エンタメ

ヒュー・ジャックマンについて調べてみた【親日派俳優は富士山へ】

海外セレブが「親日」と報道されることは日本では当たり前のようになっている。
レディー・ガガを筆頭に、トム・クルーズ、マドンナ、キアヌ・リーブス、ティム・バートンなど名前を挙げればキリがないほどだ。しかし、そのなかには、新曲や新作のプロモーションのために来日した際の「リップ・サービス」が含まれていたり、「日本の文化に興味がある」という程度の「親日感情」が多いということも容易に想像できる。

では、本当の意味で「親日」と呼べるセレブはいないのだろうか。

富士山のご来光の画像をtwitterにアップするほどのセレブ。ただ「日本が好き」なだけでは撮ることができない写真を撮影したセレブこそ、ヒュー・ジャックマンだった。

スポンサーリンク

ラッセル・クロウが推薦する俳優

ヒュー・ジャックマン

※ヒュー・ジャックマン

1968年10月12日生まれ、オーストラリア出身のヒュー・ジャックマンは、遅咲きのハリウッドスターである。

オーストラリアで映画、テレビ、舞台俳優などをこなし、2000年に「X-メン」で主役のウルヴァリンを演じたことで世界の注目を集めた。しかも、この役は最初から彼に用意されたものではない。最初にオファーを受けたイギリス人俳優ダグレイ・スコットが「M:I-2」のクランクアップ直後だったためにこれを辞退、次はラッセル・クロウにオファーが回るが、彼も「グラディエーター」の直後だったいう理由で辞退する代わりにヒューを推薦していたのである。

32歳のことだった。

X-メンが大ヒットすると、翌年にはジョン・トラボルタとW主演ともいえる「ソード・フィッシュ」で天才ハッカーを演じ、ウルヴァリンの「肉体派」のイメージに捉われないスタイリッシュな役柄を演じている。

X-メンシリーズ

その後もX-メンシリーズが製作されると、2017年のスピンオフ作品「LOGAN/ローガン」までウルヴァリン役を演じ続けた。そのためにトレーニングを欠かすことなく、特殊メイクなどを必要としない強靭な肉体を作り上げるなど、ストイックな性格もよく知られている。

2006年の「X-MEN: ファイナル ディシジョン」の続編ともいえる「ウルヴァリン: SAMURAI」は日本が舞台となるが、これはヒューの意向ではなく、クリス・クレアモント脚本・フランク・ミラー作画により1982年に登場したコミックですでに描かれていたためだ。それどころか、コミックでは日本を舞台にウルヴァリンが活躍する4部作は人気が高かったという。


しかし、映画での描写はアナクロな「日本像」から脱却することはできずに終わっている。

良き夫、良き父親


※ヒューの妻、デボラ=リー・ファーネス

2012年公開の「レ・ミゼラブル」では、主人公・ジャン・バルジャン役での演技が評価され、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞し、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた。

同作の日本プレミアの際には来日しており、その後の2014年にはトヨタ「クラウン」のCMに出演するなど、日本での活動もわずかながら広げている。

また、海外セレブとしては珍しく離婚経験がない。オーストラリア人女優のデボラ=リー・ファーネスと1996年に結婚すると、2人の養子とともにニューヨークで暮らしている。こうした真面目な私生活は、海外ゴシップ好きには物足りない俳優として映るが、日本人からするとその誠実さに好感を覚えるのだ。

ハリウッドスター、富士山に登る!


※ヒューが撮影し、twitterにアップした富士山からの日の出。

2012年8月28日には、日の出の写真と共にtwitterを更新。そこには、

Sunrise from Mt Fuji. Oscar and I had 2 incredible days on the mountain. SUBARASHII !!!!!(富士山からの日の出。オスカー(息子)と僕は、この山で最高の二日間を過ごした。素晴らしい!)」とツイートされており、大変な反響を呼んだ。

これは、「レ・ミゼラブル」のプロモーションのために来日したときのものだが、「Mt Fujiが好き」というセレブは多いなか、実際に登山までしてしまうヒューに日本中が驚いた。すでにこのときには10回ほど来日しており、機会を狙っていたのだろう。

他にもバラエティ番組のコーナーにも出演し、ユーモア溢れる姿を披露している。ワイドショーでスポット出演することも多く、インタビューを待つだけではないという点でも人気があるのだ。

誠実さは誤魔化せない


※東京メトロに乗車したときのtwitterでの画像。

ヒューの日本好きはX-メンでの初来日がきっかけだった。

その後、18歳のときからの友人たちと「みんなで日本に行こう」という約束をして、それを実現させたという。さらに来日時のオフを利用しては、観光地だけではなく日本中を色々と周っているようだ。

新幹線に乗車したときの様子や、切符で東京メトロに乗ったときの様子などもtwitterでアップするなど積極的に「日本好き」をアピールしている。いささか「イメージ作りじゃないの?」と思われそうなツイートも多いが、それを否定できるのは彼の人柄によるところが大きい。

彼と一緒に仕事をした人々から聞こえてくるのは「紳士」「エゴのない真面目な人」「ユーモアがある」といった裏表のなさを伝える話ばかりだ。きっと、彼の「親日」は本物に違いない。

最後に

何をして「他国のことを好き」というのかは人それぞれである。しかし、一番大切なのは体験することだろう。自ら行動して、その国の文化に触れる。その意味では、多忙なスケジュールの合間に色々と日本で行動するヒューの姿勢は親日であった。

関連記事:ハリウッドスター
全財産を失ったニコラス・ケイジの素顔【血は争えない!?】
【なぜ衰えない?】トム・クルーズの人気の秘密について調べてみた

 

  • follow us in feedly
gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【なぜ衰えない?】トム・クルーズの人気の秘密
  2. ジョン・トラボルタがイメチェン【ハリウッドお騒がせスター】
  3. 動画配信サービスを徹底比較!【見放題 5選】
  4. F1人気がなぜ日本で衰退したか調べてみた
  5. 【騎士団長殺し】ドン・ジョヴァンニについて調べてみた
  6. 紅の豚における虚構と現実について調べてみた
  7. 著作権・商標登録 について調べてみた
  8. 相撲の歴史について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP