海外

台湾外国人労働者の現状 「約72万人の海外労働者」

外国人労働者の直面する問題

台湾では2020年3月の調査によると、71.9万人の外国人労働者が働いている。
前回の記事でも述べたように、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイからの外国人労働者が多い。

職種は介護、工業、漁業など様々である。コロナの制限が緩和され自由に行き来できる様になると、ますます外国人労働者が増加すると見込まれている。

少子高齢化で人手不足が叫ばれている中、外国人労働者の需要は増えていくばかりだ。

それと同時に外国人労働者が増えれば、様々な問題が発生するのも必至である。

今回は、雇い主から見た問題と、外国人労働者から見た問題について紹介する。

雇い主からみた問題

台湾外国人労働者の現状
筆者の知人は今年91歳になる。ご主人は7年前に脳梗塞になり、ほぼ寝たきりである。
夫婦揃って91歳である。奥さんはしっかりしていて歩行は少し困難であるが元気である。しかし家事をするのは困難なため外国人労働者を雇う必要がある。

申請のためには、政府と仲介業者とのやりとりが必要だ。

友人の家にはもともと外国人介護者がいたのだが、急に帰国してしまった。契約として3年間のサインをしているが、家族が病気で帰国してしまったのである。契約があるからといって外国人を強制的に引き止めれば人権問題となってしまうので、仕方なく帰国させたという次第である。

とはいえ、91歳の老夫婦だけでの生活は難しい。幸い友人にはしっかりとした息子がいたため、外国人介護者がいない間もなんとか乗り切れた。

それに加えてコロナ禍である。別の知人は台湾人のヘルパーさんを活用しながらなんとか半年間を乗り切った。その期間は本当に大変だったようだ。
仲介業者もよく選ばないと、外国人労働者と結託して詐欺を働くそうである。
友人はフィリピン人を希望しており「フィリピン人以外は雇いたくない」とまで言っていた。それには理由があるそうだ。

インドネシア人はイスラム教なので豚肉を食べない。料理をするのに不便が多いのである。

ベトナム人は台湾の文化に馴染みやすいという。それならベトナム人が良いのではないかと思うが、馴染むのが早い分、賢く副業を始めてしまうそうだ。もちろん何人がどうとか一概には言えないが、そういう傾向があるという。

高齢化が進む台湾社会において、外国人介護者はもはや必須な存在である。しかし仲介者とやり取りをしても、雇い主は外国人を選ぶことはできない。家に実際に家に来るまで、どんな人が来るのか分からないという。

仲介業者と結託していた場合「クレームを入れれば帰国させる」と半ば脅される例もあるという。

このように、文化の違いや悪質な仲介業者などの問題がまだまだあるようだ。

外国人労働者からみた問題

台湾外国人労働者の現状

●言語と文化の違いに適応できない

台湾を訪れる外国人労働者の中には、人生で始めて外国へ行くという人もいれば、台湾という国さえ知らなかった外国人もいるそうだ。

台湾政府は彼らの言語習得のために中国語講座を用意しているが、まだまだサポートは十分といえない状況のようである。

介護従事者は高齢者を相手にするわけだが、高齢者は中国語(いわゆる北京語)が話せない人もいる。閩南語や原住民の言葉を話す高齢者もおり、コミュニケーションを取るのがそもそも難しい。

高齢者に痴呆などの症状がある場合は、さらに難しくなる。

途中で投げ出して帰国する外国人も多いそうだ。

●外国人労働者の保障や人権の確保

政府は雇い主に対して、外国人労働者の安全や保障、休暇などの福利について一定のレベルで保証するよう求めている。外国人労働者は台湾経済にとってなくてはならない存在であり、広い視野で見ると彼らの存在は台湾の発展に必要不可欠である。

外国人労働者はそれぞれの事情を抱えて台湾へやってくる。幼い子供を本国に残して出稼ぎにやってくる人もいる。ある母親は1歳の子供を本国に残し出稼ぎにやってきた。しかし仕事の契約を終えて国に帰ると、子供は彼女を母親として認識しなかったという。

外国人労働者については、台湾以外でも世界各国で社会問題となっている。

雇い主にとって雇いやすく、労働者にとっても働きやすい、そうした環境作りが世界的に必要な時代となってきている。

関連記事 : 台湾の外国人労働者について解説 「高齢化社会で福祉施設での海外労働者雇用」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 「ポケット戦艦」と呼ばれた軍艦について調べてみた
  2. 条約に見る北方領土・プーチン外交でロシアの勝利か?
  3. サハラ砂漠は現地の言葉で訳すと「砂漠砂漠」だった!
  4. 旧ソ連・北朝鮮の巨大建造物について調べてみた 【スターリン様式、…
  5. 台湾人から見た日本のオタク
  6. アメリカの金融業界を支配した 「モルガン家」の歴史
  7. 日本人が間違いやすいネイティブ英語①
  8. サヴァン症候群の能力とは 「異常な聴覚、嗅覚、8000年分のカレ…


新着記事

おすすめ記事

世界で話題沸騰!未来計画ノート「バレットジャーナル」の活用方法

3ヶ月先、半年先の自分を見据えて、叶えたい夢であったり、実現させる目標をノートに綴る「バレットジャー…

ドイツ軍の戦車の系譜を調べてみた

※整列するティーガー第二次世界大戦において、ドイツ軍は精鋭無比の戦車軍団でヨーロッパを席…

エリザベス女王杯の歴史を調べてみた「二度あることは サンドピアリス」

エリザベス女王杯 (3歳以上オープン 牝 国際・指定 定量 2200m芝・右)は、日本中央競…

小田原梅まつりに行ってみた

神奈川県西部にある小田原市。その東に「曽我の梅林」があり、「小田原梅まつり」が開催されている…

実体験 【100円ショップ】買って損するもの 7選

最近の100円ショップは実に品揃えが豊かで、商品の入れ替えも早い。そのせいか、使い勝…

アーカイブ

PAGE TOP