幕末明治

堀江六人斬り事件とは ~「女狂いのクズ男が嫉妬で6人メッタ刺し」

明治38年、大阪。夜が明け始めた頃、一人の男が警察署に自首しました。

男の名は中川萬次郎

貸座席「山梅楼」の主人でした。

わずか30分の間に、妻の家族や芸妓6人を次から次へとメッタ刺しにした、世に言う「堀江六人斬り」の犯人です。

彼はなぜ、このような異常すぎる凶行に走ったのでしょうか?

凶行・刀剣で6人を斬りつけ5人が即死

堀江六人斬り事件とは

画像. 2階座敷の様子 public domain

画像. 1階座敷の様子 public domain

明治38年6月21日、午前4時30分。

皆が深い眠りにつき家中がしんと静まり返る中、中川萬次郎(52歳)はタンスの中から1尺8寸(約54センチ)の脇差しを取り出します。

刀を握りしめ迷うことなく奥の間へとむかい、まずは寝ていた妻の母・こま(65歳)の頭部に一刀、逃げようとする後頭部に再び一刀を浴びせて斬殺しました。

その後、隣で寝ていたこまの娘・すみ(14歳)の頭部から胸部を袈裟懸けにして絶命させると、すぐさま二階へと駆け上がります。

二階の表座敷には、こまの次男・安次郎(20歳)と芸妓・妻吉(18歳)が眠っていました。

まず安次郎の首を切断。悲鳴を上げた妻吉の左腕を斬り落とし、さらに右腕に深く斬り込み、皮一枚を残すだけの重傷を負わせました。
次いで向かいの三畳間で、「兄はん、堪忍して」と命乞いをする芸妓・梅吉(20歳)の頭部をためらうことなく斬って絶命させます。

血に染まった刀を手に、再び一階へ降り、萬次郎の娘・初光と一緒に寝ていた妻のいとこ・中尾きぬ(16歳)を揺り起こし、こまの部屋へ連れ込んで後頭部に二太刀。即死でした。

再び二階にとって返した萬次郎は、まだ息のあった血だらけの妻吉を引き起こすと、「おのれの悪口を言ったのはこの口か」と絶叫し、妻吉の口に刀を突っ込み左右1寸(約3センチ)ずつ切り裂きました。

惨劇が終わると、萬次郎は新しい浴衣と袴を身につけ自ら命を絶とうとしますが、手が震えてのどをつけません。

結局、下女に後を託して大坂西署へ自首しました。

堀江六人斬り事件とは

画像. 殺害現場の見取り図 public domain

中川萬次郎とはどんな男なのか?

画像.中川萬次郎の似顔絵 public domain

・士族出身の教養高い男

中川萬次郎は尾張国海東郡福田村生まれ。旧姓は犬飼といい、実家は尾張徳川家の家来筋でした。一説によると犯行に使われた刀は、萬次郎が家老から拝受したものだと言われています。萬次郎は教養高く、囲碁将棋が得意でした。

維新後は帆船の船頭を生業とし、大阪に行くたびに山梅楼に宿泊。やがて同家の娘・八重とねんごろになり、婿養子としておさまりました。

女主人である八重の母が亡くなると、萬次郎は楼主として店の実権を握ることになります。

・自分本位な女狂い

堀江六人斬り事件とは

画像. 娼妓と客イメージ public domain

萬次郎は、奔放に振る舞うようになっていきました。住み込みのお作という芸妓と北海道へ駆け落ちし、数年後お作を捨て、一人でしれっと山梅楼へ戻ってきました。

自分のことは棚に上げ、留守中に妻・八重が不貞をはたらいたといって殴る蹴るの暴力をふるい、家付き娘の八重を追い出し、山梅楼を乗っ取ります。

八重がいなくなると萬次郎は松島遊郭の芸妓・白木すえ(39歳)を家に入れ、すえの姪・座古谷あいを養女として引き取り、芸妓「小萬」として店に出しました。

これだけでも十分なクズっぷりですが、萬次郎は25歳年下の容姿端麗なあいに執心しはじめます。
しつこく言い寄る萬次郎をあいは拒み続けましたが、すえが不在のある日、萬次郎は力ずくであいを自分のものにしてしまいました。

