COVID-19

緊急事態宣言が出ても3日間はスーパーへ行かない方が良い

緊急事態宣言

※2020年3月18日にロンドンで缶詰やトイレットペーパーを購入する人々 wiki(c)Nickolay Romensky

5日、作家の本田健さんが「本田健からの一生のお願い!緊急事態宣言が出ても、3日間はスーパーに行かないで!」と題した動画を自身の公式youtubeチャンネルに投稿。

イタリアなど海外でロックダウンの発表があった時に、パニックになった人々がスーパーマーケットに殺到した事例をあげ、新型コロナウイルスの感染リスクが極めて高いことを警告。間近に日本でも緊急事態宣言の発令が予想されるが、それを見越しての注意喚起の内容となっている。

3日ほど経てば混乱は落ち着き、スーパーの流通も止まるわけではないので、慌てて長蛇の列に並ぶ必要はないことなどを述べている。

本田氏は以前にも他の動画で、オリンピックの中止や海外のロックダウンなども事前に予測しており、ほぼ的中させてきた経緯がある。

東京都では毎日のように感染者数が増大し、小池都知事も国に対して早急な決断を求めるなど緊迫した状況であるが、緊急事態宣言があったとしても慌てずに落ち着いた行動をとることが大切といえそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【MA-1ブーム再燃!】フライトジャケットの魅力
  2. ダイソーのおすすめアイテム 5選【使ってみた】
  3. キャリアと格安スマホの違い【2020年には5G通信】
  4. 【利用のコツも教えます】メルカリの数字について調べてみた
  5. 【ミュージックアプリを徹底比較!】聴き放題 5選
  6. 男性も使える?婦人(女性)体温計について調べてみた
  7. Amazonサービスを徹底的に使い倒す!裏技10選
  8. 台湾の新型コロナウイルス対策方法 「買い物の実名登録制度、感染者…


新着記事

おすすめ記事

林子平 〜黒船来航の60年以上前に海防を説いた慧眼

時代を先取りした著作林子平(はやししへい)は、天明5年(1785年)に「三国通覧図説」を…

夏目漱石の生涯をわかりやすく解説 「神経質で短気だった」

『吾輩は猫である』、『こころ』、『夢十夜』…読書好きでない方でも、一度は聞いたことのあるタイトルだと…

ヒトラーの功績 について調べてみた【後世への遺産】

1934年、ナチス・ドイツの総統となったアドルフ・ヒトラー。それは、第二次世界大戦への序章で…

ミッドウェー海戦 ~わかりやすく解説【負けるべくして負けた】

1941年12月、真珠湾への攻撃によってアメリカ太平洋艦隊の主力艦艇を壊滅させた大日本帝国海軍は、そ…

Google Home Miniを一週間使ってみた【レビュー】

今話題のスマートスピーカーだが、私自身は興味がありつつもすぐに飛びつくようなことはなかった。なにせ使…

アーカイブ

PAGE TOP