不思議

蘆屋道満について調べてみた【安倍清明のライバル!?】

蘆屋道満

今から1000年ほど昔のこと。
平安の都に1人の男がいた。名を安倍清明という。幼くして賀茂保憲の弟子となり、陰陽道を究めた清明はその名声を讃えられ、その逸話は今でも伝えられている。

しかし、清明の影に隠れ、ほとんど表に名が出てこなかった陰陽師もいた。その1人が道摩法師(どうまほうし)こと、蘆屋道満(あしやどうまん)である。

この男、どのような人物だったのであろうか?

非官人の陰陽師

安倍清明が宮中に取り立てられ、陰陽寮・主計寮といった官僚を歴任したのに対し、蘆屋道満は非官人、つまりはフリーランスの陰陽師であった。とはいえ、清明は朝廷に仕えたというよりも、請われてその職を受けたとも言われており、朝廷派でも民間信仰派でもなく中立的な立場の陰陽師だった。
清明が陰陽寮に所属するようになったのは40歳と遅く、出世などにはあまり興味がなかったためである。

一方の道満は、晴明に勝るとも劣らないほどの呪術力を持つとされ、安倍晴明が藤原道長お抱えの陰陽師であったのに対し、道満は藤原顕光お抱えの陰陽師であった。しかし、それも仕事のひとつであり、清明との絡み以外はほとんどその人物像が見えてこない。

一説には、諸国を巡りながら陰陽師として仕事を行い、上京した際に起きた出来事が今も伝えられているという。

蘆屋道満 の出自


※加古川市

播磨国岸村(現兵庫県加古川市西神吉町岸)の出身とされる。
道満に代表される播磨陰陽師は、播磨国広峰辺りを本拠とし、先祖は大陸からの渡来人と考えられ、朝廷陰陽師への対抗心があったともいわれる。そのなかでも道満は播磨を代表する陰陽師として名が知られていた。

播磨は隣の備前と並んで陰陽師の本場である。「播磨では僧侶でも陰陽師の格好をしなければ、話もできない」といった伝承もあるくらい朝廷の陰陽寮にも優秀な人材を輩出してきた土地でもあった。そのことから、清明と同じく、幼い頃から陰陽道に触れ、その才能を開花させたというのは間違いない。

しかし、資料によると、道満は天徳二年(958)生まれ、清明は延喜二十一年(921)生まれなので、道満のほうが37歳も若く、フィクションで描かれるような同年代のライバルというほどのことはなかったようだ。

次のページへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
固定ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 平家が壇ノ浦の戦いで滅びたというのは本当なのか
  2. 清少納言の意外なエピソード 「くせ毛で容姿に自信がなかった」
  3. 運慶について調べてみた【稀代の仏師】
  4. 在原業平と『伊勢物語』について調べてみた
  5. 建門院徳子の生涯 について調べてみた【生きながらにして六道を見る…
  6. 知られざる英雄…元寇より200年以上前、異民族の侵略から日本を守…
  7. 源頼朝は伊豆の流人からどうやって将軍になれたのか?
  8. 巴御前の戦いぶりは伝承どおりだったのか調べてみた


新着記事

おすすめ記事

北条氏康 「相模の獅子」と呼ばれた猛将【政治も天才】

北条氏康とは北条氏康(ほうじょううじやす)は、下剋上大名として有名な北条早雲の孫であり、…

10倍の敵も恐るに足らぬ!滅びゆく武田家に殉じた戦国武将・諏訪頼辰夫婦の武勇伝

戦国時代、最強の騎馬軍団をもって天下に武名を轟かせるも、外交の失敗そして人材難によって滅ぼされてしま…

【英雄サラディン】イスラム教について調べてみた

日本人にとって、その名こそ知られているが、本質はなかなか理解されないイスラム教。近年…

江戸時代の職業 について調べてみた

私の町内では火曜と金曜にゴミ出しがあり、多くの家庭がゴミを出します。いたって普通の光景ですが、300…

屋形船から横浜の歴史を感じる

神奈川区子安の船着場を訪れた。海の上にせり出した家々が、そこに暮らす人々の歴史を物語っている。一帯は…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP