平安時代

清少納言と紫式部 は仲が悪かったというのは本当なのか?

清少納言と紫式部

枕草子」を書いた清少納言と、「源氏物語」を書いた紫式部は、お互い仲が悪かったという話をどこかで聞いたことがあるような気がするのですが、それは本当でしょうか。調べてみました。

清少納言と紫式部 の仕えた相手

清少納言と紫式部。二人はともに下級貴族の娘として生まれ、天皇のお后に仕えました。

清少納言が仕えたのは、藤原道隆の娘である定子。紫式部が仕えたのは、藤原道長の娘である彰子です。

定子も彰子も、ともに一条天皇のお后でした。図にするとこうなります。

清少納言と紫式部

ちなみに道隆と道長は兄弟ですが、道隆家と道長家は権力争いという意味ではライバル関係です。

確かに、こう見ると、権力を争う家の娘に仕える女性同士、互いにライバル心を持っていてもおかしくないように見えます。

 

作風の違い

清少納言の書いた「枕草子」は、中宮定子の周りに仕えた女房たちによって共有されていたセンスを伝えてくれるものです。

日々の話題や、使っていた言葉、ちょっとした受け答え、自然や風物、人々のあり方への洞察などが書き集められていますが、その価値観を代表する言葉は「をかし」です。

一方、紫式部の書いた「源氏物語」については「もののあはれ」を表現した文学だと言われます。

江戸時代の学者である本居宣長は「源氏物語玉の小櫛」の中で、

「物語はもののあはれを知るをむねとして(物語はもののあはれを理解することが主旨であり)」

と述べた上で、

「もののあはれを書き述べて、源氏の君をば、むねとよき人の本として(もののあはれ深さを繰り返し書き述べて、光源氏を、専らよい人の手本として)」

と述べて、源氏物語の主人公である光源氏を「もののあはれ」を体現する人物として描いているとします。

「をかし」はものを客観的に理知的に賞美する感じ。イイネ!という明るいイメージの言葉です。

「あはれ」はしみじみとした感動を示す言葉で、ジワーっとしたイメージの言葉です。

清少納言と紫式部は互いに「文章で表現したかったこと」においても対立するように見えますね。

 

性格の違い

では、二人は互いにどんな性格の持ち主だったのでしょうか。

清少納言については「枕草子」の中にこんな記事があります。

大進生昌という人に家に中宮定子たちが赴いた際の「生昌の家の門が狭くて、大変に通りにくかったこと」
についての会話です。

(清少納言)「などその門はた、せばくは作りて住み給ひける。」(どうしてその門をまた、狭く作って住みなさっているの?)

(生昌)「家の程、身の程にあはせて侍るなり。」(家柄や身分に合わせてのことです。)

(清少納言)「されど門のかぎりを高う作りたる人もありけるは」(でも、門だけを高く作っている人もいるわよ。)

(生昌)「それは于定国が事にこそ侍るなれ。」(それは于定国の故事ですね!)

「于定国が事」というのは「漢書」などにある話で、要するに清少納言はここで「漢文の知識を披露して男性貴族を驚かせている」わけです。

当時漢文は男性貴族の教養で、女性が漢文に通じているのはすごいことでした。

「知識や教養、機知に富んだ受け答えを披露して、相手を驚かせてしまうワタシ」について語ったエピソードが「枕草子」には、たくさんあります。

どうも清少納言からは「気がつくと自慢話を始めてしまうキラキラ女子」の性格が伺えます。

さらに「たくましく貴族社会で生き抜くバリキャリ系女子」のイメージも重なります。

 

では、一方紫式部はどうでしょう。

紫式部の日記である「紫式部日記」にはこんな記事があります。

「誇りかにきらきらしく、心地よげに見ゆる人あり。」(誇らしくキラキラしていて、気分良さそうに見える人がいる。)

「『われは』と思へる人の前にては、うるさければ、もの言ふことももの憂く侍り。」(「我こそは」と思っている人の前では、うっとうしくて、しゃべるのもダルいです。)

ああいうキラキラして我の強い人たちに比べて、私は人の中に混ざって働くのは向いてない」と苦悩を述べている部分です。

これは直接清少納言を名指ししているわけではないのですが、少なくとも、紫式部の内向的な性格が見えます。

性格という点でも、二人はどうも相容れなさそうですね。

次のページへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
固定ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 空海はどれくらい天才だったのか調べてみた
  2. 藤原秀郷・大ムカデ退治の伝説【多くの戦国大名の祖】
  3. 清少納言の意外なエピソード 「くせ毛で容姿に自信がなかった」
  4. 兄嫁だって構わない!頼朝がゲットしそびれた第4の女?祥寿姫のエピ…
  5. 富士信仰について調べてみた【富士山は誰のもの?】
  6. 藤原道長について調べてみた【最強の貴族】
  7. 「ちょんまげ」の歴史について調べてみた
  8. 江戸時代以前の東海道について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

犬山城に行ってきた!【日本100名城】

(画像・犬山城 ※写真は全て本人撮影)国宝の「犬山城」に行ってきました!木曽…

誕生日石&花【7月01日~10日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【7月1日】楽観的で社交的。信念貫く、力強い指導…

沖縄の離島・座間味島に行ってみた 「予想以上にキレイな海と静かな街でした」

みなさん、沖縄にある座間味島(離島)をご存知ですか?実は沖縄の本島からフェリーでたった50分…

どこまでも真正直な姿に心打たれ…雲居和尚と山賊兄弟のエピソード【江戸時代】

古来「至誠通天(しせいつうてん)」と言うように、中途半端な小細工を一切弄しないまごころには、人の胸を…

【現代版ノアの箱舟】中性子星が地球に接近したら人類はどうする?

宇宙には様々な天体が存在する。我々の住む地球のような惑星、太陽のような恒星、ブラックホールなどな…

アーカイブ

PAGE TOP