IoT

ARM(アーム)について調べてみた【ソフトバンク買収額3.3兆円の半導体メーカー】

パソコン用のCPUといえば「インテル」がすぐに思い浮かぶと思います。

WindowsでもMacでも、多くのパソコンで採用されているのがインテルのCPUで、世界シェアもトップです。

では、スマートフォンに使われているCPUってどこの会社のものがメジャーなのでしょうか?

調べてみると「ARM(アーム)」という会社です。しかも、この会社を2016年に買収したのはある有名な日本企業でした!

スポンサーリンク

ARM では製造はしていない?!

ARM

その日本企業こそ、孫正義さんが会長兼社長をしている「ソフトバンク」なんです!しかも、買収額は約3.3兆円!ちょっとピンとこないくらいの金額です(汗)

でも、いくらスマートフォン用のCPUを扱っている会社でも、ソフトバンクは自分の会社でスマートフォンを作っているわけじゃないので、そこまでの価値があるのかな、と思ってしまいます。そこで、さらに調べてみるとARMがただのメーカーではないことが分かりました。

ARMは正式には「ARMホールディングス」といい、イギリスのケンブリッジに本社があります。CPUというと個人的にアメリカのイメージがあったのでちょっと意外です。

そして、ARMは正式にはCPUのメーカーというのではなく、「半導体開発メーカー」でした。つまり「半導体の研究や開発はするけど、製造はしない」ということです。

半導体製品は分業

ARM

ARMは、1990年に設立されたわりと新しい会社です。

そして、主な事業は、半導体製造メーカーに半導体の設計図を提供して、その半導体を組み込んだ製品が売れることでライセンス料を受け取るというものです。でも、「それなら半導体製造メーカーが自社で開発もしてしまえばいいのに」と考えてしまいますが、実際にはそんなカンタンな話ではないようなんです。

半導体製品は、CPUやGPUといった機能によって回路の設計が行われて、設計図を作ります。この作業をIPデザインと呼びますが、これが完成すると、実際の半導体製品にするための設計があり、それを元に試作品が作られるわけです。試作品が出来れば、あとはそれを大量生産するだけなので、やっぱり、最初の「開発、設計」というのが大変なわけですね。

昔はこうした工程をすべてひとつのメーカーで行っていたそうですが、半導体の設計から製造までというのはとてもコストが高くなるので、今はほとんど分業という形になっています。

それでも、インテルはすべての工程を自社で行っているそうです。さすが巨大企業!

工程は3つ

ARM
※ARM本社

半導体製品の分業は、1990年ころから始まりました。

製造なら台湾の「TSMC」とか、アメリカの「GLOBALFOUNDRIES (グローバルファウンドリーズ)」といったメーカーが有名です。こうした半導体製造企業のことを「ファウンドリ」と呼びますが、ファウンドリのなかでも、この2社は世界で1位、2位というトップクラスです。

そして、回路ではなく半導体そのものの設計は、アメリカの「クアルコム」や台湾の「メディアテック」などが有名です。

さらにその元となる「IPデザイン」の設計をするのがARMというわけなんです。

ARMでは、半導体のなかのCPUやGPU、そういった部品を接続する内部バスなどの設計を行い、その技術を半導体メーカーにライセンスとして貸し出すということです。最終的にはそうやって完成した半導体を、スマートフォンなどのメーカーに販売するという形になっています。

どこまでもモバイル向け!

ARM

ところで、ARMの設立は1990年ということでしたが、例えばiPhoneの登場は2007年ですし、Android搭載のスマートフォンも当時はありません。せいぜい、ガラケーと呼ばれる「フィーチャーフォン」の時代でした。そんな時代は何を作っていたのかと思ったら、ズバリ「携帯電話用の半導体」でした!

うーん、どこまでもモバイル向けの半導体開発メーカーなんですね(笑)

まあ、そういったこともあって、もともとノウハウはあったわけです。そこにAppleのiPhoneが現れて、ARMも急成長しました。もっとも、iPhoneに搭載されている「Aシリーズ」という半導体はAppleが自社で開発したものですが、そのベースがARMのIPデザインというわけです。

それが現在までずっと採用されています。

さらにGoogleのAndroidもARMの半導体に合うように設計されていて、ほとんどのAndroid搭載モデルにはARMがベースとなった半導体が使われています。

これからの可能性

こうした理由から、ARMが設計した製品はシェアを伸ばしていて、2015年のモバイル向け半導体だと85%という驚きの数字となりました。

しかも、現在ARMが注目されている理由はそれだけじゃありません。

IoT、つまりパソコンやスマートフォンじゃないけれど、ネットに接続できる機器の分野でさらに成長が見込まれてるからです。スマートウォッチといったウェアラブル端末や自動車の自動運転システムなど、あらゆる分野に展開してゆくことが出来ます。

工場を持たないからこそ、フットワークの軽さで勝負ができるということですね!

まとめ

ソフトバンク、というか孫正義さんが3.3兆円もの金額で買収したというのは現在の価値だけではなくて、これからの成長も予測してのことだったんですね。

しかも、工場を持たないからリスクも少ない。ライセンスを供与して利益が出るわけですから、極端に言ってしまえば「黙っていてもお金が入る」ということです。

ARMという会社は、これからもっと有名になるでしょう。

関連記事:
【最もアツいIT都市】中国・深センについて調べてみた
意外と知られていないintelの歴史
IoT【第4次産業革命】とはなにか?【モノのインターネット】

 

クロワ

クロワ

投稿者の記事一覧

フリーライターのクロワです。主に生活のなかで役立つ記事やトレンド記事などを書いています。よろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 株式投資の際に行う財務分析のポイント(損益計算書と貸借対照表)
  2. 東京ディズニーシーのリアルさについて調べてみた
  3. ベーシックインカム について調べてみた【導入国はある?】
  4. Google Home Miniを一週間使ってみた【レビュー】
  5. 深センが面白いと世界から注目【中国のシリコンバレー】
  6. NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止…
  7. 本当に優良な「お小遣い稼ぎアプリ」はどれか?【2019】
  8. スマホ決済サービス5選 【これで決まり!】


コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2019年 5月 23日

    スマートフォン向けのCPUだけではありませんよ、この会社は家電や自動機器などは無論、サーバーやスパコンにも使用されてます。もう少しちゃんと調べてから記事をかかれたらどうですか?

    • スマートフォン向けのCPU「だけ」とは書いてませんね。強調してるだけでは?IOTについても書かれてますよ。

  2. アバター

    非常に参考になった。読みやすい。良記事である。
    先(2019年 5月 23日)に、ひとにケチつけるしかノウのないアホが湧いてるが、こんなん気にせんとどんどん書いてもらいたい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

諸葛孔明の北伐はいかに難しかったか【祁山と登山家馬謖を考察】

北伐の鍵となった祁山とは三国志終盤の中心となる蜀の北伐だが、読んでいると「祁山」(きざん…

シュタージ「東ドイツ秘密警察の恐るべき監視社会」

シュタージとは1950年、東ドイツにて設立された国家保安省Staatssicherhei…

佐久間象山 〜勝海舟・吉田松陰を生んだ洋学者

暗殺者も後悔佐久間象山(さくましょうざん)は、幕末に江戸において私塾「五月塾」を開いて、…

アーカイブ

PAGE TOP