海外

中国の人身売買について調べてみた 「誘拐されて眼球を売られる」

誘拐の多発

イメージ画像

皆さんは中国で起きている「児童誘拐」や「人身売買」についてご存知だろうか?

日本の誘拐のイメージだと、お金持ちの家の子供を誘拐して金銭と引き換えに子供を返すといった感じである。中国では、児童を誘拐して強制労働に従事させたり、もっと最悪なパターンだと臓器を売られたりや子供のいない人に売るなど、人身売買に使われたりする。

筆者が中国にいる間も誘拐のニュースはしょっちゅう耳にした。例えばこんなニュースがあった。

ある子供が誘拐され20年後に奇跡的に親元へ帰ることができたという。ところが彼女の両目はえぐり取られ売られてしまっていた。もう二度と本当の親の顔を見ることはできない。なんとも残酷な話である。

筆者の幼い頃は1人で普通に登下校したものだが、現在の日本は比較的安全な国なので、帰宅の際は集団下校や教師の付き添いもある。

中国に行ったばかりの頃、住んでいた家の近くに小学校があった。子供たちが登校、下校の時間になると小学校の前の道が渋滞する。その小学校では子供の安全のために親や家族が送り迎えする決まりがあった。

当初、なぜか分からなかった筆者は中国人の友人に聞いてみた。

すると友人は「なぜそんなことを聞くのか?」と怪訝な顔をし、日本では普通に児童が登下校していると聞いて驚いていた。そして中国では子供の誘拐がとても多いことを聞かされたのである。

こんなこともあった。

上海の地下鉄に乗っていた時、子供をおんぶした1人の女性が乗ってきた。そしてその女性は座っている一人一人の前でお辞儀し始めたのである。

物乞い」だ。

画像 : 物乞いする女性 彼女の抱く子供はどこからきた?

おんぶしている子供はギャアギャアと泣いている。女性は痩せ細ってみすぼらしいが、赤ちゃんは丸々と太っていた。

お金をあげた方がいいのかもと悩んでいると、友人は「決してお金をあげてはいけない。あの子供は誘拐されてきたに違いない」と言うのである。

誘拐も組織的な犯行でネットワークがあり、子供をあちこちで誘拐しては、物乞いの為に使ったり労働させたりしているというのだ。

物乞いビジネス」である。

なぜこんなに誘拐、人身売買が多いのか?

ある資料によると、いくつかの理由が考えられると言う。

●中国の計画出産が問題になっている

かつて「一人っ子政策」を実施していた中国では、生まれる前に子供の性別を知らせることに多くの医者が躊躇したという。なぜなら、生まれてくる子供が女の子なら堕胎されるケースが非常に多かったからだ。

一人っ子政策で家に1人の子供しか持てなかった時代、出来れば跡取りとなる男の子を求める家が多かったのである。そういった理由で人口比が狂い、男性が多く、女性が少ないのである。

中国の人口は今やインドに追いつかれそうな勢いではあるが、2030年までに15億人にも上ると予想される。1990年の男女の比率は100人の女性に対して男性は111人、最も差が激しい場所では100人の女性に130人の男性がいるという。

結婚相手を探すのも一苦労で、ある農村では「嫁を買う」人が非常に多かったという。

そのような背景もあって人身売買の市場は無くならないのである。

●人身売買の罪への刑罰が軽い

資料によると、古代人の道徳水準は現代よりも高かったという。

人身売買の罪は、蓁漢の時代は死刑、唐の時代では少し刑が軽くなり流刑(辺鄙な場所へ連れて行かれ労働)
そして清の時代にはまた死刑へと戻された。

人身売買は非常に重い罪であったのだ。では現代ではどうなっているのか?

不法に1匹のインコを買った場合、最高で5年の判決。不法に1人の女性を買った場合は、なんと最高で3年の判決なのである。不法インコ売買よりも刑が軽いのである。

次回は、中国の人身売買がなくならない理由について、さらにフォーカスして解説する。

関連記事 : 中国の人身売買が無くならない理由 「8人の子供の母親事件」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 旧ソ連・北朝鮮の巨大建造物について調べてみた 【スターリン様式、…
  2. スターリンが指導者だった頃のソ連 【1000万人の大粛清】
  3. モナコってどんな国? 「F1グランプリで有名」
  4. 毛沢東はどんな人物だったのか?③ 「不倫を重ねた4人の妻たち、長…
  5. ピョートル1世について調べてみた【身分を隠して工場で働いた皇帝】…
  6. 【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた
  7. 日本人が間違いやすいネイティブ英語①
  8. スペイン風邪 ~歴史上最大の猛威をふるったインフルエンザ


新着記事

おすすめ記事

福島県いわき市の観光地について調べてみた

福島県いわき市とはいわき市は福島県東部の浜通りに位置しており、福島県内では最大の面積、お…

大阪弁小説の神髄、田辺聖子の生涯

小説家の 田辺聖子 (1928~2019)をご存じだろうか。「おセイさん」の愛称で親…

樋口定次(又七郎)【木刀で岩を真っ二つに割った馬庭念流中興の祖】

樋口定次(又七郎) とは戦国時代の後半、二の太刀いらずの剛剣の使い手と称された剣豪が二人…

【鎌倉殿の13人】石橋山合戦のドラマを演じる狂言「文蔵」と能「七騎落」のストーリーを紹介!

ポストを見ると、鎌倉能舞台さんのチラシが投函されていました。どれどれ……演目を見ると…

天狗と呼ばれた剣豪・斎藤伝鬼房

斎藤伝鬼房とは斎藤伝鬼房(さいとうでんきぼう)は、ド派手な格好で薙刀を用い、その出で立ち…

アーカイブ

PAGE TOP