戦国時代

会津の名将・蘆名盛氏【蘆名家最盛期を築き信玄から称賛された戦国大名】

蘆名盛氏 とは

蘆名盛氏

蘆名盛氏肖像画

蘆名盛氏(あしなもりうじ)は会津の戦国大名で、蘆名氏の最盛期を築き上げた名将である。

同時に蘆名氏の衰退も招いた人物でもあり、蘆名盛氏が亡くなると会津は伊達政宗によって奪われることとなる。

しかし甲斐の武田信玄は優れた武将として蘆名盛氏を称賛していたという。今回はそんな蘆名盛氏に迫る。

生い立ち

盛氏は大永元年(1521年)会津国(現在の福島県会津若松市)の守護・蘆名盛舜(あしなもりきよ)の次男として生まれる。

蘆名盛氏

伊達稙宗肖像

父・盛舜は蘆名家の第15代の当主であり、盛氏は天文6年(1537年)隣国の伊達稙宗(だてたねむね)の娘を正室に迎えて、天文10年(1541年)には父・盛舜から家督を譲られる。

この当時、大きく台頭した勢力としては会津の蘆名氏と奥羽の伊達氏などが挙げられる。

蘆名氏の周りは北に伊達氏、南に二階堂氏・結城氏と常陸国の佐竹氏、東に田村氏・大内氏・畠山氏・相馬氏、西に上杉氏と周りを囲まれていた。

この地域での勢力争いは多く戦が頻繁であったために、和睦や同盟など婚姻による姻戚関係や養子縁組が多発していたという。

会津の中では一番の勢力を誇っていたのは蘆名氏であったが、一族間や親戚の間で争いごとも多かったという。

そんな中で家督を継いだ盛氏は、一族や親戚の結束を固めて会津統一と勢力拡大を目指すこととなる。

天文の乱

蘆名盛氏

伊達晴宗肖像

当主となった盛氏に大きな問題が勃発する。

それは隣国の奥羽地方の覇者となった伊達稙宗とその子・晴宗との争いとなる天文の乱である。

当時の蘆名氏と伊達氏とは盛氏の父・盛舜の頃からの同盟関係であったために、盛氏は当初は稙宗に味方をして晴宗と戦うことになる。

天文の乱の初期は稙宗側が優勢であったが、その頃、盛氏は隣国の田村氏と抗争となり、田村氏は稙宗側であったためになんと盛氏は逆に晴宗の味方をすることになった。

蘆名が味方についたことで晴宗側が勢いを増し、天文の乱は晴宗の勝利となった。

これで蘆名と伊達の新たな主君同士の同盟関係が結ばれた。

勢力拡大

伊達の脅威がなくなった盛氏は天文19年(1550年)に本格的に隣国(中通り)の侵攻を開始して田村隆顕と戦うが、今度は田村氏を支援する常陸国の佐竹義重により侵攻が妨害される。

そこで盛氏は佐竹氏の敵である相模の北条氏康と、甲斐の武田信玄と同盟を結んで佐竹氏に圧力をかけた。

また、外敵の他にも蘆名一族内でのお家騒動が勃発し、その沈静化のために永禄4年(1561年)盛氏は家督を嫡男・盛興(もりおき)に譲っている。

しかし実権は盛氏が握っており、二頭政権で蘆名家を取り仕切った。

永禄6年(1563年)には二階堂氏、天正2年(1574年)には二本松氏と大内氏を破り田村氏を従属させ、会津での勢力を拡大した蘆名家は最盛期を迎えた。

信玄に認められた武将

蘆名盛氏

武田信玄

勢力を拡大していた盛氏に甲斐の武田信玄が近づき「越後の上杉謙信を会津から牽制してくれないか」と頼まれた。

佐竹義重に対抗するために北条と手を結び、信玄とも同盟関係を築こうとしていた盛氏はそれを承諾し、永禄6年(1563年)に越後に出兵している。

謙信が会津に目を光らせている隙をついて信玄は信濃に侵攻を開始して領土を拡大している。

信玄は「近頃優れた武将は丹波の赤井、江北の浅井、会津の盛氏、若手の大将では三河の家康、この4人であろうか」と盛氏を称賛したという。

世継ぎ問題

天正2年(1574年)9月、家督を譲った盛興が29歳で急死してしまう。
まだ蘆名家の世継ぎも誕生しておらず突然のことであった。
原因は酒の飲み過ぎによる酒毒だとされ、盛氏は領内に禁酒令を出したという。

