ニュース

条約に見る北方領土・プーチン外交でロシアの勝利か?

北方領土問題

北方領土問題

※A.歯舞群島(歯舞諸島)、B.色丹島、C.国後島、D.択捉島 1.色丹村、2.泊村、3.留夜別村、4.留別村、5.紗那村、6.蘂取村 wikiより

2018年11月、ここへ来てにわかに慌ただしい動き・報道が行われるようになったのが北方領土です。

ロシアのプーチン大統領が同年9月に突然、前提条件なしの平和条約締結を思いつきの様に口にしたときには、即座にそれに応えたとは言えなかった安倍首相・日本政府でした。

しかし、報道によれば歯舞群島・色丹島の2島返還に大きく舵を切り、1956年の日ソ共同宣言にも明記されたように、先ずその2島の先行返還としながらも、面積が大きく軍事施設も設置された国後島・択捉島の返還は事実上断念したようにも映ります。

ここに至るまでの北方領土について振り返ってみました。

日露和親条約

※日露和親条約の原文(外務省外交史料館蔵)

日本側から見た「北方領土」は先にあげた4つの島を指しています。

これらの島について日本とロシアが初めて成文化した取り決めが1855年の日露和親条約です。

この条約では、日露の国境は択捉島とその北東の得撫島の間と定められています。
このときには樺太(サハリン)については定められず、両国の共有する場所となっていました。

今までの日本政府の見解は、この条約を基にしておりこの時点で北方領土は日本の領土と見做しています。

樺太千島交換条約

※樺太・千島交換条約

次が1875年に結ばれた樺太千島交換条約です。

この時には、日本が樺太の領有権を放棄し、逆に千島列島を譲渡されました。

この条約では、占守島から得撫島に至る島々のことを「千島列島」と呼称していました。

この条約に則って、日本は「歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島は千島列島ではない」とする立場に立脚していま
す。

ポーツマス条約

※日露講和条約の正文(日本外務省蔵)Komura と Takahira の署名が確認できる

続いてが1905年のポーツマス条約です。

日露戦争に勝利を収めた日本が、樺太の南側を領土として得ました。

その後の第二次世界大戦において、日本とソ連は「日ソ中立条約」を結んでいました。
しかし日本の敗戦が濃厚となった1945年8月8日に、突如ソ連はこの条約を破棄すると、樺太や千島列島、満州へと攻め込みました。

この動きは、樺太の南側や千島列島をソ連が領有することを、連合国内で認めたヤルタ会談の秘密協定に基づいたものとされています。

同年8月15日に日本は降伏しましたが、その後もソ連は千島列島への武力侵攻を続けて「北方領土」の占拠を行いました。

現ロシアでも「北方領土」は戦争の結果手に入れた領土だとしています。

サンフランシスコ講和条約

※サンフランシスコ平和条約に署名する吉田茂と日本全権委員団。

戦後の1951年に日本は西側連合国との間に「サンフランシスコ講和条約」を結びました。

この条約において日本は、第二次世界大戦前に領土としていた台湾や朝鮮、南樺太、千島列島の放棄を認めます。

当時の日本の代表だった吉田首相は「歯舞、色丹は千島ではない」と説明し、択捉島と国後島に関しては「前から日本の領土」とするに留めました。

方や当時の外務省の見解は、1951年10月に「放棄した千島列島に国後島、択捉島も含まれる」と答えるなど一貫していない状況があり、日本の中でも「千島列島」の定義に齟齬が生じていました。

日ソ共同宣言以降

その後の1956年に「日ソ共同宣言」が発表しました。

これによってようやくソ連と日本の戦争の状態が終ったこととなり、国交も回復されることになりました。

このとき北方領土については、ソ連は歯舞群島、色丹島の「二島返還」のみを主張、日本は「四島返還」を求め平行線でした。

そこで政治的な妥協として、「ソ連は歯舞群島及び色丹島を日本へ返還することに同意するが、それは平和条約の締結の後とする」という表現となりました。

このまま報道が示すように、歯舞群島、色丹島の「二島返還」で決着することになれば、旧ソ連・ロシアの思惑通りの結果となったと言えそうです。

  • follow us in feedly

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 蘇生を夢見てロシアで冷凍保存する人たち
  2. 「ポケット戦艦」と呼ばれた軍艦について調べてみた
  3. 南極の氷の下の古代文明の集落跡
  4. 日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】
  5. スターリンが指導者の頃のソ連について調べてみた
  6. 台湾料理店がなぜ急増しているのか調べてみた
  7. 破産もしていたトランプ大統領の意外な人生
  8. ピョートル1世について調べてみた【身分を隠して工場で働いた皇帝】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地球に山は森はなかった】

結論から言ってしまおう。「太古の地球は、現在では想像できない巨木世界だった」と。ほとんど…

【恋愛で悩む方への】恋愛おまじない 3選

『魔法や魔術、占い、あるいはおまじないといった類の話は、非科学的でありナンセンスだ』この手の話に…

クラシックバレエ教室の秘密について調べてみた

クラシックバレエ。恐らく、大半の人にとっては縁のない習い事だろう。クラシックバレエ教室には、習って…

アーカイブ

PAGE TOP