるならスマホの方が見やすいし、時計を見るのもスマホで事足りる。イマイチ新しい感もなく、大概のことはスマホでまかなえてしまうので、イノベーション的な爆発力はなかったのかもしれない。

これはあくまで腕時計としてのIoTにしかすぎず、他のありとあらゆるモノとなると、まったく話が変わってくる。

 

さまざまなIoT製品

現時点ですでに始まっているIoT製品をいくつかあげてみよう。

自動車×インターネット

昨今、話題の自動運転自動車がまさにそうである。まだ普及している段階ではないが近い将来そうなっていくだろう。アメリカのテスラモーターズをはじめ、世界の各メーカーがしのぎを削って研究に勤しんでいる。将来的には無人のロボットタクシー、ハンドルを握らなくても目的地に着いてしまう自動運転車などが現れるだろう。

ただし自動車は人の命に直結するものなので、事故や倫理面、法律整備などを考慮すると他のIoT商品に比べ、普及は遅いかもしれない。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 米Googleでも実践!1分で頭すっきりワーク【マインドフルネス…
  2. モバイル決済 おすすめ5選 【スマホで手軽に決済】
  3. VALUの仕組みを分かりやすく調べてみた【個人で株を発行】
  4. 株式投資の際に行う財務分析のポイント(損益計算書と貸借対照表)
  5. 謎の暗号・cicada3301 について調べてみた
  6. Google Home Miniを一週間使ってみた【レビュー】
  7. 【2019】本当に優良な「お小遣い稼ぎアプリ&サイト」はどれか?…
  8. もう中華系だからとは言わせない!HUAWEI端末の本気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

可児才蔵【個の武には優れるもなかなか主君に恵まれなかった武将】

笹の才蔵可児吉長(かによしなが)は、一般には才蔵(さいぞう)の名で知られている武将です。…

聖パトリックについて調べてみた【アイルランドの守護聖人】

聖パトリックはアイルランドの守護聖人である。彼の命日である3月17日は「聖パトリックの日」と…

江戸時代のお風呂事情について調べてみた

はじめに寒い冬の日温かいお風呂に入ると、身体の疲れがとれ心も落ち着きますね。日本は火山国というこ…

アーカイブ

PAGE TOP