行ってみた

「中野」のグルメならここ!おすすめ飲食店11選 〜「和洋中、ランチ」ジャンル多彩!

昔は闇市があったことでも知られていた中野

今は、中野ブロードウェイやサンモール商店街がある街ということで有名です。

漫画・アニメーションの街でもあり独特なお店も多いですが、美味しい飲食店も和洋中、アジア系など幅広く存在します。

今回は実際に筆者が訪れた「中野の飲食店11選」をご紹介いたします。中野に訪れた際には是非参考にしてください。

29 Dining BOSCO

「中野」のグルメならここ!おすすめ飲食店11選

写真:BOSCO ※筆者撮影

BOSCOは、2023年7月OPENのこだわりの「29(お肉料理)」中心のダイニングバーです。

オシャレ度も高級感もあり、デートにも最適なお店です。お肉に合うお酒も豊富に取り揃えられています。

トムホン

写真:トムホン ※筆者撮影

中野駅南口のレンガ坂のはずれにある「トムホン」は、本格的なタイ料理をいただくことができます。

ランチはお通し・サラダ・スープつきですが1,000円以内のセット中心です。

不純喫茶ドープ

写真:不純喫茶ドープ ※筆者撮影

不純喫茶ドープは『せつない気持ちのゴミ捨て場』というコンセプトで、雑誌などでも取り上げられることがある喫茶店です。

「普通」タイプと「不純」タイプのバナナサンデーがあるなど、おもしろさたっぷりです。

ちなみに、不純なものにはウィスキーが「ぶっかけて」あります!

香港亭

写真:香港亭 ※筆者撮影

香港亭は、中野サンモールのある北口から徒歩1分の、メイン通りから外れた場所にあります。

本格中華のお店で、PayPayのキャンペーンやホットペッパーのクーポン利用対象店になっていることが多いです。

「香港亭焼きそば」といった特別メニューもあります。

旬香亭あーち

写真:旬香亭あーち ※筆者撮影

旬香亭あーちは、夜は会員制となっている日本料理のお店です。

ランチ時は手の込んだ優しさあふれる料理が用意されていて「〇食限定」といったランチメニューもあります。

エヴァンゲリオンなどのフィギュアが飾ってあるなど独特な雰囲気もあり、座敷席もある居心地の良い空間です。

ネオビストロ MURA ハンドメイドキッチン

写真:MURA ※筆者撮影

MURAは、「news every」「Zip」「イマドキ」などでも取り上げられたことがあるフレンチレストランです。

星付きレストランでの経験もあるシェフが調理しているというだけあって、かなり手の込んだおいしいフレンチをいただくことができます。

『メートルカナルディエ』という鴨料理の資格も保有しているシェフが作っています。

1,000円を超えるランチにはなりますが、足を運ぶ価値があるフレンチです。

グランパ

写真:グランパ ※筆者撮影

グランパは、モチモチ食感の生パスタが売りのおいしいパスタ屋さんです。

どことなく懐かしい雰囲気もある店内で、居心地が良いです。

中野のパスタ屋さんの中でもかなり知名度が高く「お客様感謝デー」など、お得感のある日も設定されています。

ビア ホイ チョップ

写真:ビア ホイ チョップ ※筆者撮影

ベトナム屋台料理と生麺フォーで有名な「ビア ホイ チョップ 」は、ベトナム料理好きな方でしたらご存じの方も多いお店かと思います。

日本米からつくっているという「生麺フォー」は、食べやすく美味しいです。私自身食べてみてフォーのイメージがかわりました。

ランチタイムの「バインミー」もおすすめです。

食堂 高ひろ

写真:食堂 高ひろ ※筆者撮影

食堂 高ひろ」は、海鮮居酒屋ともいえる程、海鮮料理に力を入れているお店です。

中野駅南口すぐのビルの地下一階にあります。

お店に入るとかわいらしい手書き風な絵のメニューがあり、見た的にもばっちりなおいしい海鮮料理が運ばれてきます。

ランチはかなりお得感があります。

LOU

写真:LOU ※筆者撮影

LOUは、ワンドリンク制のカフェで、焼き菓子・ベーグルなども用意されています。

テラス席もあり、オープンな雰囲気で、花なども飾られています。

このエリアではまだ新しいカフェです。

ハヤシ屋中野荘

写真:ハヤシ屋中野荘 ※筆者撮影

ハヤシ屋中野荘」は、昔懐かしさたっぷりのオムライスやパスタがおいしいお店です。

かわいらしい子どもの絵が描かれた看板が目印です。

昔ながらの銀の器に盛られたお料理といい、店内の雰囲気といい、昭和にタイムスリップしたかのような気持ちになれます。

おわりに

写真:中野駅 ※筆者撮影

中野駅は中野区役所の最寄り駅ということもあり、多くの人でにぎわう街です。

現在、中野駅キャラクターになった「なかわん」のポスターが貼られています。

飲食店も多く食べ歩きも楽しめますので、良かったら是非足を運んでみて下さい。

 

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 失敗や偶然から生まれた大ヒット商品 「柿の種、とんこつラーメン、…
  2. 「トマトの栽培方法」について調べてみた
  3. 「古代人の食生活」について調べてみた
  4. 高島藩諏訪家の菩提寺・温泉寺に行ってみた 「長野県の歴史観光スポ…
  5. 駄菓子人気ランキング「しぶこの“タラタラしてんじゃねえよ”バカ売…
  6. パクチーの育て方 「手軽で簡単、ビタミンも豊富」
  7. 「日本全国ご当地鍋とその歴史」について調べてみた
  8. 古代中国の信じられない「母乳料理」とは 【湖南省では今も食べられ…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

真の思いやりとは?【漫画~キヒロの青春】㉜

思いやりが一番大事ですね。もう我慢の限界…

藤堂高虎はなぜ7回も主君を変えたのか調べてみた

生涯において7度も主君を変えながらも、その才能と明晰な頭脳により、着実に出世した武将が藤堂高虎である…

1800年生まれるのが早かった 諸葛恪の天才エピソード

生まれるのが早すぎた天才諸葛瑾、諸葛亮の諸葛兄弟に親類の諸葛誕を含めた諸葛一族は、魏、蜀…

『三国志』 謎だらけの諸葛孔明の妻・黄夫人 「発明家で金髪の外国人だった?」

謎が多い諸葛孔明の妻黄夫人(こう ふじん)は三国時代の蜀漢の人物であり、諸葛孔明の妻とし…

江戸時代に有名になった超能力少年 前編 【天狗に弟子入りした 天狗小僧寅吉】

天狗小僧寅吉とは江戸時代後期の文化3年(1806年)12月31日、寅の日・寅の刻に生まれ…

アーカイブ

PAGE TOP