エンタメ

ミステリー小説オススメ作品 「年間読書数100冊越えの筆者が選ぶ!」

ミステリー小説オススメ作品

皆さん、こんにちは。年間読書数100冊越えの本の虫、ライターのアオノハナです。

日本国内の文学から、海外の文学にいたるまで、筆者オススメの名作を、独自の視点でお伝えします!

今回は、読書好きの方にも人気の高い、《ミステリー》。

これからの展開がどうなるのか、ハラハラドキドキしながら読み進める方、ご自分も登場人物になりきって、推理しながら読み進める方、《ミステリー》小説の楽しみ方は人それぞれ、だと思うのですが、あなたはどのようなタイプですか?

ちなみに筆者は、読むミステリー小説によって、読書の仕方が変わります(笑)
推理しながら読み進める時もあれば、まるで芝居の観客のように、ハラハラしながらぺージをめくる、という場合もあります。

楽しみ方はそれぞれ自由、というのが、読書の良いところかもしれませんね。

それでは、さっそくご紹介していきます。

ミステリー小説おすすめ①『オリエント急行殺人事件』作:アガサ・クリスティー

(一部出版では、『オリエント急行の殺人』とも)

ミステリー小説オススメ作品

<あらすじ>

真冬の欧州を走る豪華列車・オリエント急行には、国籍も身分も様々な乗客が乗り込んでいた。

奇妙な雰囲気に包まれたその車内で、いわくありげな老富豪が無残な刺死体で発見される。

偶然乗り合わせた名探偵・ポアロが捜査に乗り出すが、すべての乗客には完璧なアリバイがあって…

<おすすめポイント>

ミステリー小説といえば、やはりアガサ・クリスティーのこちらの名作。
髭が特徴的な名探偵、「ポアロ」が主人公です。

寝台列車で起こった殺人事件、大雪によって閉じ込めれた密室劇、そして、登場人物ほぼ全員が犯人候補…。
ミステリー小説に必要なエッセンスが、これでもか、と詰め込まれている気がしませんか?

この作品の面白さは、「読者も一緒になって推理が出来る」というところ。

ポアロが、“オリエント急行”に乗り合わせた乗客全員に、アリバイを要求するシーンが多数を占めるのですが、読者は乗客の証言を聞きながら、さながら自分もその場にいるかのように、事件の推理を進めることができるのです。

そして、事件の真相が解明されると、まさかの展開が待ち受けています。

まさか…!」と目を疑うような結末を知って、読了後もしばらくは、動けなくなってしまうはずです。

作者のアガサ・クリスティーは、イギリス生まれの推理小説作家。

発表された推理小説の多くは、世界中でベストセラーとなり、「ミステリーの女王」と呼ばれています。

ミステリー小説おすすめ②『配達赤ずきん』作:大崎梢

ミステリー小説オススメ作品

<あらすじ>

しっかり者の杏子と、勘の鋭いアルバイト・多絵が働くのは、駅ビルの6階にあるごくごく普通の書店・威風堂。

近所に住む老人から渡された「いいよさんわん」という謎の請求書リストや、コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母を捜しに来た女性…杏子と多絵のコンビが、威風堂を舞台にさまざまな事件に取り組んでいく。

<おすすめポイント>

商業ビルのテナントに入っている本屋《威風堂》を舞台に起こった、本にまつわる様々な事件について、書店員・杏子と、《威風堂》の学生アルバイト・多絵が、まるでシャーロック・ホームズとその助手ワトソンのように思えてきます。

この『配達赤ずきん』の中には、6つの短編が収録されているのですが、どの事件も、本屋らしく、本や雑誌にまつわるものばかり。
登場人物がみんな活き活きとしていて、共感しながら読み進めることができます。

