IT&ファイナンス

NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止】

NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止】

12日、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が急落。

11日にトランプ米大統領が、新型コロナウイルス拡大の懸念からヨーロッパからの入国禁止を発表したことが大きく影響したと見られる。

WHOのパンデミック宣言や、イタリアの全店舗閉鎖など世界的な混乱が続く中、売り注文が殺到した。

ニューヨーク株式市場は9日にも2013ドル安で取引停止。12日は取引時間中過去最大の下げ幅2197ドル安で取引停止。今週2度目となる。

12日は他にも、アメリカを代表する航空宇宙機器開発製造会社「ボーイング」社の倒産危機をブルームバーグが報じるなど、航空機産業も大きな苦境に立たされている。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【世界一美しい街】チェスキー・クルムロフ
  2. バーバリーの歴史について調べてみた【英国ブランド】
  3. ベルリンの壁の崩壊【こんなことで歴史は変わる】
  4. 日本の借金と稼ぐ力について調べてみた
  5. パリの地下に広がる死の帝国!カタコンブ・ド・パリ
  6. 日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】
  7. 東京ディズニーシーのリアルさについて調べてみた
  8. 【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

刑務所での詳しい生活状況【職業訓練、起床消灯、炊場】

刑務所は良いところ?刑務所に服役すると、多くの人は健康になって出所します!規則正しい生活を…

大河『麒麟がくる』ヒロイン門脇麦「役に影響されている」

「私自身も光秀がどういう人物なのか正直まだわからなくて、本能寺の変に至るまでどういう人生…

条約に見る北方領土・プーチン外交でロシアの勝利か?

北方領土問題2018年11月、ここへ来てにわかに慌ただしい動き・報道が行われるようになっ…

アーカイブ

PAGE TOP