スポーツ

戦争に翻弄された悲劇のアスリート達【オリンピックに懸けた日本人】 

4年に1度のオリンピックで「アスリート」としてのピークを迎えるのは難しい。
そのうえスポーツの国際大会は、常に政治や戦争に左右されてきた。

時代に翻弄され悲運に泣いた日本のアスリート達を調べてみた。

西 竹一【第10回ロサンゼルス大会・馬術障害・金メダル】

西 竹一

※西竹一(にしたけいち)

1932年(昭和7年)ロサンゼルス大会最終日、最後の種目である「大賞典障害飛越競技」を観戦する公衆の熱気が漂っていた。

ここで観客を熱狂させたのが陸軍軍人であった西 竹一(にしたけいち)と愛馬ウラヌスである。

失格者の続出した難しい障害を次々にクリアし、見事、金メダルに輝いた。西は記者会見で”We won”と言葉少なく語った。

これには「人馬一体」となって競技に望めたからこそ勝てたという意味が込められていたのかもしれない。この「金メダル」は日本の馬術競技唯一のメダルであり、これ以降、馬術で日本人メダリストは誕生していない。

西は現地で「バロン西」とたたえられ人気を集め、ロサンゼルスの「名誉市民」にもなった。しかし、戦争が激化すると西は戦地を転戦。

1945年には、硫黄島で部隊の指揮をとるも、3月22日、硫黄島の戦いで戦死した。

西は硫黄島へ向かう前年、馬事公苑で老後を過ごしているウラヌスを訪ね、愛馬にまたがったという。これが西とウラヌスの最後の別れになった。

西は硫黄島でも、ウラヌスのたてがみを肌身離さず持ち歩き、ウラヌスは西の後を追うように、1945年、春に死んだという。

戦争で亡くなったオリンピック出場選手達(※一部)

選手名出場大会出場種目軍席戦死年月日没年齢
内田正練7アントワープ競泳100400海軍司令官19452ニューギニア47
相沢巌夫9アルステルダム陸上100200陸軍司令官194510ルソン島39
木谷徳雄3回冬季レークブラシッドスケート不明19471シベリア38
落合正義10ロサンゼルス陸上ハンマー陸軍上等兵193912中国・北支30
長尾三郎10ロサンゼルス陸上やり投げ陸軍伍長194312ニューギニア33
阿武巌夫10ロサンゼルス陸上100400陸軍上等兵193912中国・南支31
武村寅雄10ロサンゼルス競泳1500m自由陸軍兵長19457ミンダナオ島31
石田英勝10ロサンゼルス水泳高飛び込み陸軍特殊 飛行部隊19442フィリピン36
河石健吾10ロサンゼルス競泳(銀)100m自由陸軍大尉19453硫黄島33
横山隆志10ロサンゼルス競泳(金)400800陸軍二等兵内地で戦病死不明
中村英一10ロサンゼルスホッケー(銀)陸軍准尉19455内地で戦死36
柴田勝巳10ロサンゼルスホッケー(銀)陸軍兵長19428中国・北支34

他にも(上記図一部略参照:戦没オリンピック名簿)西田修平と共にメダルを分け合い「友情のメダル」を作った大江季雄はルソン島、「ベルリンの奇跡」で同点ゴールをあげたサッカーの右近徳太郎はブーゲンビル島、逆転ゴールをあげた松永行はガタルカナル島で、それぞれ『戦死』しており、戦没オリンピアンは確認できるだけでも35人にも上る。

戦争の犠牲、幻となった「1940年東京五輪」

戦争はオリンピックの開催そのものにも暗い影を落とす。

日本は「日中戦争」の激化を理由に1940年夏:東京大会、冬季の札幌大会の開催を返上し、IOCは代替の開催地を検討したが、第二次世界大戦により中止になり、続く1944年も開催されなかった。

古橋廣之進【敗戦国の為、出場機会を奪われたアスリート】

※古橋 廣之進(ふるはし ひろのしん)

戦争の影響は戦後にも及んだ。

1948年ロンドン大会、日本は第二次世界大戦の責任を問われ出場が承認されず、それを受け日本水連はオリンピックと同じ日程で「日本選手権」を開催した。

この大会に参加した一人に 古橋廣之進(ふるはししんのしん)がいた。

古橋はその前年の「日本選手権」400m自由形で当時の世界記録を上回る記録で優勝しており、世界の一戦で戦えるスイマーだった。古橋はロンドン大会と同日に行われた「400m自由形、1500m自由形」では、ロンドン大会の金メダリストの記録と当時の世界記録を上回るタイムを叩きだし、非公認ながも世界記録を連発する姿に、日本中は熱狂した。

そんな古橋にもチャンスが来た。1949年、日本の国際水泳連盟復帰が認められると、同年にロサンゼルスで開催される「全米選手権」に招待されたが、渡米に渡りビザの発行がなかなか認められない。そこで動いたのが1932年のロサンゼルス大会の100m背泳ぎで金メダルを獲得した清川正二である。

「反日感情」の溢れた時代だったが、清川は奔走し「ビザの発行の直談判・ホームステイ先」など尽力し、古橋らは競技に臨んだのである。

その結果、古橋は「400m・800m・1500m」それぞれ「世界新記録」を樹立し、「フジヤマのトビウオ」とたたえられた。

まとめ

このように20世紀に入ってからのオリンピックも「政治・外交」と切り離せない局面がいくつもあった。

1980年の共産圏初のモスクワ夏期五輪、前年にソ連による「アフガニスタン侵攻」により西側諸国がボイコットし、日本も追随しボイコットとなる。

ソ連が崩壊し『ロシア』となっても「薬物使用」までしてメダル獲得に奔走して糾弾されているこれも「負の遺産」である。

国として安定かつ平和でなければ開催されないオリンピック。

純真に「スポーツを愛するアスリート達」にとっての「夢の祭典」である事をやはり忘れてはいけないと思う。

関連記事:
オリンピックに懸けた日本人達 ~「マラソンの父」金栗四三の軌跡~
幻の東京オリンピック(1940年)招致に命を懸けた男~嘉納治五郎~

アバター

総一郎

投稿者の記事一覧

細かいデータと、歴史全般が得意。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. ヴィクトリアマイルの歴史を調べてみた
  2. 1994 アメリカワールドカップでの3つの悲劇
  3. ラグビーが国民的人気スポーツの時代があった~早明戦今昔物語
  4. ブルマー消滅の歴史を調べてみた
  5. 天皇賞(春)の歴史を調べてみた
  6. 秋華賞(G1)の魅力について詳しく解説【過去の名勝負】
  7. 学校のプールの歴史について調べてみた
  8. クラシックバレエ教室の秘密について調べてみた


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

愛子さま、学習院大学に進学へ 天皇陛下と同じ文学部

天皇皇后両陛下の長女、愛子さまは、この春、学習院大学文学部の日本語日本文学科に内部進学さ…

何度も洗って使える「国産ニットマスク」 5月15日までの出荷分を受付中

TOSCOM(本社:長野県長野市)は、何度も洗って使えるニット製マスク「みんなのマスク」…

金剛「連合軍から日本海軍の殊勲艦に挙げられた高速戦艦」

最期の外国製戦艦 金剛戦艦・金剛は太平洋戦争において日本海軍が保有していた12隻の戦艦の…

アーカイブ

PAGE TOP