海外

スタンフォード監獄実験【実は仕組まれた実験だった?映画化もされる】

ジンバルドー教授の実験

スタンフォード監獄実験

※フィリップ・ジンバルドー教授

スタンフォード監獄実験 は、1971年にアメリカのスタンフォード大学において実施された心理学実験です。心理学上では「ミルグラム実験」(アイヒマンテスト)の発展型と目されるものでした。

同大学心理学部のフィリップ・ジンバルドー教授が監修したこの実験は、大学の地下に監獄を模した大掛かりな施設を準備し、そこへ新聞の広告で集められた実験対者を看守役と囚人役に分けて配置して行われました。

この実験では単なる役割として配置されただけの対象者達が、実験の時間の経過と連動して、両者ともその役割に沿った行動をとったとジンバルドー教授は公表し、世間の耳目を集めました。

実験結果の捏造疑惑

しかし最近この実験時の録音テープがスタンフォード大学から公表されると、そこには看守役へ期待される具体的行動を開催者側が仄めかしていると受け取れるやり取りがあり、ジンバルドー教授らの結果報告に対する信憑性が揺らぐ状況に至っています。

ジンバルドー教授はこの実験で一躍著名な学者となった人物でしたが、これ以後多数の受賞をしたこともあり、心理学会のカリスマと言うべき地位を獲得していました。

ここに映画化さえされ、実話と伝えられていた「スタンフォード監獄実験」が捏造かもしれないという疑惑が浮上したのでした。

ジンバルドーの振舞い

この実験に際してジンバルドー教授は自らも刑務所の所長のユニフォームを着用しており、看守役となった実験対象者たちに何を期待しているかを暗に示唆しているような状態だったとされています。

この行為は実験の対象者が何を目的に実験されているのかを認識させるという、心理学実験において絶対にしてはならない基本の約束事すら守られていなかったとを意味していました。

残虐性の発露

ジンバルドー教授らは囚人役にはよりリアリティを持たせるために、パトカーを使用した逮捕を行わせ、指紋を採取するなどの演出をしました。

更に囚人役の片足には鍵付きの鎖が取りつけられ、トイレに行く場合には目隠しをさせました。その上で看守役には表情が分からないようにするためサングラスの着用を実施させました。

こうした環境下において看守役は自ら進んで囚人役に暴力的になって行きました。そうした看守役の行為に反発した囚人達は、集団の監房から連れ出され別の部屋に隔離され、その囚人達はバケツへの排便を強要されるに至ったとされています。

元の実験結果

こうした経過から、人間の持つ権限への服従が起こったものと報告され、強力な権限を付与された人間がそうではない人間と閉鎖された空間に置かれると、徐々に暴力的な行動に及びそれに抑制が効かなくなるとされました。

加えてその個人本来の習性とは無関係に、付与された役割だけでそうした行動に及ぶと結論付けられました。

スタンフォード監獄実験 再現は出来ず

しかし、この後に心理学者のアレクサンダー・ハスラムがこの実験結果が再現可能か検証を行おうとしたものの果たせず、殊にその個人本来の習性とは無関係に役割で与えられた行動に及ぶという点について、そうした傾向は何も確認できませんでした。

この再現性が見出せなかった点が「ミルグラム実験」との最大の相違点であり、前述の疑惑を招くことになりました。

看守役の人物が暴走して残酷な行動をしたという、実験の結果自体が信頼に足るものではなく、こうした心理的な同調行為が自動的に起こるものではないという可能性が極めて高くなりました。

この実験自体が虚構だったのではないかと問われる事態となり、映画化までされた実験結果の是非が改めて問われる事になっています。

関連記事:
アイヒマンテストについて調べてみた【人間の残酷さを証明した心理実験】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 【近代イギリス長編小説の頂点】ジェーン・オースティンの生涯
  2. 「共産主義あるある」ネタで有名なエレバン放送のQ&Aコー…
  3. チェスキー・クルムロフとは 【世界一美しい街】
  4. 日本のAI技術が世界に普及する日が近い?【海外でも注目の日本のA…
  5. ロシア帝国の歴史とロマノフ朝について調べてみた
  6. カール・ハウスホーファー【ヒトラーに影響を与えた地政学者】
  7. 【インド初の女性首相】インディラ・ガンディー
  8. リヒテンシュタイン公国 について調べてみた【時を止めた国】


新着記事

おすすめ記事

武田勝頼は本当に無能だったのか?

武田勝頼は、父・信玄より優秀だった!?はじめに武田勝頼といえば、甲斐の戦国大名・武田…

マウナラニ ベイ ホテル(ハワイ島)の喫煙場所 Smoking area of Mauna Lani Bay Hotel

こんにちは。ゲーハーです。この記事は2017/12/02の情報です。前回のヒルトン …

5G 運用開始前夜!MWCでスマホの未来が見えた

スペイン・バルセロナでMWC(Mobile World Congress)が、2月26日~3月1日(…

オリンピックに懸けた日本人達 ~「マラソンの父」金栗四三の軌跡~

「金栗四三」不滅の記録~54年8か月6日5時間32分20秒3~「マラソンの父」と呼ばれる伝説…

世界の特殊部隊 について調べてみた「SAS、スペツナズ、フランス外人部隊」

特殊部隊というとアメリカの十八番のように思うが、実際はそうではない。もともとは、アメリカの特…

アーカイブ

PAGE TOP