明治30年頃、萬次郎はあいを連れ台湾へ出奔し、あいは長女・初光を出産。

画像. 萬次郎とあいの娘・初光 public domain

帰国すると養子の明次郎(31歳)とすえの仲が怪しいと難癖をつけ、すえも裸同然で家から追い出します。

その後、あいを妻として迎え、あいの家族と一緒に暮らしはじめました。

萬次郎のあいへの異常な執着が、狂気へと変わる

堀江六人斬り事件とは

画像. あい public domain

あいは萬次郎のことを好きになれませんでした。嫌で嫌でたまらなかったのです。あいの冷たい態度に萬次郎はイラ立ち、暴力を振るうようになります。

特に嫉妬がすさまじく、あいと客の関係に目を光らせ、少しでも疑わしいことがあるとあいに刀をつきつけて脅し、殴る蹴るの暴力の果てに詫び状まで書かせました。

萬次郎の怒りと嫉妬と暴力による日々を送っていたあいは、ある日、明次郎と駆け落ちします。事件の約1か月前のことでした。

あいの裏切りを知った萬次郎は逆上するも、あいを家に連れ戻したい一心で、あいの母やおじ、妻吉の父親らにすがりますが、誰も取り合ってくれません。さらに警察署にも捜索願を提出したものの、捜索はうまくいきませんでした。

誰もかれもがグルになって二人をかばい、自分をのけ者にしている。みんなが寄ってたかってあいへの思いをさまたげ、陰で自分をあざ笑っている。

このような異常な憎悪を抱いた萬次郎は、二人の逃亡を手助けしたあいの家族と親族、芸妓らを皆殺しにすることを決意。

明治38年未明に殺害を決行したのでした。

「大阪府警察史第1巻」には、

「職業が職業とはいえ、彼(萬次郎)の愛欲生活は、次々と女を替えて繰り返されたが、あいに対する執着は狂気に近いものがあった」

と記されています。

両腕を失い生き残った妻吉は、尼僧・大石順教として福祉活動に励む

画像. 大石順教 public domain

中川萬次郎は、「謀殺罪」(計画殺人)により、明治40年2月に死刑に処されました。

両腕を失ったものの一命をとりとめた妻吉は、芸妓を辞めて旅芸人として寄席に出演。歌や踊りを披露し、人気を博しました。

妻吉は獄中の萬次郎を訪れ「決して恨まない」と告げ、彼が死刑に処されたときには浅草連光寺で法会を営み、犠牲になった5人と萬次郎を弔っています。

その後、画家・山口草平の妻となり二人の子に恵まれましたが、夫の不倫のため離婚。

出家得度し大石順教を名乗り、身体障害者の自立を支援する福祉活動に励みました。1937年には、当時日本を訪れていたヘレンケラーと対談しています。

また口筆の書画で知られ、昭和30年に口筆般若心経で日展に入選しています。

昭和43年、80歳で亡くなりました。

現在の大阪市西区北堀江にあった堀江遊郭は、大阪大空襲を受け、戦後一時復興したものの衰退、昭和後期に消滅したということです。

参考文献:中嶋繁雄『明治犯科帳』

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 山縣有朋 の功績ついて調べてみた【今までの評価は間違い?】
  2. 『日本騎兵の父』 秋山好古とはどのような人物だったのか
  3. 安政の大獄について調べてみた【斉彬と西郷の別れ】
  4. 近藤勇が「大久保大和」と名乗った意味は? 「尊皇攘夷と幕府への忠…
  5. 刑務所では本当にタバコが吸えるのか?
  6. 日本が台湾へ出兵するきっかけとなった 「牡丹社事件」
  7. 「坂本龍馬が歴史の教科書から消える?」 今と昔でこんなに違う歴史…
  8. 安易な増税に異議アリ!明治政府の放漫経営に憤る西郷隆盛の言葉 「…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

東京ディズニーシーのリアルさについて調べてみた

東京ディズニーシーの魅力は、リアルと虚構のバランスだろう。2001年に開業したこの世界初の「海を…

蘆名義広【角館城下町を築いた浮き沈みの激しい人生を生きた武将】

佐竹氏の出自蘆名義広(あしなよしひろ)は、常陸の戦国大名・佐竹義重の次男ですが白河氏の養…

にんにくの栄養や効能・保存方法・賞味期限について調べてみた

「にんにくとは」にんにくとは西アジア原産といわれるユリ科の多年草です。食材として…

バトル・オブ・ブリテン 【イギリスvsドイツの史上最大の航空戦】

史上最大の航空戦バトル・オブ・ブリテンとは第二次世界大戦下で行われた戦いのひとつで、史上…

新選組隊士たちの恋人について調べてみた

新選組といえば、江戸時代末期、京都にて尊王攘夷派の弾圧のため活動した剣客集団のことである。…

アーカイブ

PAGE TOP