筆者のお気に入りは、50代で会社をリストラされ、心機一転、書店の仕事へと飛び込んだ、福沢さんという社員さん。

名前も縁起がいいのですが、普段あまり本を読まない人ならではの視点がおもしろく、思わず好きになってしまうおじさんです。

作者の大崎梢さんは、ご自身も13年間書店員として働いていたこともあり、作中に出てくる書店の日常は、非常にリアリティがあって、とても面白いです。

本屋さんにはこんな仕事もあるんだ…」と思わず感心してしまいます。

実は筆者、この『配達赤ずきん』を読んでいて、「ワタシって、実はミステリー小説が結構好きなのかも…」と気付かされました。

ミステリー小説おすすめ③『白ゆき姫殺人事件』作:湊かなえ

<あらすじ>

化粧品会社の美人社員が黒焦げの遺体で発見された。

ひょんなことから事件の糸口をつかんだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。

人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方で…。

<おすすめポイント>

奇しくも、先ほどの『配達赤ずきん』と同じく、グリム童話のタイトルが入った作品ですが、『配達赤ずきん』とはガラッと雰囲気が変わった、超本格派ミステリーです。

まず、ページを開けると、荒唐無稽な世界観に、すっかり心を奪われてしまいます。
気づけば、物語の中にぐいぐいと引き込まれ、あっという間に読了してしまいました。

小説の中の大きなテーマが、「インターネット上の炎上」、そして「報道被害」。

殺人事件の容疑者となった女性の人物像が、架空のSNS上で噂によってどんどん拡散し、まるで「白雪姫」に出てくる魔女のように語られ、形作られてゆくサスペンスです。

自分では何気ない気持ちで発言したことが、SNS上でどんどん炎上していき、当初の事実とはまったく違ったものに変化していく…その恐ろしさは、まさに現在に生きる私たちに、常にまとわりつく恐怖だと言えるでしょう。

情報社会であるからこそ、起こりうる悲劇、報道被害によって、被害者になってしまう人…。

この『白ゆき姫殺人事件』は、単なるミステリー小説というだけではなく、社会の抱えている大きな闇を、私たちに訴えかけているように思えます。

作者の湊かなえさんは、兵庫県・淡路島在住のミステリー作家。

作家の仕事をしながら主婦業もこなし、2016年には、子育て中の著名人に贈られる【第9回ベストマザー賞 文芸部門】を受賞しています。

最後に

この記事では、筆者おすすめのミステリー小説について、詳しくご紹介していきました。

ミステリー小説は、読書好きの皆さんにとって、特に人気の高いジャンルと言えます。

特に人気のミステリー小説には、シリーズものも多いので、ミステリー小説初心者の方にも、楽しんでいただける作品が多いのではないでしょうか。

ミステリー小説を読むのにハードルを感じる方は、まずは短編から読み始めても、いいかもしれません。

また、ミステリー小説には、映画化やドラマ化されているものも多いので、ぜひ映像化した作品もチェックしてみてくださいね。

あなただけのお気に入りの作品が見つかりますように。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2020年 7月 05日

    マウント取るわけじゃないけど年100冊超って特筆するほど多くはない

    0
    0
    • アバター
      • 匿名
      • 2020年 7月 05日

      同意。
      月に8冊ちょっとしかない。
      恩田陸さんの年間300冊は純粋に凄いと思った。

      0
      0
  2. アバター
    • 匿名
    • 2020年 7月 05日

    ド素人ですな。

    0
    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ジュディ・ガーランドの波乱すぎる生涯【オズの魔法使いのドロシー】…
  2. 近代文学オススメ作品 「年間読書数100冊越えの筆者が選ぶ!」
  3. 安田記念の歴史について調べてみた
  4. BOØWY(氷室京介)のモノマネは結局誰が一番似てるのか?
  5. 歴史小説の大家、司馬遼太郎の生涯【おすすめ歴史小説】
  6. フェブラリーステークスの歴史 《最低人気馬からGI最多勝馬へ コ…
  7. 日本初の「歌う女優&美容整形女優」松井須磨子
  8. 声優になる方法 ギャラについて調べてみた


新着記事

おすすめ記事

【浅草のシンボル十二階】凌雲閣について調べてみた

1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒頃、帝都を未曾有の大災害が襲った。「関東大…

IoT【第4次産業革命】とはなにか?【モノのインターネット】

IoT とは?昨今、あらゆる業界でIoTというものが話題になっているのをご存知だろうか。…

戦国時代の人口について調べてみた

はじめに私は戦国時代、安土桃山時代あたりの歴史が好きなのですが、よく友達にその時のエピソードなど…

神聖ローマ帝国は、帝国とは言いづらい異色の国家だった

名前だけと言われた 神聖ローマ帝国『神聖ローマ帝国と自称しているこの集団は、いかなる点においても…

平宗盛は本当に無能だったのか調べてみた

平宗盛像(『天子摂関御影』収録)偉大な父に対して、パッとしない二代目という図式は、世にはよく見…

アーカイブ

PAGE TOP