西洋史

古代ローマ人は「尿」を使って洗濯や歯磨きをしていた

古代ローマ人は「尿」を使って洗濯していた

画像 : ポン・デュ・ガール。ローマの水道橋 wiki c ignis

古代ローマ人は中世以前の有史において、最も発展した文明を築いたことで有名である。

古代ローマは時代によって違いがあり、紀元前509年〜紀元前27年は共和制国家、紀元前27年〜307年を帝政ローマ、307年からは東西に分裂後に東ローマ帝国(ビザンツ帝国)となっている。

彼らは電気が生まれるはるか以前の紀元前に下水道と上水道を整備し、水洗トイレや公衆浴場などの施設を作り、施設の中には食堂やトレーニングルームまであったという。

2000年近く前に素晴らしい文明を築いたローマ人だが、現代の我々からするとビックリするような習慣もあったようだ。

古代ローマでは「尿」で衣服を洗っていた

古代ローマ人は「尿」を使って洗濯していた

画像 : 古代ローマのファッション トガ wiki c

古代ローマ人の服といえば、トガやチュニックなどが有名であるが、彼らは衣類を「尿」を使って洗濯していたという。

現代人からすると信じられない感覚だが、実は尿には洗剤として活用できるアンモニアなどの科学物質が多く含まれている。

尿を発酵させることで、バクテリアの働きにより現在の洗剤のような効果が生まれ、油汚れには抜群の効果があったという。

ポンペイ遺跡からは一世紀頃の「石鹸工場」が発見されており石鹸は存在していたようだが、尿の方がはるかに洗浄効果が高かったようで長く使われていたようである。

ちなみにイギリスでは19世紀まで「尿」は毛織物の洗剤として使われている。

尿の回収方法

それでは古代ローマ人はどのようにして「尿」を集めていたのだろうか?

当時のローマの家庭や仕事場、お店などには小さな鉢が置いてあり、人々は鉢の中に尿をしていたという。

鉢が一杯になると大きな容器に移し替えて通りに置く。そして専門の業者が週に一度この容器を回収し、今で言うコインランドリーのような洗濯場に運んでいったという。

つまり「尿」を集めて洗剤を作る専門の業者が存在していたのである。

洗濯方法としては桶の中に尿と衣類を入れて、素足で踏みつけて洗っていたとされている。

ちなみに「ポルトガル人の尿」は大変人気で高価だったという。

「尿」には他にも様々な効果があったようで、なんと歯磨き粉マウスウォッシュ歯のホワイトニングにも使われていたことがわかっている。

現代において再び「尿」を再利用する習慣が復活することは考えられないが、「尿」には様々な効果があるということは知っておいて損はないかもしれない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. イタリアの統一について調べてみた
  2. アウグストゥスはなぜ初代ローマ皇帝になれたのか?
  3. ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた
  4. 世界最強の戦闘民族、スパルタ人について解説 「過酷すぎる訓練」
  5. ルイ16世について調べてみた
  6. ナチス・ドイツの勲章について調べてみた 「主な授章者」
  7. 国王のあだ名について調べてみた
  8. エンスラポイド作戦【ナチス親衛隊No.2暗殺作戦】


新着記事

おすすめ記事

【関羽と魯粛の会談】蜀と呉の戦を収拾した単刀赴会の真実

単刀赴会(たんとうふかい)とは214年、劉備は益州(えきしゅう)を奪取して念願だった自身…

神社の正しい祈り方について調べてみた

日本古来の宗教である神道は実に懐が広い。神道では自然や物、死者などあらゆるものを敬い…

【ルイ17世】マリーアントワネットの子供たちの残酷な人生

ルイ・シャルルとマリーテレーズ18世紀。フランス革命で断頭台の露に消えた王ルイ16世と王妃マリー…

ステイホームのお供にいかが?豆板醤づくりに挑戦してみた【初心者でも簡単】

梅雨の時期を前に、そら豆が手に入ったので、かねて念願だった豆板醤(トウバンジャン)の手づくりに挑戦し…

榛名湖イルミネーションフェスタに行ってみた

ゲーハーです。先日、地元の群馬県にある榛名山榛名湖で開催しているという、榛名湖イルミネーションフェス…

アーカイブ

PAGE TOP