盛氏は戦国大名の中では珍しく側室を持たなかったので、子供は男子が1人に娘が1人だけであった。

男子がいない盛氏は仕方なく人質としていた二階堂盛義の子・盛隆を養子として、盛興の未亡人を娶らせて蘆名家の家督を継がせて自分が後見人となった。
このことが後に家臣たちの確執を生み、蘆名家衰退の原因になっていく。

天正6年(1578年)には御館の乱で混乱している越後の上杉景勝に向けて出兵するなど積極的な攻勢を見せた。

しかし、重臣たちの間には蘆名家の家督を継いだ盛隆は蘆名家との血縁関係が薄く、二階堂氏出身の新当主ではついていけないと不満が高まっていった。

また、長年に渡る田村・佐竹軍との争いで、蘆名家の財政もひっ迫していた。

蘆名氏の滅亡

伊達輝宗肖像

盛氏は晩年、伊達輝宗(伊達政宗の父)から、輝宗の次男・小次郎が成長したら盛氏の養子にすることを承諾していた。

天正8年(1580年)6月17日、盛氏は60歳で亡くなった。この時はまだ小次郎が小さくて養子縁組は行われていなかった。

後を任された盛隆は上杉景勝の重臣・直江兼続の切り崩し工作などで攻められて、蘆名家の国力は徐々に弱体化していく。

蘆名家の内部にも盛隆を良く思っていない家臣が多く、なんと天正12年(1584年)10月6日、盛隆は家臣の大庭三左衛門に襲われて24歳で死亡した。

蘆名家の家督は生後1か月の亀王丸が継ぎ、伊達輝宗が後見することになった。
しかし、輝宗の本心は盛氏と約束した自分の次男の小次郎が蘆名家の家督を継ぐことであった。

亀王丸の擁立には佐竹義重の介入があり、元は敵対関係だった蘆名と佐竹の関係は近くなっていった。

その後、亀王丸はわずか3才で死去し、小次郎と佐竹義重の次男・義広との間で蘆名家の後継者争いが起き、義広派が勝利し当主は蘆名義広となる。

この頃、伊達家の家督を継いだ伊達政宗は、蘆名と佐竹の関係を危惧し、大きな決断をした。

長く続いた蘆名氏との同盟関係を破棄して蘆名氏を攻め滅ぼしてしまい、結果として交通の要所と肥沃な土地の会津を手に入れたのだ。

おわりに

会津の蘆名氏一族は、桓武平氏の流れを組む名門であることから室町時代より会津の守護を務めて、第16代の蘆名盛氏が大きく勢力を拡大した。

武田信玄が称賛した優れた蘆名盛氏だったが、側室を持たずに男子の跡継ぎが1人しか生まれなかったことで、世継ぎ問題から蘆名家は衰退してしまう。

蘆名盛氏の一人息子、盛興が29で急逝してからの跡継ぎは全員養子で、他の勢力の台頭と内部の混乱を招き、蘆名家の弱体化と滅亡につながった。

戦国大名として後継者問題を生前に解決することはとても大事であり、隣国の上杉謙信も後継者問題をはっきりせずに急死したために「御館の乱」が起こり、やはり国力が弱まっている。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 熊本城について調べてみた【天守は熊本の宝】
  2. 破天荒で自由気ままな剣豪・伊藤一刀斎【一刀流の流祖】
  3. 奥平信昌とは ~長篠の戦いに貢献した徳川家康の娘婿
  4. 尼子経久【戦国時代を代表する下克上を成し遂げた武将】
  5. 今川義元の領国経営と組織的戦いについて調べてみた
  6. 戦国一の怪力・真柄直隆【本多忠勝と一騎討ちした猛将】
  7. 天狗と呼ばれた剣豪・斎藤伝鬼房
  8. 津軽の梟雄・津軽為信【奇策でのし上がった戦国大名】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

泥棒【漫画~キヒロの青春】92

来週は多忙のため一回お休みします。そして次でみゆちゃん編、最終回です。人の幸せ【…

人の性別の種類の数はいくつある?【タイは18個 Facebookは58個?】

WEBサービスの会員登録画面や各種手続きの書類。こういった入力・記入時には氏名・年齢・住所、そして …

キリスト教【カトリック,プロテスタント,正教会】宗派の違い

皆さん「キリスト教」知ってますよね?当然です。では、バチカン市国は?そう、世…

アーカイブ

PAGE TOP