イベント

日本でも定番になったフランスのクリスマスケーキ「ブッシュドノエル」

ブッシュドノエル

ひと昔前までは、クリスマスケーキの定番と言えば、真っ白なホイップクリームにデコレーションされた苺のケーキを思い浮かべる人が多かっただろう。

しかし近年は、ショコラやモンブラン、フロマージュティラミスといった様々な味のクリスマスケーキやタルトが、数多くショーケースに並ぶ。

ブッシュドノエル

中でも、薪形の見た目が特徴的な「ブッシュドノエル」も、クリスマスケーキの定番としてよく見かける。

ブッシュドノエルは、本来フランスの定番クリスマスケーキなのだが、一体どうして薪の形をしているのか?

ブッシュドノエルについていろいろ調べてみた。

日本のクリスマスケーキ

クリスマスというのは、ご存知の通り、イエスキリストの生誕を祝うお祭りだ。

今は宗教や民族の枠を越え、世界中の人々がこのクリスマスをイベントとして楽しんでいるが、三世紀頃、ローマ教会がこの生誕祭を『12月25日』としたことが始まりであるといわれている。

ちなみに、クリスマス当日の25日より、前日の24日イブの方が盛り上がりをみせるのは、かつて人々が一日を日没から日没までとカウントしていたことによるもので、現代の感覚からすると日付がずれる形となるが、その流れのまま現在に至る。

さて。キリスト教徒たちにとって大切な日に食べるクリスマスケーキは、各国各地、多種多様であるが、ここ日本はと言えば、ひと昔前まで真っ白なホイップクリームにデコレーションされた苺のケーキが定番だった。

西洋菓子 世界のあゆみ」の中で、著者の吉田菊次郎氏はその理由を「(日本は)それ(クリスマス)に伴う文化的背景がなかったため、自分たちが口にして一番おいしいと感じたものをそれに仕立てたらそこ(苺のケーキ)に行きついた」と言っている。

しかし昨今の日本では、様々なバリエーションのクリスマスケーキがショーケースに並び、世界各国の、お国柄を表すクリスマスケーキも定番となりつつある。

その中の一つが、これから紹介するフランスのクリスマスケーキ「ブッシュドノエル」だ。

フランスのクリスマスケーキ

フランスのクリスマスケーキ「ブッシュドノエル」は、薪(丸太)の形をしたケーキであり、フランス語で「クリスマスの薪」という意味。

ノーマルなタイプは、ロールケーキの表面をバタークリームで覆い、波型の筋を付け薪に見立て、切り株を作ったり、蔦を絡ませたり、メレンゲ製のキノコを飾って仕上げる。

フランスではアントルメグラッセのブッシュドノエルも人気

アントルメグラッセとは「凍らせたデコレーションケーキ」のことで、31(サーティワン)のアイスクリームケーキを想像してほしい。

フランスのパティスリーには様々なアントルメグラッセがごく普通に並んでいて、クリスマスにブッシュドノエルグラッセを選ぶ家庭も多い。

※「アントルメグラッセの新しい世界」より

薪の形やデコレーションの由来

薪の形をしている由来は、冬至を迎えるにあたり、前の年に残しておいた薪の燃え残りで火をつけたその灰が火傷の薬になったり、火事や雷除けのおまじないになったり、というリトアニアの神話からきているそうだ。薪はいわば縁起物ということであろう。

フランスでは昔、クリスマスイブから年明けまでの間、暖炉で大きな薪一本を燃やし続けなければならないという習慣があったが、それもこの神話が由来なのかもしれない。

そして飾られるキノコについてだが、昔は種もまかないのに忽然と生えてくる不思議さが、生命の誕生、神秘の象徴として、キリストの誕生になぞらえられたのだという。
今でこそ、キノコは胞子菌から作られると知られているが、当時はさぞ神秘的だったに違いない。

さいごに

日本の「おせち料理」に一つ一つ意味があるように、キリスト教圏の各国各地のクリスマスケーキには様々な云われや由来が込められている。

美味しいクリスマスケーキを食べながら、その国の文化に触れてみるのもいいかもしれない。

 


関連記事:日本のクリスマスの歴史

momora

投稿者の記事一覧

西洋史がとても好きです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 祭りと神輿の歴史について調べてみた
  2. 戦国時代の食事について調べてみた
  3. 桜もちについて調べてみた
  4. カップラーメンの意外な歴史【ハプニングで生まれた!?】
  5. ビタミンC の効能について調べてみた
  6. 三国時代の食事について調べてみた
  7. 日本の正月の習慣の由来について調べてみた
  8. 【三大蕎麦】江戸時代の蕎麦について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

阿部正弘【25才で開国に踏み切った若き老中】

25歳の老中阿部正弘(あべまさひろ)は、25歳の若さで徳川幕府の老中に就任、第12代家慶、第…

バー・パブ・バル の違いについて調べてみた

最近の飲食業界の傾向として「ちょい飲み」が流行っている。仕事帰りなどに腰をすえて酒を飲むのではなく…

「世界一出世した軍人」ドワイト・D・アイゼンハワー

アメリカ大統領をも務めた「アイク」ドワイト・D・アイゼンハワーの名は、現在アメリカ海軍の原子…

アーカイブ

PAGE TOP