西洋史

イタリアの統一について調べてみた

496年の西ローマ帝国崩壊の後、これまでローマ帝国一国で支配されていたイタリア半島は、東から来たゲルマン民族によって支配され、統一された国家がない分裂状態となった。

その後イタリアはルネサンスの時代を経て、ヴェネチアなどの都市国家、中部に教皇領、南部には両シチリア王国がそれぞれ成立。さらにフランスやオーストリア帝国などのヨーロッパの列強がたびたび介入し、統一国家が成立する状態はほとんどなかった。

今回はそんなイタリアが、どのようにして統一していったのかを見ていこう。

カルボナリの運動

イタリアの統一について調べてみた

カルボナリの旗

イタリアに統一の転機が訪れたのは19世紀前半。イタリア北部はナポレオンの遠征によって支配されていき、フランス革命以来の理念や自由の意義が広まっていった。
その後ナポレオンは失脚し、ウィーン体制と呼ばれる旧来の体制に戻そうと躍起になっていくのだが、イタリア半島ではナポレオンが広めた概念によってイタリアを統一するリソルジメントという統一運動が各地で巻き起こっていった。

そしてその運動はカルボナリ(炭焼き党 カルボナーラと語源は一緒)と呼ばれる秘密結社によって、1821年にナポリで反乱を起こすまでに至った。

この反乱はあっけなく鎮圧されてしまうのだが、この運動はとどまること無く、1831年のフランス七月革命の時にはイタリアの反乱が起こり、1848年にはマッチィーニ率いる青年イタリアによってローマ共和国が成立するのだが、両方とも列強の介入により失敗。

イタリア半島ではたびたび統一運動が巻き起こるが、成功しないという大変もどかしい状態となっていたのである。

サルデーニャ王国によるイタリア統一

カミッロ・カヴール

イタリア半島において統一運動が巻き起こる中、サルデーニャ王国の宰相カヴールがサルデーニャ島中心の統一運動を展開していくことになっていった。

まずカヴールは自身の巧みな外交力によって隣国の大国フランスとの関係を樹立。後ろ盾を得てオーストリアとの戦争を開始して統一戦争を始めていった。

イタリアの統一について調べてみた

1796年のイタリア(サルデーニャ王国は青)1861年にサルデーニャ王国はイタリアを統一しイタリア王国となる

オーストリアとの戦争は北イタリアの一部分だけの領有化に留まったが、乗りに乗ったサルデーニャ王国はフランスにニースを割譲する代わりに、中部イタリアの占領を取り付けこの地を領有化。

さらに、南部では千人隊を引き連れていたガリバルディがシチリアを占領し、さらにはナポリを領有化してその地をサルデーニャ国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世に献上。サルデーニャ王国は教皇領を除く全てのイタリア半島を統一し、1861年にサルデーニャ王国はイタリア王国に改称。

さらに普仏戦争においてフランスが負けたのを機に残りの教皇領を占領して、遂にイタリアの統一は完遂されたのだった。

教皇問題と未回収のイタリア

イタリアの統一について調べてみた

オレンジ色の所が未回収のイタリア

こうしてイタリアは統一を果たし、イタリア王国が成立したのだが、まだイタリアからすれば気がかりなことが残された。それが未回収のイタリアと教皇問題である。
未回収のイタリアはトリエステと南チロルが統一されてもオーストリア帝国の領土となり、両国が対立した問題だったのだが、普墺戦争においてオーストリア帝国が負けてもイタリアはこの土地を奪い取ることに失敗してしまい、この問題は第一次世界大戦まで持ち越しとなった。

一方の教皇問題はというと、ローマ教皇は教皇領を失った後、教皇庁があるバチカンに逃げ込み、ローマ市内に教皇の国があるまさかの異常事態となってしまった。(ローマ問題)

この異様な事態は1929年、ムッソリーニによってに結ばれたラテラン条約において、教皇と和解しバチカン市国の成立をイタリアが承認するまで残ることとなった。

最後に

イタリアの統一というのは、ローマ帝国以降統一国家とならなかったイタリアに強い影響を与え、これから先はフランスやイギリスを追うように近代化と植民地支配を進めていくことになる。

さらにその頃ドイツでは普仏戦争の勝利によって1871年にドイツ帝国が成立し、さらに極東に目を向けるとドイツ帝国成立と同じ年に日本では廃藩置県が断行され、近代化された中央集権国家が成立した。

同じ時期に国として統一された三国が、やがて枢軸国として第二次世界大戦で同盟を結ぶことになる。こういった巡り合わせは歴史の面白いところである。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

右大将

投稿者の記事一覧

得意なジャンルは特に明治以降の日本史とピューリタン革命以降の世界史です。

コメント

  1. アバター
    • ななし
    • 2020年 4月 11日

    炭焼き党は「ガルポナリ」ではなく、「カルボナリ」です。
    綴りはCarbonariで、いかなるイタリア語方言もフランス語やラテン語でもガルポナリとは発音しません。

    0
    0
    • アバター

      ご指摘ありがとうございます。
      訂正させていただきましたm(_ _)m

      0
      0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ボルジア家&メディチ家 【ルネサンスの光と影】
  2. 【チューリップバブル】世界最古のバブルについて調べてみた
  3. キリスト教と占星術の関係【ローマ帝国時代】
  4. ヨーゼフメンゲレ 〜南米に逃亡したナチス狂気の医師
  5. ジェーン・グレイ【イギリスの9日女王】について調べてみた
  6. ハドリアヌス について調べてみた【ローマ最盛期の皇帝】
  7. 第一次世界大戦後のヨーロッパ諸国について調べてみた
  8. テンプル騎士団とはどんな組織だったのか? 「十字軍との違い、銀行…


新着記事

おすすめ記事

武田信虎 ~暴君とされた信玄の実父の功績

巷説での不行跡の数々武田信虎(たけだのぶとら)は戦国期において最強の名を欲しいまにした甲…

戦国時代の人口について調べてみた

はじめに私は戦国時代、安土桃山時代あたりの歴史が好きなのですが、よく友達にその時のエピソードなど…

秋葉原のメイドカフェ 【オススメ6店】

※著作者:David Photo Studio男性なら一度は行ってみたい夢の花園。…

黒魔術の歴史 「サバトと魔女狩り」

中世ヨーロッパでは、魔術による儀式が盛んに行われていた。民衆の間では素朴な祭りの延長であった…

ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた

近くて遠い国。そして、日本の歴史とも深いかかわりを持つ国がロシアだ。2017年はロシア帝国の…

アーカイブ

PAGE TOP