政治,経済

世間の関心が高まっている今だから見ておきたい! 『国会議事堂見学』

『国会議事堂見学』

画像 : 本会議場 ※著者撮影

政治資金問題など、世間の政治に対しての関心が高まっている今日この頃。
政治のニュースには、もううんざり」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

こんな時だからこそ、政治の世界に目を向けて、一つ一つチェックしてみると政治に対するイメージも変わるかもしれません。

今回は、小学校の社会科見学で訪れたことがある方も多いと思われる「国会議事堂」についてご紹介します。

個人見学も可。「国会議事堂見学」

国会議事堂というと「事前予約の上、団体で見学する場所」というイメージが強いかもしれませんね。
実際は、事前予約なしで、かつ個人でも見学ができます。

国会議事堂は、みなさんご存じの通り、シンメトリックで「衆議院」「参議院」で半々ずつのつくりとなっています。
「衆議院」「参議院」それぞれで見学(参観と呼ぶ場合あり)の制度があります。

国会会期中以外の見学実施の有無など、事前電話確認をした方が良いケースもありますが、
HPの情報をもとに、計画を立ててみるとよいかもしれません。

衆議院 (https://www.shugiin.go.jp/internet/index.nsf/html/index.htm)
参議院 (https://www.sangiin.go.jp/)

「国会議事堂」建設秘話

『国会議事堂見学』

画像 : 外観 ※著者撮影

17年の工事期間を経て1936年に完成した国会議事堂。
このデザインはどんな風に考えられたか、ご存じでしょうか?

懸賞制度を設け、募集をしたとのことです。
118点の応募があり、その中から1等に当選した渡邊福三氏のデザインが採用されました。
渡邊氏は当時の宮内省の技手をされていた建築家とのことです。

そして、気になる賞金額は、おいくらだったと思いますか?
現在の金額にして1億円は超えていたといわれています。

残念ながら、当時流行していた「スペイン風邪」に感染したことで渡邊氏は亡くなってしまい、国会議事堂の完成を見届けることはできなかったようです。

なお、設計書はなんらかの理由で焼失してしまい、国会議事堂の中は今でも謎の部分が多いといわれています。

また、国会議事堂の工事費は現在の金額で620億円、工事にかかわった作業員は延べ254万人でした。

地上3階・地下1階・鉄骨鉄筋コンクリート造りの国会議事堂の中央広間部分は、「法隆寺の塔」がすっぽりおさまる高さとなっています。

国会議事堂内の銅像・台座の謎

『国会議事堂見学』

画像 : 台座 ※著者撮影

国会議事堂の中央広間には4つの台座があり、その内の3つの台座には銅像が飾られています。
それぞれの制作者は異なりますが、50周年の記念銅像ということで制作されました。

3つの銅像はどなたをイメージしたものかご存じでしょうか?

板垣退助:明治時代の初めに国会開設を求めるための「自由民権運動」を起こした人物。日本で最初の政党「自由党」の党首
大隈重信:日本で最初の「政党内閣」の総理大臣。「立憲改進党」の党首。議会政治確立のために活動した人物。
伊藤博文:日本で最初の「内閣総理大臣」。1889年発布の「大日本帝国憲法」の起草を中心になって行った人物。

この3名の銅像になります。

ちなみに、この3名はこの国会議事堂の演壇に立った経験はありません。
現在の経済産業省の場所にあった「仮議事堂」時代に活躍した政治家3名であるため、今の国会議事堂には足を踏み入れたことはありませんでした。

そして、残り1つの台座には銅像はありません。
人選がまとまらなかった」とも「政治が未完であることの象徴」とも言われています。

現在の総理大臣である岸田総理大臣は、101代目の総理大臣。
今後はどんな総理大臣が誕生していくのでしょうね。

日本のために尽力してくれる総理大臣の誕生を、今後も願うばかりです。

比較的新しい「参観ロビー」

現在の25歳以上の方にとっては、比較的新しいともいえる情報をご紹介しましょう。

国会議事堂見学の際、手荷物検査後に、まず足を運ぶのは「参観ロビー」とよばれるところです。
衆議院側の「参観ホール」については議会開設110年にあたる2000年に完成しました。

第一会派から選ばれる「衆議院議長」・第二会派から選ばれる「衆議院副議長」の写真が展示されています。
2023年夏に足を運んだ際には、細田衆議院議長の写真が展示されていましたが、額賀衆議院議長にかわったため、今は変更されていることでしょう。

また、大きなディスプレイには過去の本会議の映像や、国会議事堂のつくりに関する説明、法律制定の過程などの説明映像が流れています。
「石の博物館 国会議事堂」というパネルも展示されていて、国産の石を使った上で国会議事堂が建設されたという説明があります。

「参議院参観ホール」にもパネル展示などもありますが、「議員席の複製」なども展示されています。

おわりに

今回は、国会議事堂の見学方法についてのご説明の他、国会議事堂に関するごく一部の情報ということで、国会議事堂の建設秘話・中央広間の銅像・参観ロビーについてご紹介しました。

大人になってからあらためて見学をすることにより、感じ取れることは多々あります。

ひょっとしたら政治の世界に大きな動きがでるかもしれない今だからこそ、政治の世界に目を向けてもらえれば嬉しいです。

参考 :
衆議院 (https://www.shugiin.go.jp/internet/index.nsf/html/index.htm)
参議院 (https://www.sangiin.go.jp/)

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 新幹線とその経済効果について調べてみた
  2. 松山刑務所の大井造船作業場に行ってきた①【塀のない刑務所】
  3. 明智光秀の出自と生誕地について調べてみた
  4. NYダウ 一時2197ドル安【過去最大の下げ幅で2度目の取引中止…
  5. 小田原の松原神社例大祭に行ってきた
  6. 高天神城へ行ってみた【続日本100名城 観光】
  7. 【日本の低賃金問題】 なぜ失われた20年になったのか? 「合理性…
  8. 掛川城へ行ってみた【日本100名城】

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

織田信雄はそんなにひどい武将だったのか? 「バカ殿扱いの信長の次男」

織田信長は、いつの時代も英雄として描かれ続けてきた。嫡男である信忠は無能扱いをされて…

日傘の歴史について調べてみた【男性こそ使うべき!】

最近の日本は「もしかして熱帯地方?」と思うほど夏が暑いのは皆さんもご存知の通り。「猛暑」という言…

後醍醐天皇 ~建武の新政【型破りな政治の天皇】

神奈川県藤沢市にある清浄光寺(しょうじょうこうじ)には、国の重要文化財である「絹本著色後醍醐天皇御像…

「ダイエットの歴史」と今流行りのダイエット

ダイエットの語源は、古代ギリシャ語のディーエター「生活習慣・生き方」とされます。その後、中世…

「頼朝の窮地を救ったのは梶原景時だけではなかった」 熊谷次郎直実 ~前編

熊谷次郎直実とは熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期に…

アーカイブ

PAGE TOP