IoT

IoT【第4次産業革命】とはなにか?【モノのインターネット】

IoT モノのインターネット

IoTとは?

昨今、あらゆる業界でIoTというものが話題になっているのをご存知だろうか。

なんとなく耳にしたことはあるけれど実態はよくわからないという方が多いと思う。ちなみに、私は株もやっているが数ある材料のひとつくらいにしか考えていなかった。ところが、これは第4次産業革命といえるほど大きなイノベーションといえるである。

18世紀にイギリスで蒸気機関車が生まれ、次にアメリカからの電力革命。そして最近のコンピューター革命は記憶に新しい方も多いだろう。

IoTはその次の「モノのインターネット」という革命なのである。

 

スポンサーリンク

 

IoT モノのインターネット

英語表記だと(Internet of Things)略してIoTとなる。簡単にいえば世の中のありとあらゆるモノがインターネットに繋がる。

未開発の商品やアイデアも含めると、今後ものすごく多岐にわたるであろうから、いまの段階ではこれといったモノを一概にはいえない。

一番わかりやすい初期の代表例としては、Apple Watchが挙げられる。

腕時計×インターネットである。

ただApple Watchに関しては、正直イマイチ感というか、かつてのiPodやiPhoneなどに比べるとそこまでの過熱感はない。

原因としてはIoTとしてより、iPhoneなどの延長のApple製品として見られてしまったことではないだろうか。

 

ネットをやるならスマホの方が見やすいし、時計を見るのもスマホで事足りる。イマイチ新しい感もなく、大概のことはスマホでまかなえてしまうので、イノベーション的な爆発力はなかったのかもしれない。

これはあくまで腕時計としてのIoTにしかすぎず、他のありとあらゆるモノとなると、まったく話が変わってくる。

 

さまざまなIoT製品

現時点ですでに始まっているIoT製品をいくつかあげてみよう。

自動車×インターネット

昨今、話題の自動運転自動車がまさにそうである。まだ普及している段階ではないが近い将来そうなっていくだろう。アメリカのテスラモーターズをはじめ、世界の各メーカーがしのぎを削って研究に勤しんでいる。将来的には無人のロボットタクシー、ハンドルを握らなくても目的地に着いてしまう自動運転車などが現れるだろう。

ただし自動車は人の命に直結するものなので、事故や倫理面、法律整備などを考慮すると他のIoT商品に比べ、普及は遅いかもしれない。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2
  • follow us in feedly

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. マストドン 【程よい距離感が人気のSNS】について調べてみた
  2. polcaについて調べてみた【フレンドファンディング】
  3. 5G 運用開始前夜!MWCでスマホの未来が見えた
  4. 株式投資でリスクを最小限にする方法
  5. KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方【持っているだけで毎…
  6. 株式投資の際に行う財務分析のポイント(損益計算書と貸借対照表)
  7. ベーシックインカム について調べてみた【導入国はある?】
  8. カードを使いこなす最新情報 5選

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

豊臣埋蔵金は現代の価値に換算するといくらだったのか?

日本には、三大埋蔵金伝説というものがあります。その3つとは、『徳川埋蔵金』『豊臣埋蔵金』、そして『…

【恋愛で悩む方への】恋愛おまじない 3選

『魔法や魔術、占い、あるいはおまじないといった類の話は、非科学的でありナンセンスだ』この手の話に…

紅の豚のモデル?!レッド・バロンと呼ばれた男【WW1シリーズ】

第一次世界大戦の記憶が薄れつつあった1929年、世界は大恐慌に見舞われた。そんな時代のイタリア・…

アーカイブ

PAGE TOP