恐竜

マーシュとコープの化石戦争 「二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争」

恐竜界最大のライバル

19世紀後半、二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争が勃発した。

マーシュとコープの化石戦争

オスニエル・チャールズ・マーシュ(左)とエドワード・ドリンカー・コープ。恐竜化石を巡って熾烈な争奪戦を繰り広げた。

オスニエル・チャールズ・マーシュ エドワード・ドリンカー・コープのライバル関係と競争は「化石戦争」という名で今でも恐竜ファンの語り草となっている。

今回は、生涯を通して壮絶な争いを繰り広げられた化石戦争と、あまり語られない両者のその後を紹介する。

フィリーの決別

お互いの生涯に於いて強烈なライバル(もしくは敵)としてあり続けたマーシュコープだが、後述の事件によって仲違いするまでは「表面上」は同業の友人として親しく接していた。(フィラデルフィアの裕福な家庭で育ったコープに対してマーシュはニューヨーク州の田舎の貧しい家庭で育つなど両者の出自も対照的で、性格的にも気が合う要素はほとんどなかった

一緒に発掘を行うなど見た目の上では仲良くしていた一方で、裏では発掘に使用した採石所の管理人にお金(要するに賄賂)を渡して次は自分を優遇するよう働き掛けるなど心の中では敵対心を持っていた二人だが、コープが発見したエラスモサウルスの復元が間違っている(頭を首ではなく尻尾に付けていた)とマーシュが指摘した事がきっかけとなり、元から崩壊寸前だった両者の関係に亀裂が入る。

マーシュとコープの化石戦争

エラスモサウルス復元想像図

実際にコープの間違いを指摘したのはアメリカの古生物学者・ジョセフ・ライディという説もあるが、ここでは「エラスモサウルスという首長竜を発見したのでフィラデルフィアまで見に来て欲しい」というコープの誘いを受けたマーシュがエラスモサウルスを見た時にコープの間違いを指摘したという説を採用する。(いずれにせよ、マーシュがエラスモサウルスをコープ叩きのネタに使ったのは事実である

エラスモサウルスの一件によって両者の不仲は決定的なものとなり、論文で相手を攻撃するなど関係は最悪なものになる。

マーシュとコープが敵対関係になった1870年代中頃、ワイオミング、サウスダコタ、コロラドといったアメリカの中西部では化石ラッシュが起こっており、二人の争いの場は東海岸から中西部へと移る。

化石戦争勃発

中西部に進出したマーシュとコープは、現代まで語り継がれる貴重な発見の数々で世間を驚かせる。

両者によって新たに名付けれた恐竜は136種にも及び、そのうちの大半が後に否定されて無効名となってしまったものの、調査の度に報告される大発見は世間の注目を集めるのに十分すぎた。

これまで10種類にも満たなかったアメリカの恐竜は、マーシュとコープによって飛躍的に増加するが、世界を巻き込んだ恐竜フィーバーの裏では醜い妨害合戦が行われていた。

前述した論文によるお互いの批判、攻撃は序の口に過ぎず、互いの陣営にスパイを送り込むのは当たり前。
現場から発掘チームが撤収する時は、貴重な化石が相手の手に渡らないよう破壊してから立ち去るという罰当たりな行為もザラだった。

更に、発掘現場で両陣営が鉢合わせした時は喧嘩に発展するなど、マーシュとコープのライバル関係は「戦争」と呼ぶべきレベルであり、現代に伝わる「化石戦争(Born Wars)」という言葉は決して大袈裟なものではなかった。

化石戦争の結末

マーシュとコープの対抗心は両者の晩年になっても衰える事がなく、1897年にコープがこの世を去るまで両者は敵であり続けた。

また、晩年の両者はともに破産状態となっており、全盛期の勢いは見る影もなかった。

130以上にも及ぶ恐竜の発見と、強烈なライバル関係で世間を騒がせたマーシュとコープの化石戦争の勝敗から述べると、発見した恐竜の数だけを見たら80対56でマーシュの「勝利」だった。

