幕末明治

西郷隆盛が島流しになった理由について調べてみた

 

2018年、NHK大河ドラマ『西郷どん』の主人公・西郷隆盛。

 

西郷隆盛

(画像 wikipedia)

 

西郷は生涯で二度、「島流し」になっています。
その理由について調べました。

スポンサーリンク

西郷隆盛の前半生

西郷隆盛は文政10年(1827)、鹿児島城下加治屋町にて誕生します。

弘化元年(1844)、17歳のころ、郡方書役助(米の出来高を見積もり納めさせる役所の書記)となり、のちに薩摩藩主・島津斉彬に取り立てられるまで、郡方奉行の下で勤仕します。

 

安政元年(1854)、27歳のときに藩主・島津斉彬に取り立てられます。

藩主斉彬に従って江戸に行き、庭方役となります。

 

それ以後の西郷は、さまざまな人物たちと交流を深めていきます。

水戸藩の藤田東湖戸田忠太夫、越前藩の橋本左内、肥後藩の長岡監物など、各藩の人物たちとの交流が始まります。

こういった幅広い人脈は、その後の西郷の活躍の場を広げることになりました。

 

 

西郷にとって、最初の大きな転機が島津斉彬に取り立てられたことならば、次の転機は将軍継嗣問題に参入したことでしょう。

 

薩摩藩・主島津斉彬は、将軍・徳川家定の後継者に一橋慶喜(徳川慶喜)を推挙していました。

欧米列強の脅威が迫ってくるなど混沌とした時代に、聡明な人物と評判の高かった慶喜が次期将軍にふさわしいと斉彬は期待していたのです。

一橋慶喜を次期将軍にしたい人々は他にも松平慶永山内豊信伊達宗城などがいました。

 

島津斉彬は、慶喜を将軍に擁立する工作に西郷をあたらせました。

斉彬の同志である越前藩・松平慶永の家臣に橋本左内がおり、共同して活動していくことになります。

ここに、次期将軍を誰にするのか、一橋派(慶喜を推す)」と「南紀派(慶福を推す)」の対立、将軍継嗣問題が起こったのです。

 

最初の島流し

西郷らの活動は実を結びませんでした。

「南紀派」であった井伊直弼が大老に就任し、通商条約への調印や幕閣の刷新などを次々と進め、将軍継嗣も徳川慶福(後の家茂)に決定したのです。

その直後、将軍・徳川家定が亡くなり、正式に慶福が将軍となり「徳川家茂」が誕生しました。

 

井伊直弼は反対した大名やその家臣に弾圧を加えていきます。

俗にいう「安政の大獄」です。

京都や江戸で活動していた西郷も身の危険が迫り、清水寺の僧である月照を連れて鹿児島亡命を図ります。

 

しかし、薩摩藩は幕府の嫌疑を恐れて月照の鹿児島入りを拒みました。

進退きわまった西郷は、月照と共に鹿児島湾に投身しますが、側にいた平野国臣らに救助され、西郷だけが蘇生しました。

 

この事態に薩摩藩は西郷を死んだことにし、奄美大島に謫居(島流し)させることを決定します。

安政6年(1859)1月12日、西郷は奄美大島龍郷村に上陸しました。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 竹橋事件【太平洋戦後まで秘匿されていた知られざる反乱】
  2. 幕末の思想家・横井小楠について調べてみた
  3. ヒムラーの謎の城について調べてみた【ナチス親衛隊】
  4. 島津斉彬と西郷隆盛の出会いについて調べてみた
  5. 神風連の乱について調べてみた【明治の士族反乱の魁】
  6. 毛利敬親【多くの維新の人材を見出した そうせい候】
  7. 日清戦争について調べてみた【近代日本初となった対外戦争】
  8. 【鎖国は正解だった!?】明治の発展は鎖国のおかげ!

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2018年 6月 25日

    よくわからん

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

前島密について調べてみた【日本郵便制度の創設者にして1円切手の肖像】

日本の郵便制度を創設前島密(まえじまひそか)は江戸時代末期から大正時代を生きた人物で、今…

建門院徳子の生涯 について調べてみた【生きながらにして六道を見る】

平清盛の娘、高倉天皇の中宮、そして安徳天皇の母として知られる建礼門院徳子。徳子の生涯について調べ…

始皇帝と秦王朝の中国統一までについて調べてみた

紀元前221年、始皇帝は「秦(しん)」の王となってから、わずか26年で中国全土を統一した。中国初の統…

アーカイブ

PAGE TOP