鎌倉時代

「いざ鎌倉」という言葉について調べてみた

いざ鎌倉」という言葉がある。

小学館 全文全訳古語辞典」によると、この言葉の意味は

「さあ、一大事が起こった。自分はそれに積極的に対応しなければならない」

という事態をさすことば、であり、

「鎌倉幕府に忠誠を尽くす武士は、国家的大事件があればすぐに鎌倉へ駆け付ける義務を有したことによる」

とのことだ。

今回はこの「いざ鎌倉」という言葉について調べてみた。

スポンサーリンク

1.「いざ鎌倉」という言葉の由来となった話

この「いざ鎌倉」という言葉の由来となったエピソードがある。

江戸時代に井沢蟠竜(いざわばんりょう※神道家)によって書かれた啓蒙の書「広益俗説弁」にはこのようにまとめられている。

最明寺時頼入道、諸国をめぐり、上野(かうづけ)国佐野にいたり、雪にあひてある家に宿す。

主、まづしくて薪なき故、鉢の木をきり、たきてあたためぬ。

時頼、感じて其名を尋ねしかば、

「佐野源左衛門常世(つねよ)なり。一族に所領をおしとられ、かやうの体になり候ひぬ。しかれども、もし明日にも乱出来ば、ちぎれたる鎧を着、さびたる長刀を持ち、痩せたる馬に乗りながら、一番にはせ参り着到(ちやくたう)につき、高名をきはめ候はん」

などかたる。


※建長寺所蔵の北条時頼像(江戸時代)

鎌倉幕府の執権であった北条時頼が、諸国を巡った際に、佐野源左衛門常世(さのげんざえもんつねよ)という者が、大切にしていた鉢の木を切り、燃やして時頼をもてなしたという話だ。その際に常世

今は落ちぶれているが、乱が起こるようなことがあれば、真っ先に鎌倉にかけつける所存だ

との旨を述べる。

かくて最明寺いとまをこひ、鎌倉に帰り、にはかに軍勢を催すに、程なく集まること、雲霞のごとし。

最明寺、二階堂何某に告げて、諸軍勢の中に、ちぎれたる鎧を着、さびたる長刀を持ち、痩せたる馬に乗りたる武者一人あるべし、とてよび出さしむるに、兼ねていひしにたがはず常世(つねよ)なりしかば、時頼大いに感悦し、

「われこそ汝がもとにやどりし修行者なり。かやうに諸勢をあつむること、他の儀にあらず。汝が佐野にていひしことばの真偽(まこといつはり)をしらんがためなり。

然るに、少しもことばをたがへず馳せ参ること神妙なり。汝が本領佐野庄七百余町、もとのごとくかへしあたふるなり。又、大雪にあひてさむかりしに、秘蔵の鉢の木をきり、火に焼ひてあてしこと、其こころざしわすれがたし。其時の鉢の木は梅・桜・松なりしかば、返報に、加賀に梅田、越中に桜井、上野に松枝、三ヶ庄領ずべき」

よし、自筆の状、安堵に添へてあたへしかば、常世(つねよ)、頂戴して国にかへれば諸軍勢も各々国に帰りける。

その後、鎌倉に帰った時頼は、にわかに軍勢を招集する。

言葉の通りに「いざ鎌倉」へと馳せ参じた常世を讃えて、時頼はあの時の鉢の木の返報として、所領を与えたということである。

そう、時頼が軍勢を集めたのは、常世の言葉が真実であるかどうかを試すためだったのだ。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 元寇の勝因は本当に神風だったのか調べてみた
  2. 楠木正成の智謀【民衆が支えたネットワーク】
  3. 新田義貞について調べてみた【悲運の功労者】
  4. 源氏物語は本当に紫式部が書いたのか?
  5. 小田原梅まつりに行ってみた
  6. 江戸時代以前の東海道について調べてみた
  7. 毛利氏―安芸の国人から中国地方統一まで―
  8. 兼好法師に学ぶ 心の健康法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP