海外

ヨーロッパピクニック事件とは【ベルリンの壁崩壊に影響を与えた亡命劇】

汎ヨーロッパピクニック事件とは

汎ヨーロッパピクニック事件とは、冷戦終結前夜、1989年のハンガリーオーストリア国境地点で起こった出来事を指す言葉である。

1989年8月19日のその日、オーストリアとの国境に接する町ハンガリーのショプロンで政治集会が開かれた。

オーストリアとハンガリーの国境が開放されて初めて開かれた両国による政治集会である。

そして、この政治集会こそが3か月後のベルリンの壁崩壊に至る大きなきっかけの一つとなったのだ。冷戦終結の引き金の一つともなったヨーロッパピクニックとは何だったのか、詳しく見ていこう。

当時のハンガリー

ヨーロッパピクニック事件とは【ベルリンの壁崩壊に影響を与えた亡命劇】

※鉄のカーテン(ただし、東ドイツ発足後のためシュテッティンが境ではない)wikiより

鉄のカーテン」によってヨーロッパが東西に分断されていた冷戦当時、東側諸国の中でも比較的早い段階で経済改革を行ったのがハンガリーだった。

東欧革命が起こった1989年には国外旅行が自由になり、そしてオーストリアとの国境に張られていた鉄条項も撤去された。ハンガリーは重く張り巡らされていた「鉄のカーテン」に最初の風穴を開けたのである。

そして、このことは東ドイツの人々にも大きな影響を及ぼした。

当時多くの国がそうであったように東側から西側への国外旅行というのは一般的に許可されていなかった。もちろん東ドイツもその例に漏れなかったが、ハンガリーとオーストリアの国境が開放されたことで、ハンガリー経由で西ドイツへ逃れることが可能になったのである。

そして、西側への亡命を望む多くの東ドイツ国民がハンガリーへと詰め寄せることになった。

ピクニックの計画

西側への亡命を求めて次々と集まって来る東ドイツ国民だったが、オーストリアへの通行を許可されるのはハンガリーのパスポートを持った者だけであり、東ドイツ国民である彼らはそこで足止めを食らってしまう。

そんな中、立ち上がったのがこの「ピクニック計画」であった。

最初はハンガリーとオーストリアの国境開放を祝って、国境地点で野外パーティーを行おうという、冗談のような思いつきだったのである。しかし、ハンガリーで民主化を進めていた組織の一つである「民主フォーラム」が中心となり、この冗談を本当に実行してしまおうと計画が立ち上がったのである。

※シュプロンの位置。ハンガリーの最北西部にある。wikiより

そして、その開催地に選ばれたのがショプロンという街だった。

このショプロンという地は領土がオーストリア側に大きく出っ張るような形になっていた。つまり、周りをオーストリアの領土で囲まれており、全ての道がオーストリア国境へと通ずるような特殊な地なのであった。まさに西側への脱出にはうってつけの場所であった。

ヨーロッパピクニック事件とは【ベルリンの壁崩壊に影響を与えた亡命劇】

※ハンガリー北西端の街、ショプロン

主催者はハンガリーに詰め寄っていた東ドイツ国民たちのキャンプやホテルなどに連絡をつけ、「ピクニックに行けば西に行ける」と伝えて回ったという。

そうした噂はたちまちに広まり、ショプロン付近には西側への脱出の機会を探る東ドイツ国民たちが集結した。

ピクニック当日

民主フォーラム中心のもと、計画は実行に移された。

1989年8月19日。あらゆる地域の人が集まり将来の欧州統合について語り合う政治的集会としてヨーロッパ・ピクニックは開催された。

野外で多くの人が美味しい食べ物を楽しみ、ブラスバンドを演奏し、流れる民謡に合わせて踊る会場は傍目にはお祭り騒ぎにしか映らなかった。まさしく楽しい「ピクニック」である。

間もなく西側への脱出を望む東ドイツ国民を乗せたバスが到着する。お祭り騒ぎが行われている横で、東ドイツ国民たちは次々と国境検問所のゲートを抜けて行った。国境検問所の管理官たちは彼らのことなどまるで目に入っていないかのように、入国してくるオーストリア人旅行者たちのパスポートをチェックしている。楽しくお祭り騒ぎに興じている人々の目にも国境を抜ける東ドイツ国民のことなど目に入っていない様子である。

そうしてピクニックが行われる傍らで続々と彼らは国境ゲートを抜け、その日のうちに600人以上もの東ドイツ人が国境を越えて行った。

その後の影響

ヨーロッパピクニック事件とは【ベルリンの壁崩壊に影響を与えた亡命劇】

※ショプロンのピクニック開催地に建つ記念碑

ピクニック事件はいわば、同じ東側諸国であったハンガリーが東ドイツ国民の西側亡命を半ば公然と手伝ったことになる。

当然東ドイツ政府からは批判を買い、亡命者の強制送還をハンガリー政府に対し要求したがハンガリーはこれには応じなかった。ハンガリー側の言い分としてはただピクニックを楽しんでいただけなのであるのだから。

この多くの東ドイツ国民を西側へと逃れさせたピクニック事件が3か月後のベルリンの壁崩壊に大きな影響を与えたことは言うまでもない。

もはや東ドイツでは人口流出の勢いを抑えることができず、現政権に対するデモも激しさを増していくばかりだったのである。

東ドイツとの国交断絶すら考えられるハンガリーのこの決断は、間違いなく後の東西ドイツ再統一の一端を担ったのである。

関連記事:
ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた

アバター

通行人

投稿者の記事一覧

読書とお絵かきが好きな通行人。ドイツ史に魅力を感じる人間です。

オススメ記事

関連記事

  1. サラ・ベルナールについて調べてみた【新芸術様式アール・ヌーヴォー…
  2. 日本と100年以上の戦争状態にあった国・モンテネグロ
  3. 精神疾患・発達障害は危ないのか?犯罪との関係性
  4. 番町会について調べてみた【帝人事件】
  5. カウラ日本人戦没者墓地【実は存在していた日本の海外領土】
  6. コナン・ドイル ~晩年は心霊主義に傾倒した名探偵の生みの親
  7. ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた
  8. キューバについて調べてみた【カリブ海の宝箱】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

寛政の改革後の徳川家斉【化政文化】

化政文化※松平定信松平定信による寛政の改革は厳しすぎるという反発が相次ぎ、松平定信は老中を…

ナンパ男からの電話【漫画~キヒロの青春】㊾

ナンパ男も最初はきっと持ち帰ろうと頑張ったんだと思いますが、手に負えないと判断し、かといって放置…

女の後をつける【漫画~キヒロの青春】82

おくれてすみません【毎週日曜日に更新します】異様な空気感【漫画~キヒロの青春】8…

アーカイブ

PAGE TOP