海外

税金が安いドバイの観光プロジェクト 「サファリツアー」の魅力とは!?

アラブ首長国連邦のひとつである「ドバイ(ドバイ首長国)」と聞くと、高層ビルや外資系企業が集結する巨大ショッピングモール開発が進む街並みが思い浮かぶ。

世界に名を連ねる金融機関が「ドバイ」に続々と進出し、中東における『金融センター』の地位を「ドバイ」が築き上げたことで、富裕層が多く暮らす都市というイメージも形成されていった。

ドバイの5つ星ホテル『ブルジュ・アル・アラブ』

そんな国外からのイメージも影響して、物価が高い印象を持たれる「ドバイ」だが、実際に「ドバイ」で生活する上で必要となる税といえば、5%の付加価値税(VAT)のみである。

その為、所得税、相続税、贈与税、法人税、固定資産税、不動産取引税が一切掛からない「ドバイ」を拠点に事業展開を始める企業が増加傾向にある。

「ドバイ」拠点の上質な旅を提供するエミレーツ航空

国外から「ドバイ」に生活の拠点を移す理由として最も多いのが、各国から派遣された企業の駐在もしくは「ドバイ」を本拠地とする航空会社『エミレーツ航空(Emirates)』の職員といわれている。

エミレーツ航空の客室乗務員

世界80ヵ国、155以上の都市に就航するエミレーツ航空は、グループ全体で10万人を超える従業員を抱え、旅行業界において最も栄誉ある賞『ワールド・トラベル・アワード』では数々の賞に輝く快挙を成し遂げている。

特に2021年度の受賞は、新型コロナによる従業員の3割削減や、就航の制限といった厳しい情勢に見舞われた中での受賞となり、とても感慨深いものであった。

現在は、渡航制限の緩和と共に従業員の復職や、新たな人材の活躍を見据えて、従業員募集を積極的に開始している。

石油の埋蔵量が少ない「ドバイ」の経済を貿易業、金融業に次いで支えている国際的な観光業を、逸早く再開した『世界で最も強いエアライン』として世界から注目を浴びた。

エミレーツ航空の代表的な機体といえば、ファーストクラス利用者を対象に作られた『シャワールーム』と『ラウジン・バー』を設置した『A380機』である。

長時間の飛行を自分だけのプライベート空間で、身体も心も寛ぐことをコンセプトとして造られた機体だ。

驚くほどの豪華で洗練された機内サービス提供やアメニティの充実さが、エミレーツ航空という上質なエアラインの存在を確立させている。

ドバイ

A380機内に設置されたシャワールーム​​​​

高層ビルと巨大モール開発事業は観光意欲の象徴

828mの高さを誇る「ドバイ」のシンボルでもある『ブルジュ・ハリファ』は、世界一の高さを誇る160階建ての高層ビルだ。

124階の展望台からは、「ドバイ」の美しい夜景とアラビア砂漠を一望できる。

ドバイ

世界一の高さを誇る『ブルジュ・ハリファ』

『ブルジュ・ハリファ』の開発事業には、世界一の高さという特徴を活かした人々の関心を集めるだけでなく、『ブルジュ・ハリファ』での観光を終えた後に、高級ブランドや観光土産、娯楽施設が一斉に集結した世界最大のショッピングモール『ドバイモール』へ自然と足を運ぶよう、人々の観光意欲を起こさせる狙いも含まれていた。

高層ビルとショッピングモールを一体化させた「ドバイ」独自の観光プロジェクトは、現在も進行中で『ブルジュ・ハリファ』の高さを遥かに超える2400mの『ドバイ・シティ・タワー』の開発にも期待が寄せられている。

また、エミレーツ航空の関連商品も取り扱う「ドバイ」で2番目に大きい『モール・オブ・ジ・エミレーツ(エミレーツモールとも呼ばれる。)』は、中東初のウィンタースポーツが楽しめる施設も完備されていることでも有名だ。

「ドバイ」の雄大な砂漠を独り占め!?スリル満点のサファリツアー

日々、急成長を遂げる都市部に集中する観光地に劣らない魅力を放っているのが、「ドバイ」の雄大な砂漠で繰り広げられる砂丘ドライブ『サファリツアー』である。

「ドバイ」市内からもアクセスが便利な砂漠地帯を舞台に、専門ドライバーが運転する4WD車で砂漠を駆け巡る『サファリツアー』は、砂丘のジェットコースターと例えられるほど、迫力満点のアクティビティだ。

ドバイ

サファリツアーに向かう様子

ただし、何度も繰り返される斜面の丘を上り下りする豪快な動きは、体質的に向かない場合もあるため、ツアーに参加するかは自身の体調と十分に向き合ってから決めるのが確実であり、注意が必要な点でもある。

ツアープランによって料金の変動はあるものの、日本円で一万円前後で参加できるプランが多いため、保護地区に指定されている「ドバイ」の砂漠地帯で体験できる貴重なアトラクションとして話題を呼んでいる。

砂丘ドライブの後には、砂漠でのバーベキューや夜空を眺めながら過ごす砂漠キャンプ体験といったレジャーを組み合わせることもできる。

日本の北海道とほぼ同じ面積といわれている「ドバイ」の砂漠の世界を贅沢に楽しめる時間は、「ドバイ」が守り続ける豊かな自然の力が与えてくれるものだ。

世界を相手に都市開発を進める「ドバイ」の姿とは別に、変化を追求することのない自然の魅力だけを強みにして、観光業に挑む「ドバイ」の新たな一面が『サファリツアー』には込められている。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

草の実堂編集部 新井弘樹

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ノイシュヴァンシュタイン城 「狂王と呼ばれたルートヴィヒ2世の理…
  2. 一之宮 貫前神社に参拝に行ってきた【群馬オススメ観光】
  3. キリストは日本で死んでいた? 「不思議な伝承が残るキリスト、モー…
  4. 【実録】ガス欠になった時の対処法まとめ【車のトラブル】
  5. ロシアで遺体を冷凍保存する人たち 「400万円で誰でも可能、日…
  6. ヨーロッパピクニック事件とは【ベルリンの壁崩壊に影響を与えた亡命…
  7. 永世中立国の意外な側面・第二次世界大戦とスイス
  8. スペイン風邪 ~歴史上最大の猛威をふるったインフルエンザ


新着記事

おすすめ記事

あの「乱世の姦雄」曹操も傷ついた?親友・張邈の裏切りエピソード【三国志】

信頼していた人に裏切られるというのは、かなりのショックですよね。日ごろ信頼していればいるほど…

ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた

ベルリンの壁崩壊1989年11月9日。建設から28年に渡り東西分断の象徴となっていたベルリン…

西行 ~若くして突然出家した超エリート武将【桜を愛した歌人】

若くして武士の身から出家した 西行武士が台頭し始めてきた平安時代末期。後に一大勢力を築き…

アメリカの金融業界を支配した 「モルガン家」の歴史

世界三大財閥と言えば、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、モルガン家が有名である。この中でア…

古代ローマのファッションについて調べてみた

古代ローマは、時代ごとに国の形態が変わっている。紀元前509年〜紀元前27年は共和制…

アーカイブ

PAGE TOP