健康

睡眠を上手に取る方法について調べてみた

睡眠の重要性

睡眠を上手に取る方法

(出展URL http://www.ashinari.com/2012/07/25-366068.php )
健康な生活を送る為のポイントとして、食事や運動の他、睡眠も重要になる。

睡眠は体だけでなく脳も休ませることにより、仕事や作業の効率を上げる意味でも重要なものである。
逆に言えば、睡眠が十分に取れていない状態が続けば健康状態のみならず、社会問題にまで発展する恐れもある。

近年では、ライフスタイルの変化や長時間残業、娯楽施設などが夜遅くまで営業していたりなど、睡眠時間を十分に取りにくい環境になってしまっている。また、睡眠の質についてもストレスなどが原因で寝ているのに寝不足気味になってしまうなどの症状も多々見られる。また、夜勤などの勤務が多い人にとっては睡眠時間が不規則になりがちとなり、睡眠時間の他、睡眠の質にも影響してしまっている現状もある。

そこでまずは、睡眠不足がもたらす「損失」について考えてみることにする。

スポンサーリンク

睡眠不足がもたらす損失

(出展URL http://www.ashinari.com/2011/10/23-352072.php )
睡眠が不足すると、体がしっかりと休まっていない状態になる。これにより免疫力が弱くなり、病気にかかりやすくなる。睡眠不足は様々な病気の原因にもなり、頭痛や風邪のような軽度のものから、前立腺がんや乳がんまで引き起こすと言われている。

また、脳の疲れも取れないため仕事や作業の生産性が県上の場合に比べ4割も低下すると言われている。さらに、車を運転する場合、交通事故のリスクも1.4倍以上になるとも言われている。これは、飲酒運転に相当するほどのレベルである。

これらの要因による経済損失は年間約3兆5千億にも上ると言われている。これを国民一人当たりで割ると約3万円以上にもなることがわかる。つまり、睡眠が十分に取れていないだけで1人当たり約3万円以上も損をしていることになる。また、この数値はいかに多くの人が快適な睡眠をとることができていないかということを示している。よって、睡眠を十分に取ることは、個人だけでなく社会的にも重要なことである。

では、具体的に充分な睡眠時間は、どのぐらいなのだろうか。

理想の睡眠時間はどのくらいか

結論から言えば必要とする睡眠時間は人それぞれであり、一概に「何時間が理想」ということは出来ない。4時間半程度で十分な人もいれば、9時間程度必要といった人もいる。だが、平均的には6時間程度の人が最も多いようだ。

また、睡眠には周期があり、人の場合は約1.5時間ごとに深い眠りと浅い眠りが交互に訪れる。また、眠りについてから1時間半後に最も深い眠りとなる。この最も眠りが深い時間が、睡眠の質に大きな影響を与えていると言われている。

この傾向から、睡眠時間以外にも睡眠の質も重要なポイントになることがわかる。

固定ページ:

1

2

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 血液型診断は迷信じゃない?最新技術が明かすその根拠
  2. 【4月1日から受動喫煙防止対策】タバコと人、文化の関係「百害あっ…
  3. 実は完全食?!日本の餃子について調べてみた
  4. 日傘の歴史について調べてみた【男性こそ使うべき!】
  5. 熱中症の予防、原因、対策について調べてみた
  6. ビタミンC の効能について調べてみた
  7. 「ダイエットの歴史」と今流行りのダイエット
  8. 枝豆「えだまめ」について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

仙台で5人感染 3人が転入で太白区役所へ

仙台市は3日、いずれも市在住の20代の男女5人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発…

感染者出たガールズバー来店客「速やかに連絡を」 長浜市長が緊急メッセージ

新型コロナウイルス感染拡大の恐れがある事例として滋賀県が「ガールズバー リオン」湖南店と…

ノルマンディー上陸作戦 【プライベート・ライアンの描写そのもの】

第二次世界大戦を引き起こし、ヨーロッパの大半をその支配化に収めたナチス・ドイツは、1941年、ソ連へ…

アーカイブ

PAGE TOP