マーシュとコープの化石戦争

1896年、マーシュによるステゴサウルスの復元図。ステゴサウルスは1877年にマーシュが初めて命名、記載した。

アロサウルス、ステゴサウルス、トリケラトプス、カマラサウルス、マノスポンディルス(後にティラノサウルスと同一種である事が判明)といった誰もが知る恐竜の発見は紛れもない彼らの功績であり、それは誰もが認めている。

だが、両者とも発表を焦るあまり化石の復元や研究が雑なものになってしまい、命名された恐竜の大半が後の研究で否定されるという、研究者としては非常に「お粗末」なものだった。(マーシュが命名したブロントサウルスのように一度否定されてから後に復活した例もあるが、これはレアケースである

化石戦争の意味

恐竜ファンなら化石戦争という言葉を一度は聞いた事があるが、マーシュとコープのライバル関係と多くの恐竜が命名されたという歴史的功績が語られるだけで、その後の顛末はほとんど知られていない。

後世に伝えられるのは基本的にポジティブな部分だけというのはよくある話だが、世間を巻き込んだ大喧嘩の結末が両者の破滅というのは確かに締まらない結果ではある。

子供の頃に化石戦争を知った時は、マーシュとコープが切磋琢磨する事によって多くの恐竜が発見され、恐竜研究に於いても大きな貢献をしたと思っていたが、その大半がデタラメだった(おまけに両者とも破産して惨めな晩年を過ごしていた)という事もあり、知れば知るほどがっかりするという、何とも「残念」な出来事だった。(当時の自分のような恐竜好きの小学生をターゲットにした子供向けの本にネガティブな事を書くはずがないので、化石戦争の本当の結末を知らないのは当たり前といえば当たり前だが

マーシュとコープの研究成果を現代人の目から見ると、名付けた恐竜の大半が否定されている以上「過大評価」と言わざるを得ないが、今でも語り継がれるライバル関係と、アメリカの恐竜研究を大きく発展させた功績は、今でも色褪せない。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

mattyoukilis

投稿者の記事一覧

浦和レッズ、フィラデルフィア・イーグルス&フィリーズ、オレゴン州立大学、シラキュース大学を応援しているスポーツ好きな関羽ファンです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. エウロパサウルスの飼育方法 「もし現代にいたら飼うことはできるの…
  2. スピノサウルスの発見から現在に至るまでの研究の歴史
  3. 恐竜絶滅はネメシスの怒り!?「驚くべき恒星の事実」
  4. ウルトラサウロス 「消えた伝説の超巨大恐竜」
  5. 消えたセイスモサウルス 「もう一つの超巨大恐竜」
  6. スピノサウルスの帆の謎 【ラジエーター説、泳ぎ説、筋肉説 他】
  7. 亜種?希少種? かつてブラキオサウルスだった恐竜達 「ジラフ…
  8. コリトサウルスの貴重な発見【ミイラ化石からスターダムへ】


新着記事

おすすめ記事

金森宗和 ~大坂の陣当日に父から勘当された武家茶人【宗和流茶道の祖】

金森宗和(重近)とは金森宗和(かなもりそうわ)は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑に仕…

スターリンが指導者だった頃のソ連について解説

『スターリンはあまりに粗暴過ぎる。背信的なスターリンを指導者にしてはならない。』この言葉はソ…

戦国の覇者・徳川家康が愛用した甲冑 「金陀美具足、伊予札黒糸威胴丸具足」

武人だった家康100年にも及んだ戦乱の世を終わらせた徳川家康は、その人生の大半を戦場で過…

長野業正 ~信玄をも敗退させた上州の虎

上州の黄斑(虎)長野業正(ながのなりまさ)は、関東管領の山内上杉家に仕えていた戦国武将です。…

5月5日は自転車の日!最初は馬車の代用品でペダルがなかった「自転車」の歴史

なかなか旅に出られない時期が続いています。だからこそ旅に使う、旅に関係した身近な道具や持ち物の歴史に…

アーカイブ

PAGE TOP