歴史

実在した有名な女海賊たち【鄭夫人、メアリ・リード、アン・ボニー】

実在した有名な女海賊たち【鄭夫人、メアリ・リード、アン・ボニー】

※エリザベスⅠ世からナイトの称号を受ける、フランシス・ドレーク

世界の歴史の中で、海賊を生業としている者たちの存在は、実は大きな影響力を持っている。

イギリスの黄金時代を作り上げたといわれているエリザベス1世は、フランシス・ドレークという海賊に出資を行い、当時敵対していたスペインとの貿易戦争に勝利した、と言われている。

その後、ドレークは海賊でありながら、ナイトの称号を授けられたのだという。

このように、世界各国での貿易・交易の発展には、必ず海賊の存在がある。
日本でも、14世紀~16世紀にかけて、瀬戸内海周辺にて倭寇(わこう)と呼ばれる海賊たちが出現し、他国船からの略奪行為を行っていた。

女を船に乗せると縁起が悪い”と信じられていたことから、海賊たちの圧倒的多数は男性であったが、何人かの有名な女海賊が存在していたことをご存じだろうか。

この記事では、そんな女海賊たちについてご紹介していきたいと思う。

海賊稼業で大儲け 鄭夫人 (中国など東アジアで活躍)

実在した有名な女海賊たち【鄭夫人、メアリ・リード、アン・ボニー】

※鄭一嫂(鄭夫人を描いたイラスト)

鄭夫人は、本名を鄭一嫂(チェン・シーイ)と言い、明王朝時代に活躍した女性である。

彼女は、大海賊団の頭領を務めていた鄭乙の妻であったが、夫が急死したことにより、海賊団を受け継ぐことになった。

ここで彼女の“経営者”としての才能が開花することになる。

それまでは、単なる荒くれものたちの集まりであった海賊団を、合理的に組織化し、ルールを厳密に守らせるなどして統制化をはかったのだ。

具体的には、

掟の厳重化

…海賊団はひとつの集団ではなく、複数の海賊たちが寄り集まって形成された、いわば連合軍のような状態であった。
そのため、統制には“恐怖”を与えることが大切であると考えた鄭夫人は、海賊連合の間に掟を作り、それを破った場合には恐ろしい罰を与えた。

経営の効率化

…海賊団の男たちは、物事を計画的に進めるのが苦手な者が多い。
そこで鄭夫人はまず、経営の効率化をはかった。

海賊たちが奪ってきた略奪品を「積み替え商品」と呼ばせ、監査員を雇って見積もりさせた。
そして、見積もりの20%にあたる金額を海賊に提供したのである。
現在でいうところの、「歩合制度」と言ったところだろうか。

海賊たちから見積もった商品は、地元の商人相手に売りさばくことで、鄭夫人が収入を得た、と言われている。

地元住民との良好な関係

…鄭夫人は傘下の海賊たちに、港近くの商店や倉庫、農村などを襲うことを禁止した。
このことによって、地域住民との良好的な関係を築き、経済を回していったのである。

さらに鄭夫人は、食糧品などを地元住民から買い上げたので、住民たちは鄭夫人が扱っている商品を購入していくようになった。
お互いに、良い意味での依存関係を保ち、「持ちつ持たれつ」の関係を作っていったのである。

このように、鄭夫人は頭脳を活かし、“海賊ビジネス”を軌道に乗せ、敏腕経営者としての手腕を発揮したのである。

男装の麗人 メアリ・リード (カリブ海で活躍)

実在した有名な女海賊たち【鄭夫人、メアリ・リード、アン・ボニー】

(メアリ・リードを描いたイラスト)

メアリ・リードは、最も有名な女海賊の1人である。

18世紀のロンドン、私生児として生まれた彼女は、母の目論見で男の子として育てられることになる。

メアリの亡き父の実家は男の子を待望しており、男の子には養育費を払うと言ったのだ。
そのまま男の子として育てられたメアリは、13歳の時に下男奉公へ出されると、その後男装したまま海軍に入隊。
その後、夫となる男性と知り合い、結婚をするものの、夫はすぐに病死してしまったという。

再び軍隊に入隊したメアリだったが、彼女の乗っていた軍船が海賊に襲われたのがきっかけで、彼女は海賊の手下になることを決意した。

軍人の経験があるということで、メアリの腕っぷしはかなり強かったようだ。
カットラスと呼ばれる、刃が湾曲した大きな剣があるのだが、メアリはこの剣を愛用し、戦闘の際にはカットラスで戦ったと言われている。

当時の恋人を守るために、敵を呼び出して殺害したり、男たちが震えあがるような海戦の際、積極的に戦い抜いたり、男性以上に勇敢で、男らしい海賊であったようだ。

後述するアン・ボニーという女海賊は、初めてメアリにあった時、あまりの男らしさにすっかり惚れこんでしまい、彼女を誘惑したという記録が残っている。
男だらけの海賊船の中で2人はすっかり意気投合し、親友になったと言われている。

やがて海軍に捕まり、「妊娠」を盾に死刑を免れるも(本当に妊娠していたのかは明らかにされていない)、獄中で熱病のために死亡した。

怖いもの知らずのしたたかな美女 アン・ボニー (カリブ海で活躍)

(アン・ボニーを描いたイラスト)

アン・ボニーも、メアリと同時期に活躍した海賊である。

18世紀、アイルランドで私生児として生まれたアン・ボニーは、運よく父親に引き取られ、裕福な家で生まれ育った。
しかし、父親に嫌気がさしたアンは、知り合った船乗りと駆け落ちし、アイルランドを去ったと言われている。

だが、その結婚生活も長くは続かなかった。
アンはすぐに夫に飽き、今度はジョン・ラカムという海賊と恋愛関係を持ってしまうのである。

アンはすっかりラカムに夢中になり、彼について船に乗り、海賊になることを決意する。
当時、船に女性が乗ることは歓迎されていなかったので、仕方なく男装することにしたようだ。

生まれた時から男装の麗人として育ち、軍での経験もあるメアリ・リードとは、まったく正反対のタイプである。
思いつき、情熱のままに行動していたアンであったが、ある時、新しく入った仲間の中に、とても美しい男性を発見する。

ラカムとの熱愛にも飽きていたアンは、すぐにその青年を誘惑するが、実はその青年は、男装して船に乗っていたメアリ・リードだったのである。

2人は親友となり、数々の戦いで多くの功績をあげるも、やがて海軍に捕まり、死刑を宣告することになる。
アンは、メアリとともに「妊娠」を主張し、死刑を免れた。

メアリについては、獄中での病死の記録が残っているが、アンについてはその後、どうなったのかわかっていない。
一説によると、アンは自分の父親に力を借りて赦免を得ると、その後一般男性と結婚し、子どもを生んで長生きした、と言われている。

まさに、現代でいうところのお騒がせセレブ、と言ったところだろうか。

最後に

この記事では、歴史上の中で有名な女海賊について調べてみた。

荒くれものの男たちの中で手腕を発揮しながらも、3人の女性の生きざまがそれぞれに違っているのがおもしろい。
女性であることを逆手にとって君臨した鄭夫人、運命に翻弄されながらも戦いぬいたメアリ・リード、情熱と欲望で行動したアン・ボニー

それぞれの生き方は違えど、彼女たちは強く、美しく、そしてこの上ない悪女であると言えるだろう。
その生きざまに憧れる人は、少なくないはずである。

 

アバター

アオノハナ

投稿者の記事一覧

歴史小説が好きで、月に数冊読んでおります。
日本史、アジア史、西洋史問わず愛読しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. チトー大統領について調べてみた(ユーゴスラビアのカリスマ独裁者)…
  2. 権力者とお酒に関するエピソード【ナポレオン、スターリン、朴正煕】…
  3. 眼鏡の歴史について調べてみた【原型は古代アッシリア】
  4. 劉備玄徳が母親思いだったというのは本当なのか?
  5. 諸葛孔明は本当に天才軍師だったのか調べてみた
  6. 国境や民族を越えたリスペクト!チンギス=ハーン廟を建設した日本と…
  7. ホモ・サピエンスはなぜ生き残れたのか【ネアンデルタール人との違い…
  8. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

【テルマエとローマ皇帝】ハドリアヌス について調べてみた

18世紀のイギリスの歴史家「エドワード・ギボン」は著書「ローマ帝国衰亡史」のなかで、人類がもっとも幸…

本名以外で郵便配達物を受け取る方法 【クリエイター必見?】

緊急事態宣言解除後もまだまだコロナ禍が尾を引く中、制作物や商品の授受を自宅で行う機会が多くなった人も…

ホロコーストに繋がった偽書・シオン賢者の議定書

史上最悪の偽書「シオン賢者の議定書」とは、ユダヤ人・民族を貶める目的で流布された史上最悪…

アーカイブ

PAGE TOP